2012年04月07日

さよなら、エンブドゥビレッジ(最終日編)

モルディブエンブドゥビレッジ最終日。

なんとわたしたちは水上コテージ3部屋とも、そのまま出発の夕方5時まで使用していいとのことでした
なんて良心的なホテルなのでしょうぴかぴか(新しい)
デイユース代金がとても高いモルディブで、本当にラッキーでした。
それだけでもありがたいことなのに、最終日まできれいなタオルを「使って」と持ってきてくれたんですよ。
両親たちの部屋にはタオルどころかお掃除も入ってくれたそうです。
最後の最後までゲストを大切にしてくださる気持ちに感激でしたぴかぴか(新しい)

お言葉に甘えて、夕方5時までシュノーケリングをしたり、お風呂にはいったり、水上コテージで最後のひとときをゆうゆうと過ごすことができました黒ハート

5時出発なので5時ちょっと前にに桟橋に向かいました。
桟橋ではホテルの方がお弁当を持って、待っていてくださっていました。
obento3.JPG
本当にすごいホテルですexclamation×2
味はイマイチでしたが(ごめんなさい)、あったかい気持ちは十分伝わりました黒ハート
obento.JPG

ちなみに今回の旅行で使った食事代は成田で食べたものと、ホテルでの飲み物分だけ。
ホテルでの食事代って高くてバカにならないから本当にありがたかったです。

このホテルはきれいな海とたくさんのお魚を見たい方、あたたかい対応、そして安くモルディブに滞在したい方に自信をもっておすすめできるホテルです。

さよならエンブドゥビレッジ。
最高の思い出をありがとう
IMG_0199.JPG
わたしはこの素晴らしく優しいホテルを忘れません。


これで今回のエンブドゥビレッジの旅行記も終わりです。

一年前、予約をしておいたにもかかわらず、震災でやむなくキャンセルしたエンブドゥ。
一度あきらめたものの、両親から強く誘われ、もう一度その気になり、ヨーロピアンに人気のリゾートだけに半年も前から水上コテージの予約をいれておいたエンブドゥ。

本当に二年越し、長いこと待っていたこのリゾートに行けたことに、感無量です。
そして、実際訪れてみて、その期待は決して裏切られることはありませんでした。
それどころか、ありがたいなーと思うことがたくさんでした。

雨は一度も降らず、毎日快晴晴れで、毎日朝日と夕日を見ることができました。

見事な海にやさしい人たちに出会うことができて、ほんとうに親子3代で夢のよ
うな時間でした。

MINNADE.JPG

ブログランキング・にほんブログ村へ





2012年04月06日

モルディブエンブドゥ 2012(水中編)

モルディブエンブドゥビレッジのおススメはなんといってもハウスリーフです。
わたしたちはエンブドゥのハウスリーフで毎日シュノーケリングしました。

シュノーケルセットは両親は持参(シュノーケル好き夫婦です)わたしたち家族4人分をレンタルしました。
それに母と娘ふたりの3つライフジャケットをレンタルしました。

レンタル料金はシュノーケル3点セットが一日8ドル、ライフジャケットが一日6ドルrental.JPG
4日間で合計で200ドルですが、はじめに240ドルのデジポットを支払い、最終日の返却時に40ドルを返してもらいました。

さて、シュノーケルセットをつけて、水上コテージわきから海へ出れば、そこはもう竜宮城のよう。
IMG_1823.JPG
なんてぜいたくなんでしょexclamation×2

うみにはこんなにたくさんのお魚がいっぱいですぴかぴか(新しい)
IMG_1806.JPG

わたしも魚のように泳ぎましたわーい(嬉しい顔)
IMG_1826.JPG
サンゴもきれい
IMG_1667.JPG

なんと今回ハウスリーフで亀と一緒に泳ぐことができましたーexclamation×2
タッチもできたんですハートたち(複数ハート)
IMG_1769.JPG

また、エイやナポレオン、サメもハウスリーフで見ました。
その他たーくさんの数えきれないほどのお魚が見られました。

最終日、空港への帰りのボートでは両親と娘はイルカも見たのだそう。
わたしも同じボートに乗ってたのに、気づかなかったよ。
教えてくれよーexclamation×2

動画もとりました。
撮影は素人(父)なのでへたくそなのはご愛嬌であせあせ(飛び散る汗)




本当にたくさんのお魚が見れて満足でした。
5年前のパラオに続き、両親とパパと娘とみんなでシュノーケリングができたことが何よりもうれしかったぴかぴか(新しい)

次はエンブドゥ最終日編です。

ブログランキング・にほんブログ村へ





2012年04月03日

モルディブエンブドゥ 2012(お食事編)

今回のエンブドゥ旅行は全食つきでした。
島にレストランはひとつだけなので、そちらで朝昼晩食べることになります。

実はわたしが心配していたのは他の方のエンブドゥの情報で相席になることが多いと書いてあったこと。
1テーブルに4名での相席になることが多いとあったので、わたしたちは6名での参加だったため、そのうち2名は相席になっちゃうのかなと気になっていました。
その場合、英語が全然わからないわたしの両親を外国の方と相席にするわけにはいかないので両親と娘たちで座ってもらって、わたしたちを相席にしてもらうつもりでしたが、せっかくの家族旅行なのでできれば全員で座れたらいいなと思っていました。

さて、レストランに行ってみると・・・・
両親のテーブルはわたしたち4人とは別だったものの、ふたりだけの席でしたわーい(嬉しい顔)
そのままでもよかったのですが、結構大きな丸テーブルだったし、せっかくなので、ひとつのテーブルに6人で座らせてもらうようお願いしてみると、快く変えてくれましたわーい(嬉しい顔)

まわりの外国人のファミリーも親と来てる方も多く、私たちのテーブル以外にも6名でひとつのテーブルに座っているところもありました。


わたしが行ったときは部屋は満室のようでしたが、相席というのは見当たらなかったように思います。
ヨーロピアンのカップルもみんな大きな丸テーブルにふたりだけでゆうゆうと座っていましたよわーい(嬉しい顔)

相席になってしまった場合でも、わたしたちのようにレストランの方に言えば快く別のテーブルに変えてくれると思いますので、せっかくの旅行に気を使いたくない方は遠慮せず言ってみるといいと思いますわーい(嬉しい顔)

食事は3食ともビュッフェになります。
syokuji.JPG
ものすごくとは言いませんが、おいしかったですわーい(嬉しい顔)

朝ごはんにはジュースと牛乳があり、ウエイターさんがコーヒーか紅茶をいれてくれますわーい(嬉しい顔)
asagohan.JPG
朝ごはんにはたくさんの種類のパンとジャムが
asa pan.JPG

朝は卵を、夜は肉や魚を焼いてくれる方がいます。

お昼ご飯と夜ご飯は飲み物をウエイターさんに注文します。
IMG_0163.JPG

甘いものはおいしそうには見えますが日本のほうが断然おいしいですあせあせ(飛び散る汗)
deza-to.JPG

わたしたちのテーブルの担当はムタさんというやさしいおじさんでした黒ハート


ムタさん最終日の朝ごはんにはこんなステキなテーブルデコレーションをしてくれ
ました。
flower deco1.JPG

そして、続いてなんと昼ごはんにもフラワーナプキンのアーチを作ってくれてました。

すごいサービス精神です。
ムタさん、ありがとーーーーすごくうれしかったですハートたち(複数ハート)ハートたち(複数ハート)

「また来年も来てね」
とムタさん言ってくれたけど、金銭的に来年は無理でしょうあせあせ(飛び散る汗)

お昼の一度だけムタさんがいなかったときがあり、その時はつまらなかった。
モルディブではウエイターさんとの関係って結構大きいんですハートたち(複数ハート)

次は水中編ですわーい(嬉しい顔)

ブログランキング・にほんブログ村へ





2012年04月02日

モルディブエンブドゥ 2012(水上コテージ編)

わたしたちがモルディブエンブドゥで泊まったのは水上コテージですわーい(嬉しい顔)

今回わたしたちが利用した旅行会社はワールドツアープランナーズさん。
理由は安いからですあせあせ(飛び散る汗)
手厚くは面倒を見てくれないのかもしれませんが、特に不満もなく、何事もスムーズに進みましたわーい(嬉しい顔)

1年前にもわたしたちはこちらの会社でエンブドゥの予約をしていたのですが、3月11日の震災でやむなくキャンセルをしました。
他の会社がどうだったのかはわかりませんが、そのときに被災者ということで、正規キャンセル料金より安くしていただきました。
また、今回再びエンブドゥの予約を入れたら、正規旅行代金より割り引いてくれていました。
とても良心的な会社だと思います。
この場をお借りしてお礼申し上げます。

今回の旅費は全食つき6日間レイトチェックアウト(が無料でできました)と空港で食べる夕食用のお弁当のサンドイッチついて(味はイマイチでしたがあせあせ(飛び散る汗))でなんとひとり14万円exclamation×2(サーチャージと出国税は別)。
この金額で水上コテージに泊まれるなんてとってもとってもお得だと思いますぴかぴか(新しい)
わたしたちは両親とパパと娘2人の計6名でしたので、水上コテージ3部屋でした。

ただし安いだけあって、水上コテージの外観がちょっと安っぽいのは否めません。
残念ながら海へ直接降りる階段もついていません。
suijoukote-ji.JPG

しかし、お部屋のなかはとっても広く天井も高くて、シンプルながら居心地はいいです。

ベッドに寝ころびながら海が見られますぴかぴか(新しい)
パパがデッキに寝ていますハートたち(複数ハート)
bedkaranonagame.JPG
デッキにはふかふかのマットつきベッドとイス2つと小さなテーブル、洗濯もの干しがありました。
部屋にいるときはこちらでボーっと海を眺めていることが多かったです。


床にはガラスがはってあり、そこから海の中を見ることができます。
夜にはライトアップすることできるのでお部屋にいながらお魚を見ることができますわーい(嬉しい顔)


はじめの日にはこんなたくさんのウエルカムフルーツが用意されてありました。
とても食べきれないので冷蔵庫に入れておいて少しずつ食べましたぴかぴか(新しい)
IMG_0548.JPG

かわいくベッドメイキングがされてましたハートたち(複数ハート)
大きなベッド
bed2.JPG
私たちのお部屋にはシングルベッドも用意されてありました(使わなかったけどありがたかったです)
bed.JPG

部屋にはセーフティボックスとポットが完備されておりました。
コーヒーと紅茶がたくさん用意されてました。
なくなれば補充してくれますわーい(嬉しい顔)
kinnkotocofee.JPG

その他部屋にあるものはテレビ、冷蔵庫、備え付けドライヤーとマルチプラグもありました。
アメニティは石鹸のみ。
シャンプー、歯磨きセット、髭剃り、ティッシュとせんたくばさみは持参したほうがいいでしょう。

お風呂とトイレ。
お湯の出も申し分なく、バスタブにはなんとジャグジーがついてます。
huto.JPG
お風呂はオープンエアで波の音が常に聞こえてました。
また、天井はガラス張りでお風呂につかりながら、満天の星空をみることができます三日月

水上コテージのからの眺め
kote-jikaranonagame.JPG
わたしたちはこのデッキから熱帯魚はもちろん、なんとサメやエイも見ることができたんですexclamation×2

こんなことは水上コテージならではわーい(嬉しい顔)
エンブドゥでは水上コテージに泊まることをおススメしますぴかぴか(新しい)


次はエンブドゥ、お食事編ですわーい(嬉しい顔)

ブログランキング・にほんブログ村へ





モルディブエンブドゥ 2012(リゾート編)

モルディブエンブドゥビレッジのリゾート紹介ですわーい(嬉しい顔)

エンブドゥビレッジはモルディブ、マーレ空港からスピードボートでたった15分で行けるリゾートですぴかぴか(新しい)

ハウスリーフでのシュノーケルだけでもたくさんのお魚が見られる素晴らしいドロップオフと真っ白なビーチを合わせ持つ貴重な島です。
embdo.JPG

ゲストはヨーロピアンがほとんどで、滞在中、日本人はわたしたちだけでした。
ヨーロッパの方たちは島内で会うと、「ハロー」とあいさつをしてくれたり、ニコッと笑ってくれたり、写真をとってくれたり、大変フレンドリーだったので心はいつもあったかかったですハートたち(複数ハート)
やはり、場所は変われど自分からあいさつすることはとても大切ですねぴかぴか(新しい)
あいさつは日本語の「こんにちは」で十分通じます(うちの両親はすべて日本語でしたあせあせ(飛び散る汗)
おじけずかず、恥ずかしがらずにあいさつしましょうわーい(嬉しい顔)
こちらからあいさつすれば、必ずみなさんステキな笑顔でニコッとしてあいさつを返してくれますわーい(嬉しい顔)

ホテルのモルディブの従業員さんともきっちりスペースが区切られているわけではなく、島のあちこちで休んでいました。
もちろん、会えばみなさん笑顔で「ハローexclamation」と言ってくれますわーい(嬉しい顔)

このリゾートは年配のご夫婦や家族づれが多いので、騒がしい事がなく、とても落ち着いた雰囲気でした。
ハネムーンのゴージャス感もありませんが、若者のがやがやしたにぎやかさもなく、わたしたちのような家族づれにはぴったりでした。

桟橋付近
sanbasi.JPG

ロビーはサンドカーペット
robee2.JPG

サンデッキのバーもあります。
bar.JPG

こんなきれいな花も
flower2.JPG

たくさんのブランコがあちこちに
meitoburannko.JPG

わたしたちは水上コテージのデッキで横たわっていたので使いませんでしたが、ビーチには黄色いイスがたくさんおいてあり、自由に使えます。
isu.JPG

島内を散歩ぴかぴか(新しい)
meimii arch.JPG

海がよく、雰囲気もよく、人もよく、本当にステキな楽園でしたわーい(嬉しい顔)


次はエンブドゥ、水上コテージ編です。

ブログランキング・にほんブログ村へ





モルディブエンブドゥ 2012(ビーチ編)

モルディブエンブドゥビレッジのビーチの紹介です晴れ

エンブドゥはとてもよいハウスリーフを持ち、シュノーケルだけでもたくさんのお魚が見ることのできる島で有名なのですが、素晴らしいビーチもありますわーい(嬉しい顔)

島の端っこにサンドバンクがひろがっており、遠浅の海も楽しめるんです。

まさに一粒で二度おいしいexclamation&question島といえるので、ビーチもハウスリーフも楽しみたいという、欲張りな人にぴったりですわーい(嬉しい顔)

きれいなサンドバンクに広がる遠浅の海ぴかぴか(新しい)
beach1.JPG

私たちも毎朝、サンドバンクに朝日を見に行きました
yurimikiasa.JPG

サンドバンクからの夕日もとてもステキでした。
meimii yuuhi.JPG
両親もはしゃいでいますexclamation×2
yuuhi jiibaamei.JPG

本当にすばらしいビーチでしたぴかぴか(新しい)


yurikuro.JPG


次はエンブドゥ、リゾート編です。

ブログランキング・にほんブログ村へ






2012年04月01日

モルディブエンブドゥ 2012(スリランカ航空編)

今回のモルディブ旅行で利用したのはスリランカ航空ですハートたち(複数ハート)

スリランカ航空は事前に座席の指定が可能なのでおすすめですわーい(嬉しい顔)
今回、わたしたちもスリランカ航空に電話をして、行きも帰りも窓側の席を3列、計6席事前に確保できました手(チョキ)
他の方の情報からスリランカ航空のマイレージ会員になってからスリランカ航空に電話したとあったので、わたしもそうしたのですが、電話の感じでは事前にマイレージ会員に登録しなくても、できたような・・・
でも無料でマイレージ会員登録できるので、なっておいて損はありません(英語入力です)

スリランカ航空はモルディブまで直行便があるのが売りなのですが、わたしたちが出発した3月26日からコロンボ乗り継ぎ便に変更されてしまいましたもうやだ〜(悲しい顔)

それなら乗り継ぎ時間にコロンボで紅茶を買おうと思っていましたが、今回そんな時間はなく、ただ、飛行機を乗り継いだだけバッド(下向き矢印)
おまけに乗り継ぎだけなのに再度セキュリティチェックを受けなければなりませんでしたふらふら


ちなみに機内食はコロンボまでで2回出て、コロンボからマーレでスナックが出ますわーい(嬉しい顔)

こんなかわいいメニューが配られましたわーい(嬉しい顔)
IMG_0505.JPG

お酒もいろいろあるみたい。
IMG_0516.JPG

お昼のメニューです
IMG_0507.JPG
お昼ご飯はカレーをチョイスしました。
辛くておいしかったです。
IMG_0537.JPG

2回目の機内食にはどら焼きがでました。
IMG_0541.JPG

そして、コロンボからモルディブまでにパンがでるのですが、これはなんともいただけない味でしたバッド(下向き矢印)
IMG_0543.JPG

コロンボからはあっという間です。
空港で待っててくれたボートに乗り込み15分でエンブドゥに到着ですわーい(嬉しい顔)

長時間のフライトだけでも大変なのに、コロンボ乗り継ぎでさすがに疲れました。

でもお部屋にはこんなたくさんのウエルカムフルーツがぴかぴか(新しい)
IMG_0548.JPG

あたたかいおもてなしに疲れも吹き飛びました黒ハート
ありがとうございましたハートたち(複数ハート)

IMG_0533.JPG

次はエンブドゥ、ビーチ編です。

ブログランキング・にほんブログ村へ






2012年03月31日

モルディブエンブドゥから帰ってきました

今日、モルディブエンブドゥビレッジから帰ってきましたぴかぴか(新しい)

お天気も毎日ピーカンで、夢のような休日をおくれました。

帰りは機中泊だったので、今とっても眠いです眠い(睡眠)

エンブドゥビレッジは値段の安さの割にとてもとても素晴らしいところです。
ただし日本語は通じません。
今回日本人は私たちだけでした。

エンブドゥは情報がとても少なく、今回、他の方のエンブドゥの旅行記が大変参考になったので、次から詳しく今回の旅行記をアップしていきたいと思います。


今日は疲れているのでもう寝ます眠い(睡眠)


ブログランキング・にほんブログ村へ





2012年03月26日

いざ、モルディブへ!

今日、一年越し、念願のモルディブ、エンブドゥへ出発します。

今日は長時間のフライトになるので、洋服は楽なロングスカートハートたち(複数ハート)


モルディブについたら暑いだろうから下に着てるのはノースリーブマキシワンピです黒ハート
IMG_0469.JPG
朝6時前にこんな写真とってるわたしって・・・・(みんなまだ寝てますあせあせ(飛び散る汗)


ちなみに今日の体重は50キロジャスト、体脂肪23.3%でした。
3食付きオールビュッフェスタイルなので、食べ過ぎに注意せねば。
トレーシーもDVD持っていけないのでむこうでも軽く筋トレせねばあせあせ(飛び散る汗)
なにはともあれ、そろそろ家族を起こしますexclamation×2

では、神様に感謝して行ってまいりますハートたち(複数ハート)
IMG_0448.JPG

ブログランキング・にほんブログ村へ





2012年03月25日

今度こそ、モルディブへ!!

昨日、イオンで買ったもの
IMG_0348.JPG297円なりわーい(嬉しい顔)

なんで、日焼け止めを買ったかと言えば、明日から家族でモルディブへ行くからなのですぴかぴか(新しい)

今でもまだ、実感がわきませんぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

1年前の春休みに我が家では、モルディブに行こうとその半年も前から予約をとって、楽しみにしていました。
ところが、旅行も一か月をきったところで東日本大震災が起こり、やむなくキャンセルすることになってしまいました。

高まっていた気持ちも震災で萎えきってしまい、モルディブに行くことはもうないと思っていたのですが、同じ時期にグアム旅行の予約をしていて、やはり震災でキャンセルしたわたしの両親が、「一緒に海外へいきたい!」と言うので、今回は両親も一緒に行くことになりました。

両親とは5年前にわたしの友人一家も含め、総勢10名でパラオに行きました。
孫たちと一緒にいった海外がものすごく楽しかったそうで、もう一度私たちと行きたいと言うのです。
それほど言うのなら、と、わたしも両親のためにも、もう一度モルディブ旅行の予約することにしました。
ですからこれは、れっきとした立派な親孝行旅行なのですわーい(嬉しい顔)(旅費は各自持ちですが)。

モルディブは上の娘が2歳の時に家族でイフル島に行ったことがあり、その海の美しさとお魚の多さにものすごく感動ました。
その後、パラオには直行便で二度ほど行ったのですが、どうしても、もう一度モルディブに行きたいとずっと思っていました。

なので、今回行けるのがいまだに夢のようです。

ホテルはエンブドゥビレッジをチョイスしましたわーい(嬉しい顔)
水上コテージ6日間、全食つきでひとり約15万円という超格安リゾートです。

それでも上の娘が高校入学で物入り時の我が家にとっては、ものすごく痛い出費なのですが、親孝行のためにもこの際行こうと決めました。


水着はビキニですぴかぴか(新しい)
IMG_0361.JPGIMG_0363.JPG
外国の女性はお年をお召しになっても、太っていてもビキニを着てる人が多いから、着られるんじゃないかなーと。

でもやっぱり焼けちゃうし、もうすぐ44歳だし、こっちになるかなダッシュ(走り出すさま)
IMG_0430.JPG

震災から1年、こうしてモルディブに行けるのも、働いてくれるパパと愛すべき家族、そして神様のおかげですハートたち(複数ハート)
本当にありがとうございますexclamation×2

今回の旅行は、一瞬、一瞬、それを忘れないでいられるような、感謝の旅にしようと思います揺れるハート

帰っってきたら、ブログでもモルディブ旅行のことをご紹介させていただきたいと思いますので、ぜひご覧になっってくださいぴかぴか(新しい)

ブログランキング・にほんブログ村へ