2018年07月08日

親友とランチ☆彡

昨日の土曜、義理父は一泊でショートステイに行きました(もう帰ってきちゃうのかよー)
パパも自転車仲間と一泊で自転車のイベントへ(行ってはみたものの残念ながら雨で中止になっちゃったそうです)。

娘たちはふたりとも学校でテストがありました。

わたしは高校からの大好きな親友とランチに出かけました

昨日はこんな格好でおでかけしました
7TYhEKc6oa6SjHI1531027297_1531027352.jpg

下に着てるのはちょっとセクシーなワンピース
7s_JC0Es85AoLIN1531027213_1531027246.jpg

親友とは2月以来でした。

昨日わたしはもちろん4月からはじまった義理父の介護生活の愚痴を聞いてもらいました。
親友、すごくやさしかったーーー。

「ゆりちゃんのまわりは優しい人ばっかりだね(*^-^*)」って言ってくれました。
わたし「そうなんだよ。じい以外はみーんな優しいんだよ。だからきっとこれ(義理父の介護)はわたしにとって修行なんだと思うんだ」って言いました。
親友は「わたしもそう思う」って言ってました。

その他、親友とはお金の話(^^;)

お金の話って、友達といってもなかなかできません。
心を許せる人にしか話せないよね。


夜は実家の両親と娘たちとファミレスに行きました(両親にごちそうになりました

娘たちが両親に義理父のことを話すと(昨日は長女、これから学校に行くっていう忙しいときに足の爪切りを頼まれて「これから学校行かなくちゃ」って言っても聞く耳もたないので、やってあげたらしい)、父も母も「たいへんだなあ」って言ってくれました。

そしたら娘たち口をそろえて「面倒みるのだけだって大変なのに、(義理父)いいところがひとつもないんだもん!!」だって。

その言い方にわたしウケた(ウケてる場合じゃないけど)。

いいところがひとつもない(と孫に言われる)義理の親の介護・・・やっぱりこりゃあ修行なんだわよ。
って、思わなくちゃやってらんないわね。

幸いなことに、親友の言うとおり、わたしの周りは優しい人ばっかりなので(義理父以外は)、きっと乗り越えていけるでしょう。

シバンダ(インドの聖人)
「苦しみを喜び、何事も自分を磨き、高めさせるために神が与えた試練と考え、自分の存在を思い出させるために神がおくった使者として歓迎すれば、苦しみはもはや苦しみではなくなる」






posted by yuri | 幸福論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月06日

起きていることへの確信

今日はわたしの信じているスピリチュアルのことを書くので、信じてない方には全く伝わらないことと思います。

が、わたしの中ではとても感動して納得し、生きていることに感謝したので、書かせていただきたいと思います。


昨日、長女は大学休み、次女は期末テストの最終日で午前で終わりでした。

去年はちょうどこの日、ディズニーアンバサダーホテルのシェフミッキーの予約をとり、学校が終わってから舞浜に行ってました(去年は次女のお友達も一緒に連れていきました)。

今年も連れて行ってあげたいなーと前から思っていました。
シェフミッキーは予約が本当にできなくて、前日パソコンに張り付いてキャンセルを拾わなくては(奪わなくては)なりません(それでもとれないことも多いです)。

でもテストをがんばってる次女のためにも、やってやろうと思っていました。


が、義理父がケガをしてしまい、やらなければならないこともいっぱいでどうしようかとちょっと迷っていました。
そのうえ、3日前に歯の詰め物(それもどでかい)がとれてしまい、ますます行く気が失せてきました。

ということで、シェフミッキーの予約チャレンジもあきらめました。

ちなみに娘たちにはシェフミッキーのことはひとことも言ってなかったので、がっかりさせたりはしてません。


その代わりといっちゃあなんだけど、昨日は次女の学校に長女とお迎えに行き、お昼ご飯はマクドナルドに行くことにしました。
シェフミッキーに比べたら、ものすごくお安くすんだけど、それでも喜んでる娘たち、本当にかわいいです(親ばかすみません)。


車はいつも長女に貸しているプリウスで行くことにしました。
うちから次女の高校経由でマクドナルドまでは長女の運転、その後義理父のおつかいがあちこちあったので、わたしが運転することになりました。

マクドナルドでご飯を食べ、今度はわたしが運転しようとしたら・・・車がウンともスンともいいません。

あせりました。
任意保険のロードサービスに来ていただきバッテリーをチャージしていただいたらエンジンがかかり、ディーラーへもっていくと、バッテリーがほとんどゼロだという。
「よく今まで一度もバッテリー上がらず乗ってられましたね」と驚かれました。

なので、昨日はバッテリーの交換(29000円)で車は元に戻りました。
はずれ車を買ってしまったのかなと心配していたので、ホッとしました。


そこで思ったこと

本当はシェフミッキーにいくはずだった(あくまで予約がとれてればですが)
もし行ってたら、出かけるときはエンジンはかかったので、帰りにエンジンがかからなくなってしまっていたかも。

そしたらものすごく大変だったでしょう。

またいつも車は長女が使っていて、マクドナルドまでも長女が運転していた。
数か月ぶりにわたしが運転しようとしたら、エンジンがかからなくなったこと。
これもすごい確率だ。

それで思いました。

偶然ととればとれるけれど、このことはわたしに伝えてる。

歯がとれてしまったことも含め、起こることには何かの力が働いている。

教えてくれている。

気づけよと。
シェフミッキーのことだけではなく、見てくれているものがいるのだと。

そしてわたしは大いなるものに守られてるから、安心しながら自分のやるべきことをやってればいいのだと。


義理父が介護状態になり、いったいいつまで生きるのだろうと思ってしまう。
思えば三度もわたしが命を救ってしまった(心筋梗塞発作、脳梗塞発作、大出血)。
介護の大変さに、あのとき無理に病院に行ってなければとも思ってしまうこともあります(本人は病院に行きたがらなかった)

でも、今こうして義理父が生きてるのは、(真の自分でもある)神が、わたしに経験させたいからだと。

だから、安心して!?起こることを受け入れていくことが、ベストなのだろうと思いました。

だからわたしは今感謝しています。

つらいことがあったら、またこのことを思い出していきたい(なかなかその時には難しいんだけど(^^;))

スピリチュアルを信じてない人にはなんのことやらでしょうが、そんな一連の出来事はわたしにとっては大きな大きな確信になりました。


昨日は、ひとりで「あー今日舞浜行ってなくてよかったわ。もし舞浜でなってたら大変なことだったわ」と娘たちに何度も言ってしまいましたが、娘らはなんのことだかわからなかっただろうね(^^;)






posted by yuri | 幸福論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月04日

悪いことがいいことにもなるんだよね

義理父が足をケガしてからというもの、平日は義理父をつれての連日の病院通いと世話で忙しくてしょうがないです。


今、結構心身ともに疲れていますが、いいこともありました。

義理父の世話が夫婦して大変すぎたので、とうとうパパも「使わなくていい」と言っていた介護保険を使おうということになりました(義理父は要介護1です)

なのですぐに介護の施設に電話して、先週金曜日にケアマネージャーさんがうちまで訪問してくださり、話を聞いてくれました。


それでね


はじめ朝晩のインスリン注射を訪問看護で少しでもやってもらえないかと思っていたんですけど、時間的に無理だと言われてしましました。

わたしががっくりしていると、ケアマネージャーさん「そういうときはショートステイを使ってください。看護師も常駐してますから。」とアドバイスをしてくださいました。


ちょうど今週末、パパが自転車のイベントに泊まりでいくので、わたしひとりで朝晩のインスリン注射や世話などをやってやらなきゃならないなと思っていたんですけど、パパが「そのときショートステイを使おうよ」と言ってくれ、とんとん拍子に今週末、義理父ショートステイすることになりました。
義理父は行きたくないとは思いますが、今回のケガで何から何までわたしたちにやってもらってるので、いやだとも言えないみたいです。


ショートステイとはいえ、最初なのでたった一泊でのお願いだし、いろいろと用意のほうが大変ですが(^^;)、これでいつでもショートステイを使えるんだって思えるようになり、わたしの気持ちがずいぶん楽になりました。

介護保険って、家族のためにあるんだなって思えました。

あとは通所リハビリを週に一回たのむことにしました。
義理父、生まれてはじめてのリハビリなので、果たして続けられるかわかりませんが。


今回義理父の大出血での病院通いや世話にわたしはげっそりしていましたが、そのおかげで今回から介護保険を使うことになったし、ショートステイの予約もさっと入れられました。
お泊りディズニーに行くときも(そうじゃないときも)これで安心して行くことができます。


今となっては、出血してもらってよかったかもと思えます(ケガもゆっくりゆっくりながら治ってきてるみたいです)
悪いことがいいことになることもあるのね。






posted by yuri | 幸福論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする