2021年03月28日

長女とお花見(コロナショック)

あたたかくなってきました。

今日は長女がめずらしく男の友達とランチに行ってました。
夕方には帰ってきて、普通に元気です。


金曜日は娘たちと3人でスタバへ
0beauty_1616737527212.jpeg
バナナのフラペチーノ、長女が義理妹からもらったスタバのプリペイドカードから支払ってくれました
Мちゃん(長女)、Yさん(義理妹)、ごちそうさまでした


昨日は次女は部活。
いいお天気だったので、わたしと長女は公園でお花見しました。
939406A8-FE2C-43F0-B72E-485C86675E9D.jpg
ここのところ病気休暇で休んでる長女と、梅とかさくらとか見にいきまくってる感じです(^^;)

さくらの下にシートしいてのんびり。
0beauty_1616806717697.jpeg
スーパーでフルーツと飲み物を、長女が買ってくれました。
ごちそうさまー(*^-^*)

今は病気休暇の長女ですが、ありがたいことに給料は満額いただけてるので、このぐらいおごってもらってもばちあたんないよね(毎度の飯食わせてやってるし)




パパですが、おかげさまでこのコロナ禍のなか、来年度も昇給できることになったそうでホッとしています。


が、とても残念なことに3月の業績ボーナスは、コロナのせいでゼロなんだって。

ここのところ毎年いただいていたので、「今年は3月のボーナスはなしだって」と言われたときは、(やっぱり会社もコロナにやられたか)と、すごいショックでいやーな感じがしてました。

が、すぐに長女のコロナ病棟勤務が決まり、長女からそれ聞いてそれ以上にショック、その後長女がうつで仕事に行けなくなって超ショック、とどめに死ぬと言われて死ぬほどショックを受けて(こちらももろコロナにやられました)、パパのボーナスが出ないショックがなくなってました。

人ってさ、ものすごいショックなことでも、それ以上のショックなことがあると最初のショックなくなるのね。
いいんだかわるんだか。


そういうわけで、今の我が家、コロナショックを甚大に受けてます(株式市場でのコロナショックは去年の三月でした)。


そういえば株も全然興味がなくなりほったらかしで、儲かってんのか損してるのかも全然見てないです。
もうどうでもいいって感じ。

「今度はどんな株を買おうかなあ」などと考えたり、「すごい含み損だあ」とショックを受けるのは、大変なことが起こってない証拠なんだなあと思いました(あくまで余剰資金での投資だから言えることですが)。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村





posted by yuri | 幸福論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月25日

シン・エヴァンゲリオンへ

昨日は娘たちと映画館に「シン・エヴァンゲリオン劇場版:||」をみにいきました。
00IMG_9483 (2).jpg
シン・エヴァわたしははじめてでしたが、娘たちはこれで2回目です。


エヴァは数年前に「エヴァンゲリヲン新劇場版 Q.」も娘たちと見に行ってました。

「Q」をみたときにはよくわからなくてお金損したと思ったほどだったので、今回行くのどうしようかなと思ったんだけど、娘らが「すごくいい!」というのでね。


「シン・エヴァンゲリオン劇場版:||」の感想ですが・・・


すんごくすんごくよかったーーーーーーー!!!



ここからネタバレなので知りたくない方はここまでで。



わたしがこの映画で一番よかったのは息子である主人公のシンジを、お父さんとお母さんふたりが自分を犠牲にして守ったところです。

母親であるわたしにとっては、これにつきますね。

この映画にはほかにもたくさんの感動の場面が数えきれないほどあるけど、ダントツわたしはこの場面、やはり親子愛、夫婦愛、そして家族愛のシーンでした。

そこでながれるユーミンの「ボイジャー」にも感動(歌ってるのはユーミンではないが)。

もうそっから最後までずっと涙がとまりませんでした。
娘たちも2回目ながら、すごく泣いてました。



映画すごくよくて、今でも思い出すとジーンときます。


そんな素晴らしい映画でしたが、個人的に想うことがありました。


映画のあと、隣接のショッピングモールに寄りました。

アクセサリーやバッグを見る娘たち(わたしは見たいものないがいつものことでおつきあい)。


そして思い出したことがあります。


ちょうど一か月ちょっと前、長女がまだコロナ病棟に勤務していたお休みに、このモールのちょうどそこら辺にいたんです。

そのとき長女の感じがおかしくて、「人がいっぱいで怖い」と言ってわたしや次女の腕にしがみついてきてちょっと驚いたんです。

「少し座ろう」とモール内のベンチに座ったら、長女が「わたしはこんなに苦しいのに、楽しそうなみんなが憎い。地球が滅んでみんな死んじゃえばいいのに」って言ったんです。

わたしは長女がそんなことを言うのを聞くのがとてもつらかった。


でも今思えば、もうそのときはうつ状態がそうとうひどくなっていて、長女にそう考えさせていたんですね。

たしかにわたしも結婚当初、義理親のことで悩んでいたときは長女と同じことを考えてたもん。



そのときに比べて昨日は、そのときとまったく同じ場所で「シン・エヴァ」に感動して、3人で「すごくよかったねー」と感動して話せること、このことが映画と同じぐらい、それ以上にうれしかったです。



今ずいぶんよくなった長女だけど、またつらい状態になることがあるかもしれません。

でも昨日のエヴァで、うつだったシンジもげんきになった。
だから長女もそうなってもきっと乗り越えられると思います。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ
にほんブログ村






posted by yuri | 幸福論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする