2017年11月25日

わたしにとっての結婚

先日の義理父のことのブログ。

あの記事で義理父と娘たちとのことを書きましたが、義理父のことを怒ってる娘を目の前にして、そこでそのまんまの気持ちをパソコンに打ちながら書いた記事です。

何も考えず「あーこれで今日のブログはいいや」って、そのまんまアップしてしまいました。


あとで読み返してみて、自分のことながら「わたしって本当に変わったんだなあ」と思いました。


結婚してから10年間は、義理父に対して恨みでいっぱいでした。
いっくら悪口を言っても言っても言っても言っても、言い足りなかった。
朝から晩まで悪口を言っても言っても足りないほどだったんです。

今は・・・
あの記事のとおりです。

義理父があんなおかげで自分がしあわせになれたとさえ思えます。


だけど、それはやっぱり自分のおかげで。
しあわせって自分次第ってよく言うけど、本当にそうだと思うんです。


わたしは義理父に対して恨みでいっぱいだった自分を変えようとしてきました。

それが少しずつ実っているのを日々感じています。


それは「受容の愛」「許しの愛」なのかなー、なんて思ったりします。

そして「受容の愛」「許しの愛」、それらは子どものころから死ぬことばっかり考えてきた自分に、「しあわせ」というものも連れてきてくれました。

今、本当に人生は不思議で素晴らしいと思います。


それをくれたのは、結婚、そしていやな義理父のおかげ。
そしてわたしの気持ちをわかってくれて、助けてくれる娘が育った。

本当に感謝しかないです。

すべての人に結婚がすべてで絶対必要だと思ってるわけじゃないし、離婚しないほうがいいとは言わないけど、わたしにとっては結婚し、離婚しなかったことが何よりのものだったと思います。


すべてはここからはじまった
4oO_mY8Nu2uoMcK1511582426_1511582511.png
今自分の生き方を「これでいいんだ!」って思えることがうれしいです。

需要はないとは思いますが、自分の思いを変えてきた方法などもこれから書いていきたいと思っています。

いつもありがとうございます。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ
にほんブログ村





posted by yuri | 幸福論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

無料アプリSNOWにフィルム風カメラが登場!

大人気のアプリ「SNOW」に新しくフィルム風カメラ機能が登場したのでご紹介します


フィルム風カメラを使うことで、写真をレトロな感じにに撮影・加工することができます。
フィルム風カメラの加工は実際に撮影しながらでも、以前に撮影したものでもどちらでもオーケー!


わたしもさっそくやってみましたよん

まずアイフォンのカメラ機能で普通にとったのがコチラです。
1 (16).JPG
しっかり!くっきり!キレイにとれています。

このブタさんの貯金箱の写真を同じように「SNOW」でフィルム風カメラで撮ってみます。

「SNOW」のカメラタブを選ぶと、たくさんのフィルムカメラが出てきます。
0.png
その中から好きな感じのを選んで撮影するとあら不思議!?

エフェクトがかかって、フィルムカメラでとったようなレトロな感じに仕上がるの
1 (17).JPG
ソフトで優しい感じに仕上がりました


過去にとったお写真にも使えちゃいます(後加工については、現在iOS端末だけでAndroid端末は使えません)

カメラロールに入ってる写真を「SNOW」に取り込み
0 (25).JPG
前に行ったディズニー旅行のときのくっきりきれいなミッキーをレトロにしてみます

取り込んだらやり方は同じ!
カメラタブを選び、好きなフィルム風カメラを選びます。
000.png
今度はこちらのものにしてみます。

あら不思議!
1 (15).JPG
あっという間にレトロな味のあるお写真に変身です

「SNOW」のフィルム風カメラを使ってみた感想は・・ひとこと「おもしろーい
楽しいです

アイフォンの写真が、こんな簡単にレトロ写真に変えられるなんてびっくりしました。
ブログの写真加工に使うのはもちろん、流行りのインスタグラムにもよさそうです

わたしもいろいろな写真をレトロ加工にして楽しもうと思います

「SNOW」ダウンロードはコチラ
SNOWダウンロード

SNOW公式ツイッター

ブログで口コミプロモーションならレビューブログ レビューブログのモニターに参加しています

いつもありがとうございます。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ
にほんブログ村




posted by yuri | モニター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月23日

中学の友だちとランチ♪(いやな人が人生を輝かしてくれることもある)

昨日は中学のいつものランチメンバー!?四人でランチに行きました

ランチはこんな格好で
nC5X4Bg2mR5xbmV1511342627_1511342679.jpg
ジャケットみたいなコートみたいなやつ

寒くなってきたので、下はワンピースに薄手のタートルにカーディガンと着ぶくれてます(^^;)
jpnqXhDnvOi5yuH1511342701_1511342735.jpg

昨日の四人のなかで、わたしを含め三人が義理親と敷地内同居をしています。

昨日はFちゃんの二世帯住宅に住むお姑さんの愚痴を聞いてました。
ものすごく強いお姑さんでFちゃんの言うことになんてまったく耳をかさず、二言目には「あなたたちの世話になんて絶対ならないから!」って言われるって。

あーわかるーーーー。
ホントに同居って大変だよね。
でもこうやって分かり合える友達がいるって最高だね。


うちも敷地内同居の義理父が毎日何かしら頼みにきます。

今日は祝日ですがパパは仕事、それで娘ふたりとのんびりしていたら、いつものごとく義理父が農機具の修理を頼みにきました。

わたしが出て行ったのですが、「そうじゃねえ!そうじゃねえ!まったくわがんねんだな!」と(いつものことなのでわたし全然気にしてませんが気分がいいものではない)。

そしたら娘ふたりが家からわざわざ出てきてくれて「じいちゃん!人に頼むときはいばらないでよ!」とか「そういう言い方するなら自分でやりなよ!」とかって言ってくれた。

本当にすごく頼もしくて優しい娘。
わたしはすごくうれしかったです。


それで結局わざとじゃないんだけど、その農機具をわたしが壊してしまったよ(^^;)

家に入ってから、機械を壊してしまったので「あーもうやだー!」って言ったら、長女が「そんなの気にすることないよ。病院とか訪問看護の実習でいろんなお年寄り見てきてるけど、やっぱりうちのじいちゃんほどいやな人っていないよ」だって。

「そうなのー!?」って言ったら「だっていっくら考えても、じいちゃんっていいところ皆無なんだよね。人が嫌な気持ちになることしか言わないじゃん」だって。

「そうかなー」って言うと、「例えば成績表見せろって言うから見せても、どんなに成績がよくてもいいところには一切触れないで、悪いだけ「ダメだっぺ」って言うし、わたしの成人式の振袖だってケチだけつけて(金はだしてもいないのに)けなしてばっかだったじゃん」。

次女は次女で「すっごく小っちゃいころから「この人いやだなー」ってずっと思ってた」って(孫にこれだけ言われるじいさまって・・)

そう、人を褒めることは絶対言えず、けなすことなら人百倍、人に頼んでやってもらうのは当たり前で、そのお礼は言わないときてる(こういう人嫌われるわね〜)


そして姉妹でしばし「ほんとにこういう人って見たことないよね!ほんっとにやだ!」って話していました。

わたしは義理父を、素直になれなくて憎まれ口しか言えなくてかわいそうな人だなって思います。


でもねわたしはそういう癖がある人だから、娘たちにわたしの気持ちをわかってもらえてこんなふうに話せることがかえってうれしいし、パパもすごくわたしをねぎらってくれて「あんなじいの面倒みてくれて、ママみたいに優しい人いないよ」って言ってくれる。

これって義理父がいやな以上にうれしいことなんです、わたしにしてみれば。(昔、義理父にビビッてたころはいやだとしか思えなかったけど)
実際自分のことをすごくしあわせだなって思えるしね。

嫌な人がいるから、よかったとこってあるんだよね。

だからやっぱりいなけりゃよかったっていうのはないですね、もう今ではね(昔はすごく思ってたけど)。

いつもありがとうございます。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ
にほんブログ村






posted by yuri | 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする