2017年10月19日

小学校からの友達とランチ♪

昨日は小学校からの友達A子とランチしました

昨日はこんな格好で行きました
5oSvmtlbkHmsW0i1508391220_1508391260.jpg
カーディガンは友達から「もう着ないから」と、もらったものです


A子の子供ふたりとも就職し、家を出ています。
旦那さんとは別居してアパートに越して五年以上たつんだけど、いまだに旦那さんに経済的な援助をしてもらっています。

A子は前から「子どもたちが帰ってこられる場所をつくる(元の家に戻ること)ことがわたしの一番やるべきことなんだと思うんだけど」と言ってましたが、やっと元の家に帰ることに決めたのだそうです。

よかったです。


が、アパートの更新をしたばかりであと二年はアパートにも住めるので、「家に戻るのは二年後かなあ」と言ってました。


「もう決めたんならさっさと戻ればいいのに!」ってA子には言ったけど、そのA子の行動のノロさ!?にも、いいところがあるんです。

行動がノロいからこそ、旦那さんと離婚しようと思いながらも、離婚届けを出さずにいたのですから。



ずっと、「すごーくいやなんだけど、子どもたちのためにあの家に帰ることがわたしの使命で、それがわたしのしあわせかなって思うんだよー」って言ってたA子。

そのA子のカンはきっと当たってると思います。

わたしもまさにそうだったから。

そしてそれを乗り越えられたときに、「わたしはこれでいいんだ」っていう人生の満足感、幸福感があることでしょう

もと家に帰るのはまだまだ先みたいだけど、「帰る」という決心がついてよかったと思います。
旦那さんも前とは違うから、きっと夫婦もなんとかうまくいくと思います

いつもありがとうございます。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ
にほんブログ村





posted by yuri | 幸福論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月17日

先見の目

昨日はローストビーフを作りました
foodpic7933693.jpg
が、せっかくのおしゃれな食べ物!?だというのに、きれいに盛り付けられないー(それにしてもローストビーフと親子丼の組み合わせって・・・(^^;))

というか、きれいに盛り付けようとする気が全然起きません。
多分そういう家庭で育ってきたからなのでしょう(と、育ちを理由にする(^^;)
でも味はとてもおいしかったです!

ちなみにローストビーフは、オーブン派です。
湯せんでも作ったことがあるんだけど、ジップロックに入れて茹でるっていうのが苦手です。
肉の中身をはかる温度計なんてないから、お肉をアルミホイルにくるんで、しっかり目に焼いてしまいます。



今月からパパの部署の9割以上の社員さんが給料カットになってしまいました。
今までもちょっとのカットはありましたが、今回は大幅カットで、パパぐらいの給料だったら一年で150万以上も減るとか!

パパですが、本当ーーーーーーーーーーーーにありがたいことに、給料カットされずにすみました。

パパの仕事に対する熱意、そして今までの仕事での実績ももちろんありますが、パパが言うには、英語の勉強を続けてきたことが給料カットを免れた大きな理由なのだそうです。


最初、英語なんてわたしより全然できなかったパパ(高卒です)。

パパはわたしと結婚したばかりのころ「うちの会社では英語ができなければだめだ」と、ひとりで英語の勉強をはじめました。


それで一番はじめは、NHKのラジオ講座、それも中学の英語からはじめたんです。

途中、英会話のNOVAに通うといい出し、お金をン十万円支払い、2回ほどレッスンに通ったらNOVAが倒産!

わたしに「だから「そんなにはやまるな!」って言ったじゃない!」と怒られながらも、今度はスカイプで話すネット英会話教室に入会しました(それでパソコンを買ったので、わたしもこのブログをはじめてみたのでした

そのうち英語ができるからと、外国の方と英語で話したり英語でメールのやりとりをする仕事が増え、会社でどうせ英語話すからと、ネット英会話はやめました。
が、今でもずっと毎日ラジオ英語講座(もう中学講座ではありません)を続けて、運転中はいつも英語をかけています(わたしには何て言ってるのかさっぱりわからん)・


パパと同じように英語の勉強をはじめた人もいますが、なかなか続けるのは難しいみたいで、途中でやめてしまった人も多いです。


今回パパの給料のランクでいるためには「英語で仕事のやりとりができること」という条件がついたそうなんです。
それで英語ができない社員はみな給料カットになってしまったんだって。
パパも英語の勉強を続けてなかったら、今回給料カットになってたところだったんです。


「あー、給料がさがらなくてよかった。パパよく英語続けてきたねー。これからもディズニーに行けるね(こればっか(^^;))」とわたしが言ったら、「先見の目があるからね」と自慢げです。

「ホントだねー、さすがパパ!」って言ったら「これもみんなママのおかげ。一番の先見の目は、ママを奥さんに選んだことだよ」だって

ありがとうー
ありがたいそのお言葉、受け取って、そのままパパに返します

いつもありがとうございます。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ
にほんブログ村





posted by yuri | 幸福論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月12日

他の人と比べてはじめてつらくなる

10月でもポカポカ陽気が続いています。
今日はこんな格好です
EYiFevrO7N0PW9Q1506233277_1506233362.png

今日はノースリーブワンピースに薄手のカーディガンでした。
FkCKGbsWucLIYlt1506233391_1506233439.png


病院で看護実習中の長女、ドキドキしながらも朝から晩までがんばってて、家でもレポート書きで忙しいです。
ちょっと前まで(9月末まで)夏休みで、わたしと毎日のんびりしてたのにね。


長女の実習先が小児科だったので、こないだ「まだ小さいのに病気で入院してるなんてかわいそう」って言いました。

そしたら長女が「病気で身体の具合が悪いのはつらそうだけど、でも子供の気持ちはそんなにかわいそうな感じじゃないんだよ」
病気の自分をかわいそうだって思ったりしない子が多いのだそうです。

「病気で入院してるそのこと自体は本人はそんなに気にしてないことが多いよ。でも個室ならいいんだけど、大部屋に入ってまわりの子の親がたくさんお見舞いに来てるのを見たりして、それに比べてなんでうちのお母さんは来ないの?みたいに思いはじめると、子供もすごくつらくなるんだよ」って言ってました。

あー、わかる気がする。
長女の話を聞いて、子供でもやっぱり人と比べることが、自分の気持ちをつらくするんだなと思いました。
まわりの子は自分よりたくさん親が来てるとか、あれもらったんだとか。

人と比べるまではそんなつらく思ってなかったことでも、人と比べるとふしあわせがはじめてやってきたりする。


でも人は知能が高いから、どうしても比べちゃうのはしょうがない。

そんなときは気づこうと思います。

他人と比べなければいつだってともにある
今の自分の持ってるしあわせ。


それにしても、新しいことに毎日ぶつかりながら、いろんなことを考えて学んでいってる長女のことを我が子ながらすごいなーと思いました。


いつもありがとうございます。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ
にほんブログ村






posted by yuri | 幸福論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月06日

高校の友達たちとランチ(夢の専業主婦☆彡)

今日は高校時代の友達4人でランチでした

ランチには、こんな格好で行きました。
hjvwBVWCl3SSTru1507282309_1507282346.jpg

ワンピースは、近所のママ友ちゃんからおさがりでもらった、ちょっとセクシーなやつです
YBk2EoR3pQ61YXH1507282246_1507282287.jpg
今日もYちゃんが「ゆりちゃんていつもセクシーだよねー」って言ってくれました
Yちゃんはいつも優しいんだー、ありがとう

今日は本当はU子ちゃんとふたりでランチの予定だったんです。
が、ゆうべと今日の朝、高校の共通の友達ふたりにラインしたら、ふたりともすごく喜んでくれて、今日来てくれたんです
うれしかったー!

先週は中学時代の友達5人で会って、今日は高校時代の友達たち、そして再来週は小学校時代の友達と会う予定です。
小中高とそれぞれの学生時代の友達と今でも会えるって、なんてうれしいことでしょう!

そしてみんなわたしと会うのを楽しみにしてくれて・・(もちろんわたしもです


家族に恵まれて、学生時代の友達にも恵まれて、わたしはなんとも感謝の人生を歩ませてもらってるなーって、今日はあらためて思いました。



いつも会う中学の友達のなかでは専業主婦はわたしだけなんですが、今日は四人中、三人が専業主婦!

唯一働いてるYちゃんが午後も仕事があると言って帰ったあとは、専業主婦の三人が残りました。

そしたらU子ちゃんが「毎日テレビばっかでつまんない!何にも面白いことない!」って愚痴りまくり。

なので「何言ってるの!!家でゆっくりできるって、なんてありがたいんだろうって、わたしは毎日しあわせをかみしめてるよ。今の若い子の夢って専業主婦になることなんだってよ。わたしら夢を生きてるのよーーーー」って言いました。

昼間にテレビを見てるのはみな同じですが(^^;)、わたしはテレビが大好きなので、真っ昼間っからテレビが見られるなんてーってルンルンルンルン〜〜〜〜〜〜なんです



何が言いたいかというと、みんな専業主婦で同じような生活しててても、考え方で違うんだなーと思いました。
専業主婦でもなんでも、それを当たり前と思ったらつまらないですね。


よーーく考えてみると、マジで夢のような生活してることに気づける
自分の人生ってなんてありがたいんだろ!って、そう思ったほうがしあわせね

わたしは一日に何度もそんな幸福感に包まれるんですが(この感覚は自分で意識して身につけてきました)、特にスーパーで買い物してるときに、わあああっとその幸福感におそわれる!?ことが多いです。

今の自分は自分が築いてきたもの、そして感謝の思いも自分で作るもの

いつもありがとうございます。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ
にほんブログ村





posted by yuri | 幸福論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月26日

「なんのために貯金してるのか?」と聞かれて(老後のために必要な貯金を調べたら)

小さいころからお金使うのに躊躇してしまうタイプ(要はケチね)でした。

子供のころ、もらったお金はすぐにゲームだのお菓子だのに使ってしまう弟と真逆でコツコツとお金を貯めてました。
同じだけこづかいもらっても、貯金の差がすごくありました。

そういう性質なので、高校生のころはバイトしてる子よりもお金持ってて(毎月の小遣いをつかわないだけ)、バイトしてるくせに金使いが荒くて金欠だった友達にも貸したりしてました(当時働いてた彼氏にも貸した)
いまだに回収出来ずじまいで縁が切れたのもあります(でもこれで人にお金を貸すのは絶対にやめようと学べました)

高校を出て働いてからも、仕事があまり続かないわりに貯金は多かったです。

お金がもったいなくて使えないんです。
これは性分です。
最近はディズニーで散財しまくってるけど、普段の生活ではケチケチケチケチやってます。



ずいぶん前に、金使いが荒い友達に「なんのためにそんなに貯金してるの?」って聞かれたことがあります。

それが性分なんだけど「老後のためかなあ」って言いました。

「○○ちゃん(友達)は老後不安じゃないの?」って聞いたら、「不安」だって。
不安なのによく全部使っちゃえるなあと、わたしはそっちのほうがすごいと思う。



友達には老後のための貯金だと言いましたが、老後っていくら必要なんだかわからないので、こないだネットで見てみました。

いろんな意見があるけど、いろんな意見がのってるこちら(All Aboutの大沼恵美子さんの見解、プレジデントの見解)を見てみたら・・・

老後に必要だと言われる貯金は、すでに貯まっていました(厚生年金の夫婦の場合)


ちなみにその友達も専業主婦なのですが、旦那さんはエリートなのでうちよりたっくさん収入があります。
でも新しいもの大好きなので、電化製品だのなんでも新しいものが出たら買いまくりで貯金はほとんどないみたいです(そんで豪邸の借金が、ん千万あります)。

「そんなに貯金してどうすんの?」って言われてきたけど、ないより安心できるので、やっぱり貯金してきてよかったと思います

というわけで、これからはガッツガツ貯金はもういいかなあ(といいながら、やっぱ性分なので変えられないでしょう)。

これからは(も)ディズニーに使っていいかなあと思っています(結局、結論はそこでございました(^^;))

いつもありがとうございます。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ
にほんブログ村





posted by yuri | 幸福論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月07日

夏もおわりだけど(これでいいのだ)

涼しい日が続いてもう夏も終わりっぽい。
あんなに暑かったのにうそみたいです。

また服を秋冬に変えていかないと。

といいつつ毎度、季節を先取りどころか、何事も順応性が低くてまだ夏服でいます"(-""-)"
Fds9_lPAUNjr9xi1504757180_1504757234.png

ワンピースは厚地のやつだから上だけ変えれば(タートル着るとかして)これからも着られそう
qyJXWzMUZI3bmFR1504757258_1504757320.png


夕ご飯もいまだに夏!?
今日は「夏のものをはやく食べきらなくちゃ」と残っていたそうめんにしました
foodpic7869576.jpg
きれいな野菜の色のそうめんはお盆にいただいていたものでみょうがはまだ畑にあります。
もうそうめんには涼しい感じだけどね(^^;)


今年の夏休みもいつもと同じように娘たちと家でのんびりしてるうちにあっという間に終わってしまいました。
次女はとうに高校はじまってますが、大学生の長女はまだまだ夏休みなので、今はふたりでのんびりしています。

ホント、こんなに怠けててこれでいいのかって思う。

でも忙しすぎてもこれでいいのかって思うのだろうし、何をやってても「自分はこれでいいのか!」ってなるのだと思う。

だからそういうときは「これでいいのだ!」って自分に言おう。

もうすぐ50歳だし、ここまで生きてきただけでも大したもんだと自分に言おう、マジそうなのよね。
そうやって自分で自分を認めていこう(ついでに他の人のこともそれでいいのだねって認めよう)

うん家族は仲良くうまくいってる、大丈夫、わたしはこれでいいのだ、ありがたいな

そうやってしあわせ感じてたほうがいいね

いつもありがとうございます。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ
にほんブログ村





posted by yuri | 幸福論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月03日

グループLineでコミュ障なのがわかった

昨日からパパは自転車仲間と泊まりで奥多摩に行ってます。

それでパパは今日、自転車変態坂バカイベントに出ているんですが、お友達はもう疲れてリタイヤしたとフェイスブックにアップされてました。
お友達のフェイスブックによると、パパは今もゴールに向けて爆走中だそう(ゴール制限時刻18:07だそうです)。
「頑張れパパ!」と心で応援

長女も今日は好きな役者さんの舞台を観にいきました。
ついでに舞浜のボン・ヴォヤージュによって、発売になったばかりのディズニーハロウィーングッズを買ってくるそうです。

なので今日は次女とのんびりしています。
ふたりとも(長女もです)ヲタクなので、いっくら家にいても飽きることがないです。

わたしは今日はこんな格好です。
NocaUrsVg08OVf_1504339982_1504340037.png
アイフォンで着画をはじめて撮ってみました

いつもと同じ楽な格好(^^;)ですが(^^;)、見てほしいのは洋服じゃなくてアイフォンのカバーです

じゃ〜〜ん
ucN1DazEANwKvrQ1504340090_1504340137.jpg
大大大好きなミッキーのアイフォンカバー買いましたの

拡大
1.JPG
なんて素敵なんだろ


これは楽天で買いましたのよん

ミニーちゃんにプーさんやドナルドもあります


アイフォンse(5s)用買ったので、ぴったりはまって感激です(当たり前!?)
1 (2).JPG
めんどくさがりなので、留め具なないのも気に入ってるところです



ガラケーからスマホに変えてから、約1か月。

Lineに登録してみたら、さっそく中学飲み仲間のグループラインから招待が来たので、遅ればせながら入れてもらいました。

そのライングループ、わたし入れて9名なんですが(女5名、男4名)・・・

わたし、飲み会では普通にしゃべってるつもりなんですが、グループラインでの会話には今だに全然入れないでいます。

わたし以外は酒飲み大好きな集まりなので、何かというとラインでも「のもう!」「のもう!」ワイワイやってるので、ほとんど飲まないわたしは一歩引いてます(ランチなら好きなんだけどね)

そしてしょっちゅう誰かが「これ食べてるよ」とか「今飲み会してるよ」とかラインに入れてくるんですが、それにみんなして「いいなー」とか返してる。


ラインに慣れてないせいだかしれないけど、わたしそういうの苦手だーーー。
実際に「いいなー」とも思ってないしさ(性格悪いですね)。


なので、ラインに入ったときの「よろしくね」以外、一回もグループラインの会話に参加してません(そういうのわたしだけです)


今は遠巻きから、ひとこともしゃべらずグループラインを覗き読みしてる状態。

それでわたしってやっぱりコミュ障なのかなあと思いました。


そんなことを思いながらいたら、昨日はグループのひとりがうまく返事がかえってこなくて拗ねてるようでした。
「おーこわい!」と思いながら遠巻きに黙って見て(読んで)ました。

あーあー、こういうのも仲良しグループだからこそ起こるのかね。

こういうときは話に参加してないでよかったなあって思ってしまったよ。
ラインって便利だけど、チョーめんどくさいな!

いつもありがとうございます。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ
にほんブログ村




posted by yuri | 幸福論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月24日

「あー今日も楽しかった」と仕事から帰ってくる夫(夏ボーナスのこと)

前のブログに長女が今年も大学の病院でバイトをさせてもらうと書きましたが・・・

バイト希望の学生が多くて落ちてしまったそうです。

今日学校から帰ってきて「夏休み中バイトできるところあるかなあ」と他のバイト先を探そうとしてるみたいだけど、どうなることやら

現在、大学生の長女にはおこづかいはあげてません。
もちろん学校のお昼代(次女のお弁当があるときは長女の分もつくっている)、ガソリン代(わたしのカードで入れている)、わたしと行くディズニー代、あと多少の洋服代は出してあげてますが、お友達と行くディズニー代、遊び代は長女がバイトしたお金でやってもらっています。

夏休み、バイトしないでわたしらとのんべんだらりんとしてもかまわないけど、だからといっておこづかいはあげないので、遊ぶお金が欲しいなら自分でバイト探してくださいな(きびしいのら〜)。


話は変わってこないだパパのボーナスが出ました

手取り114万。

わたしが一年パートしたとしても取れない金額!!
本当に本当にありがたいです!!

パパとは同じ職場で知り合い結婚しました。

パパが会社のことで自信喪失し、やめようとしたこともあります。
悩んでる期間が2年ぐらいあったのかな。

このブログを書き始めたころはまさにその頃で、家には重苦しい空気が流れていました(長女が学校で泣いてしまったり)。
パパはモルディブ旅行から帰ったら会社にやめると言うと言ってました。

そのころのわたしは毎日「今日こそはパパが元気に帰ってきますように」とひたすら祈っていました。

その後いろいろあって(結婚前に同じ会社に勤めていたわたしが大活躍しました)、パパの気持ちが前向きに変わり「ママのためにもう一回がんばってみるよ。やってみてそれでダメならやめればいいよね」って言ってくれて、会社をやめずに今に至っています。

今はあのときの自信がなかったパパがウソのように、「あー今日も仕事楽しかった」と言いながら笑顔いっぱいで帰ってきます。
ありがたいと思います。



ボーナスの使い道ですが、いつものように両親におこづかいをあげ、義理父をお寿司食べに連れていきます。

あとは長女の後期の学費の分をとっておかねば。
あとパパとわたしのガラケーが10年も使ってて電池がもたなくなってるので、この夏スマホ二台買う予定です。


あとは・・・・

もちろん秋からのディズニーにとっておかなければね
ミッキー待っててね
あー楽しみです

パパにおこづかいは特にあげませんが、「パパって本当に頼もしいわね」と褒め言葉をしょっちゅうプレゼント!?しています。

パパ、わたしのために、毎日お仕事本当にありがとうございます

いつもありがとうございます。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ
にほんブログ村





posted by yuri | 幸福論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月06日

人は変わるもの

先日高校からの友達Y子のおうちに遊びに行きました。

Y子とは高校から社会人と仲良くしていて、子供が生まれてからもお互いの子供の年齢が近かったので、毎日一緒に公園に行ったりしていました。

が、上の子が中学生ぐらいになったらY子はパートで働くことになったので、なかなか会えなくなりました。
最後に会ったのは数年前にランチしたときかな。

こないだ偶然スーパーでY子会ったんですが、一年半前に車でおかまをほられてしまい、体のしびれで仕事もやめていたことを聞きました。

わたしはY子がそんなことになっているとは知らなかったのでびっくりしました。

スーパーで会ったときは元気がなさそうでしたが、それでも「今はずっと家にいるから遊びに来なよ」と言ってくれたので、久々にY子のおうちに遊びに行きました。

Y子に「そんなことになってたの全然知らなかったよ」って言ったら、事故で体の具合が悪くなってから、ものすごく気持ちがふさいでしまって誰にも連絡しないでいたって。
本当につらいときは誰にも会いたくない気持ち、わたしも義理親との同居で悩んでるときそうだったのでわかりました。

今は少し調子がよくなってきたそうで、最近やっと人にも会えるようになったって。
それを聞いて安心しました。


Y子と昔の話になって、「ゆりちゃんさ、昔よく「人はなんで子供を産むんだろう」ってそんなことばっかり言ってたよね(まだ子供がいないとき)」って言われました。

昔自分がそんなことを思ってたこと忘れてたけど、Y子に言われて思い出しました。


自分の楽しみを子供を産んだらできなくなるのに、子供ってなんで産むんだろうって。
それでケチなわたしは子供にお金がかかるから欲しくないなあって思ってました。

こう書いてみると、なんて自分本位でわがままな女だなあって思うけど、今の出生率の低下もこんなところだと思います。


が、案ずるより産むがやすしとはまさにこのことね。

今長女はわたしが金銭的な理由で行かせてもらえなかった大学に行かせてるし、娘と一緒に行くディズニーにはまって去年から100万円以上ディズニーにつぎこんでる。
お金はザルのようになくなっていくけど、今、こどもを産まなければよかったなんてこれっぽっちも思っていません(お金がなくなるのはやっぱりいやだけど(^^;))

そして今のわたしの一番の楽しみのディズニー、この楽しみ、感動、言葉に言い表せないものは、娘たちがいたからこそ味わえているものだと思います。


Y子に言われて、人って変わるんだなあってつくづく思いました。


それでY子に「わたし最近ディズニーでお金使いすぎてるから、少し行くの控えようと思ってるんだ」って言ったら、「ゆりちゃん、わたしは体がこうなってから「どこどこに行きたい!」とか「何かがしたい!」って思う気持ちってものすごく大事だと思うんだよ。だって体の具合が悪いと「何かしたい」っていう気持ちも起こらないんだよ。お金はかかったとしてもその行きたい気持ちを大事にしたほうがいいよ!」と言われました。

Y子にそう助言されたことを素直に受け入れ、さっそくアンバサダーホテルのシェフミッキーの予約にトライ(夏のパークは暑くてつらいので)!
いつものごとく怒涛のキャンセル拾いに成功(すごい母ちゃん)し、娘たちと行くことになりましたー(急なシェフミ宣言に娘ら大喜びです)!!

我が家はまだボーナス前だというのに、あのケチケチなわたしはいったいどこへ行ってしまったのでしょう?(カード払いにしますが)。

でも友達に「行きたいっていう気持ちを大事にしな」と言われて本当にそうだと思ったし、子供になんて産みたくない、子供にお金かけたくない!って思ってたのに、今ではこんなになってしまった自分が好きです


ウォルト・ディズニー
「人生の素晴らしい瞬間というのは、自分一人のためよりも、愛する者たちのために行ったことに結びついている」


いつもありがとうございます。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ
にほんブログ村





posted by yuri | 幸福論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月03日

何が人の役にたつかわからないという話

今日はあつーーーい

我が家も昨日はじめて冷房をつけました。

寝室のエアコンが壊れていて、去年から買ってませんでしたが、やっと先々週末に買いにいって、先週取り付けてもらったのでセーフ!?で間に合いました。
ちなみにコジマ電気で39800円のやつ。
冷房のみしか使えないタイプで一番安かった。
うちは冬はファンヒーターで暖房はついてなくていいのでその安いのにしました。

が、取り付けに1万円、取り外し1万円、廃棄にいくらいくらと結局6万以上かかってしまいました(涙)
お高いわねー



義理父はどうもわたしに怒られて、ひねくれてるみたいです。
もともと怖い顔が鬼のようになっています(^^;)

ちょっといやな感じがしますが、それまで毎日何だーかんだーと頼みに来られて大変だったのに来なくなったので、わたしはかえってとても楽です。
これから義理父が普通に来たらわたしも普通には接しようとは思っていますが、こっちからわざわざ気を使ったりはしなくてもいいかなと思っています(放っておきます)。



話は変わって先週、中学の友達いつものメンバー!?四人でランチしました。

新婚のTちゃんは49歳にしてはじめての家事でとても悩んでいました。
Tちゃんはまじめなので何事も「手抜きしないでやらなければ!」って自分を追い込んでしまって疲れていました(仕事もしています)

それでベテラン主婦!?のわたしたちにいろいろ質問してきました。

Tちゃん、毎朝旦那さんにお弁当を作ってるそうなんですが、朝ご飯のおかずとお弁当のおかず、そして夕飯と必ず違うおかずを作っていて、それで「毎日、朝、昼、晩と大変だ!大変だ!」と自分を追いつめていました。

わたし「そんなの同じおかずでいいじゃん。そんなことどうだっていいことだわ」
Yちゃん「わたしも結婚したばっかりのころはそう思ってがんばってたけど、2年でやめたわ」

それでアイロンも「かけなきゃ!かけなきゃ!」と思いながらも、忙しくてかけられずたまってしまうと、「あーわたしってダメな主婦だ−」と落ち込むって。

Yちゃん「アイロンなんてかけないですむようにパン!パン!って干してるよ」

わたし「わたしは実はアイロン大好きなの。なんでかっていうと好きなテレビを見ながらかけてるからよ。「アイロンかけなきゃ」っていうより、「あーテレビみよー」って思ってるから毎日楽しみなんだ」

などと、ぐうたら家事のすすめ!?を伝授。


またTちゃん、旦那さんにHをはじめて断られたそうですごく傷ついたって。

これはわたし以外のふたりは旦那嫌いでHなんてしたくないから、参考にならない。

それでわたしの出番!?です。

「わたしはパパからのお誘いは100パーセント断らないのに、わたしから誘うと90パーセント以上の確率で断られるのよ。前に「なんで自分がしたいときはすべてかなえてもらってるのに、わたしから言うと断るの!ずるいでしょ!」って言ったら、「男と女は体が違うんだ」って言われたのよ。「女の人はその気がなくてもできるけど、男はその気にならないとできないから」だって」

みんな「それって男のわがままじゃん!!」って言ったけど、わたしはパパに言われて本当にそのとおりだよなあって思ったんです。

それでTちゃんに「それからは(自分から誘うの)あきらめたの?」って聞かれたので、「うん。だって90パーセント断られるからねー(あっ、でも夕べ誘ってみたら(懲りないわたし)受けてくれたわ)。それより向こうがしたくなるのを待てばいいのよ。だいだいのサイクルわかってるし」
一同「なるほどねえ!!」

そんなことを話した次の日に、Tちゃんからメールがありました。
結婚してからの悩みをみんなに聞いてもらってアドバイスしてもらったことで気が楽になったそうで、特にわたしのHのアドバイスを聞いて、すご〜〜くホッとして、肩の力が抜けたそうです。
「ホントにありがとう、これからも仲良くしてね」と送ってくれました。

わたしのこんなアドバイスがTちゃんの参考になったみたいですごくうれしかったです。
自分では大したことじゃないと思っていても、相手にとってはとても参考になった!!っていうことってすごいあって、それが人と付き合う醍醐味ともいえるでしょう。

何が人の役にたつかわからないね。

いつもありがとうございます。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ
にほんブログ村





posted by yuri | 幸福論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月24日

Life is beautiful!

昨日は父が以前勤めていた職場での飲み会があり、送り迎えを頼まれました。

うちから実家までは車で五分(近くに嫁ぎました)、そこから飲み会の場所まで小一時間かかります。
夕方4時に迎えに来てほしいとのことだったので、昼のうちにカレーをつくっておき、それとカットきゅうり(手作りにんにく味噌につけて食べる)を用意して出かけました。

母も一緒に行くと言うので、三人で行きました。
父を飲みや屋さんの近くでおろし、家に帰ったのが6時でした。

また2時間後の8時に往復2時間かけてのお迎え(たいへんだー)
代行車っていう手もあったけど、どうせわたしらヒマ人だし、年に一回ぐらいの飲み会、家族に送り迎えしてもらいたかったのでしょう。

いったん家に帰るとパパが仕事から帰ってきました。

それで「これからじいちゃんを迎えに行くんじゃ俺も一緒に行くよ」って言ってくれたんです。

「ばあちゃんも一緒だから大丈夫だよ」って言ったんだけど、「ママ、眠くなったら危ないから」って言ってパパが運転して行ってくれることになりました。

パパこそ仕事で疲れてるだろうに・・・・本当に優しいなあと思いました。

また母を乗せて1時間かけて父を迎えに行き、飲み会がおわった父を乗せたら、わたしと母のふたりで来るとばかり思ってたのにパパが運転してるもんだから「あれー!○○ちゃん(パパ)も来てくれたのかあ、ありがとう!」とうれしそうでした。

ちょっと酔って気分がよくなってる父が「今日は「嫁に行った娘さんが迎えに来てくれるのーー?」って、みんなに驚かれちゃったよ」って言うので、「それどういう意味?わたしが優しいって言う意味?」って聞いたら「そうだよ。みんなに「普通嫁に行った娘が迎えになんて来てくれないよ」って言われたよ」と。

それで「じいちゃん、優しい娘がいてよかったねえ」って言ったら「うん!!!本当にじいちゃんはしあわせだなあって思うよ」としみじみと言ってくれました。
「わたしも頼んだわけじゃないのに「一緒に行くよ」って来てくれる優しいパパがいて、本当にしあわせだよ」って言ったら、父が「本当だよねえ。みんなしあわせだねえ」って。
それを聞いてる母もニコニコで(*^-^*)

わたしは本当にうれしかったです。
親からしあわせだと言ってもらえて、もう私の人生これでよかったんだーーって思いました。

仕事をやめるまでずっと彼女がいた父。
母とも冷えきった夫婦でしたが、今ではそれがうそのようです。
戻ってきた父を許した母もえらいし、母は父を許したからこそ、今お金に苦労しないで老後の生活ができてるわけで。
許すことって本当に素晴らしいことだと思います。


お父さん、お母さんに許してもらえて、みんなに優しくもらえてしあわせね

そしてわたしも家族がみんな優しくてしあわせ。

家に帰って「パパ今日はありがとう。パパって本当に優しいね」って言ったら「それはママが優しいからだよ」って。
ありがとう、優しさも連鎖していくんだね。


そして誰かに「しあわせ」って言ってもらえるのって最高!

わたしはパパに「(パパと結婚して)わたしはしあわせ」って言ってるってこないだ親友に言ったら、「ゆりちゃん、それ最高の褒め言葉だね」って言われたけど、本当だと思いました。

こんなにしあわせな気持ちになるんじゃ、パパだけじゃなく娘たちにも「(あなたがいて)ママはすごくしあわせだよー」ってたくさん言っていこうと思いました。

いつもありがとうございます。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ
にほんブログ村







posted by yuri | 幸福論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月19日

スピリチュアルな生き方を妨げているのは、まさかの

ディズニーだった。

わたしは10年以上も前から、毎日瞑想などをして、気持ちを穏やかに保とうとしています。

が、

最近どうもダメです。
自分の気持ちがとても欲深で、スピリチュアルな気づきを忘れます。

つくづく瞑想って、やってる月日の長さじゃないんだなあって思います。


そしてそのスピリチュアルな気づきを忘れる大きな原因は、まさかの、あの大好きなディズニーなのです。

ディズニーに行くと、とてもしあわせで楽しい。
ああ満足だーと思っているけど、またすぐに行きたくなって、家でネットを見ながら、あれもしたい、このレストランに行きたいと欲がどんどんわいてきて、あげくのはてに我を失います。


ディズニーホテルでは、クリスマスシーズンの宿泊予約が始まりました。
五か月先の土曜は、日曜が予約日になります。

昨日、クリスマスイベント中のミラコスタを予約しようと11時ちょうどに予約サイトでためしてみましたが、あまりの混雑にサイトにも入れずじまい。

やっとこ予約サイトに入れたときには、すでにどこも満室になってました。
ヤフオクでミラコスタの宿泊権利を売ってる人もいるぐらいだから、うちのマシン(パソコン)ではとても手が出ない感じです。

こんな調子じゃあ、クリスマスイベント中の土曜の予約は無理でしょう(クリスマス近くなってからのキャンセル拾いでならとれるかもしれませんが)。

昨日は予約戦線に惨敗し、わたしはひどく落ち込んでしまいした。

「もうダメだあ」「もうダメだあ」と連発していたら、パパが

「その熱くなりすぎるのママの悪いくせだよ。あんまりこだわらないほうがいいよ。予約が取れなければそのときは日帰りでいけばいいんだよ」

と言われ、ハッとしました。

そうなんだよね。

今のままで十分しあわせだと思っているはずなのに、「ミラコスタに泊まりたい!それもハーバービューに!」と、どんどん欲深でわがままになってしまってる。

こうじゃなきゃやだ!と、どんどんスピリチュアルな気づきからはずれていってるのが自分でもわかります。


その反対に、気づきの道に近いのは・・・

実はあのいやな!?義理父の存在だったりするんです。


ブログにも書いてますが、うちの義理父は人の気持ちなど全然考えられないおやじです(断言!)

それで指先がきかないもんだから、わたしの都合なんて考えずになんでも頼みにくる。
「今すぐやってくろ!」なんつって、わたしはいつも畑を手伝わされます。
それも自分でできなくてやってもらってるくせに、こっまかいことにうーるさいんです。
やってもらったお礼も絶対言いません。

そういうとき、わたしはいつも畑で「無」になります。

「わたし」という思考をとめ、無になるしかない
それでスピリチュアルな気づきにつながります。

こないだパパに「あんなうるさく言われてよくママ腹立たないでやってあげられるね」って言われたので、

「わたし無になってるからね」って言いました。

そうじゃないと腹たってしょうがないから。


そして義理父から離れるとすぐ忘れて、またあたし、あたし!の好きなこと、(ディズニー欲とか)にもどってしまうんです。

楽しくてしょうがないけど心を乱すディズニー、いやなんだけど無になり心を乱さないで気づきを保とうとする義理父との関係。

これってどっちがいいんでしょうかね。

きっとどっちも悪いことではないのでしょう。
これが生きてるってことなんでしょうね。


ミラコスタの予約に惨敗した昨日の午後は、次女のリクエストで家族でショッピングモールへ行きました。
昨日はこんな格好で行きました。
1e1u0H18_ivD5Nn1497857701_1497857755.png

わたしは予約惨敗でテンパって頭痛が続いて、昨日から今日も鎮痛剤を飲み続けてる始末です(どんだけよね)。
おまけにやけ食いもしちゃって、せっかく減らした体重も戻っちゃう〜。
スピリチュアルな気づき(プレゼンスとも言います)から、かけ離れていってます。

よく考えてみれば、こうやって休日に家族で出かけられるって、すごくしあわせなことなのにね。

少し頭と我を落ち着けなければだめね。
予約とれなくても、十分しあわせなんだってね。

いつもありがとうございます。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ
にほんブログ村





posted by yuri | 幸福論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月03日

スッキリした目覚めをサポート♪大塚製薬「賢者の快眠 睡眠リズムサポート」


大塚製薬から新発売、睡眠の質を高めてくれる「賢者の快眠 睡眠リズムサポート」をご紹介いたします

「賢者の快眠 睡眠リズムサポート」は、アスパラプロリン他が含有されており、睡眠の質を高め、スッキリした目覚め感をサポートしてくれる機能性表示食品です。

アスパラプロリンなんて、聞きなれない言葉ですが、アスパラガスの茎の部分に睡眠の質に有効な成分があるのだそう!
アスパラプロリンは特別な製法にて抽出しており、ただアスパラを食べても摂取することはできないそうです(残念)

アスパラガス由来含プロリン-3-アルキルジケトピペラジン(シクロ(L-ロイシル-L-プロリル)の他、シクロ(L-フェニルアラニル-L-プロリル)、シクロ(L-チロシル-L-プロリル)として)が含まれており、就寝・起床リズムを整えることにより睡眠の質を高めることや、休日明けの心の健康の維持をサポートしてくれます。


形状は顆粒タイプになっていて、とても飲みやすく考えられています。
グレープフルーツ味で、スティックタイプのこちらを1日1包、就寝前にそのまま、もしくはお水と一緒に飲めばいいのだそうです。

睡眠ってとても大事。
毎日スッキリ目覚めたいものです。
毎日忙しくて疲れがなかなかとれない方、睡眠時間が少ないかたは一度お試ししてはいかがでしょうか。

只今大塚製薬では「賢者の快眠 睡眠リズムサポート」の500円特別モニターを実施中です

約2週間分だそうです。

朝の目覚めが気になる方は、約2週間分の「賢者の快眠」をサイトでぜひ一度ご確認くださいね

大塚製薬のキャンペーンに参加中[PR]です

いつもありがとうございます。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ
にほんブログ村




posted by yuri | 幸福論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月29日

「なんで働かないでやってけるの?」と聞かれました(中学時代の友人たちとランチ♪)

先週、中学時代の友達、いつもの四人!?でランチしました

ランチにはこんな格好で行きました。
mdi1D9A7wjApntW1496043429_1496043514.png

このワンピースは、近所のママ友ちゃんからのおさがりでいただいたものです

8H7ytFwSObBIVT_1496043535_1496043583.jpg
なんか先々週、高校時代の親友とランチした格好に似てますが・・

先々週のランチの似た格好(^^;)
xB3xnIEKv7GjFWi1495442077_1495442169.png
カーディガン、ワンピース共、色感じは似てるけど別のものですー。


中学の友人たちとは、春になってからはじめてのランチになりました。

Yちゃんちの長女ちゃんが高3に進級し、次女ちゃんがこないだ高校入学になりました。
ふたりともうちの次女と同じ高校です。
せっかくYちゃんと同じ学校のPTAになっても、ランチでは会ってるけど、学校では一回も会ったことはないという(高校ってそんなものよね)。

Yちゃんちの長女ちゃんですが、高3なので大学受験になります。

そして、うちの娘たちと同じく看護師希望なのだそうです。

それで私大看護学部の授業料が高いってことがわかったみたいで、Yちゃんに「ゆりちゃんに会ったら聞こうと思ってたんだけど、なんで働かないでやってけるの?授業料高いのに、それが不思議なんだよ」っだって。

Yちゃんも子供が小さいうちは専業主婦だったので、よくYちゃんちで遊んでいたんですが、今やパートに出てバリバリ働いてます。
子供が大きくなるにつれ、お金もかかるようになってきてパートではたらかなくてはやってけないそうです。

うちのパパもYちゃんちと同じ普通の会社員なのに、今だにわたしがのんべんだらりんと働かないでよくやってけるなと思ってるみたい。

「それはみんなと同じことしてないからだよ。だって今日乗ってきた車だってお父さんから借りてる車だし、スマホだってもってないじゃん」って答えました。

要はみんなと同じようにぜいたく!?しないこと(最近はディズニーというぜいたくをしだしたが)

わたしは車がぼろくても動けばそれでいいし(それも親の車を借りてる状態)、みんながスマホ見てるときに自分だけなくても「わたしガラケーだから見られないわー」と気にしない、服だってリサイクル品だって全然かまいません。
みんなみたいに子供を塾にも行かせたことないしね(中学まではわたしが教えた)

そんなお金のために働くならば、みんなと違ってもお金かけないで家でテレビでも見ながらゆっくりしていたほうがいいんです(これはあくまでもわたしの性格です)


というわけで、今日もディズニーのサイト見て過ごしました。
人から見たらお金も生まず、もったいないわーって思うでしょう。

でもそれだけで行った気分になれて、毎日がすっごい楽しいです(実際に行ってみると疲れるしね(^^;))

いつもありがとうございます。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ
にほんブログ村





posted by yuri | 幸福論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月26日

いちご摘み(家族に好かれなかったら)

今日はいちご農家の次女のママ友から「いちごもう終わりだから摘みにおいで!」と誘ってもらったので、行ってきました。

いちご摘みはこんな格好で
v8O3nJZMdGwvN7c1495798361_1495798423.png
ジャージで行こうかなとも思いましたが、午前中に歯医者さんの予約が入っていたのでどちらにも通用する!?スカーチョ(パパいわくモンペ)で行きました(着替えるのめんどくさいんだもん(^^;))

今日は、わたしと一緒に誘ってもらったママ友も来て、三人でいちごを摘みました。
久々の再会でした

いちごをもらえるのはもちろんうれしいけど、次女が卒業して一年以上たつのにまた誘ってもらえたことがうれしかったです
せっかく近くに住んでいるんだし、ずっとつきあっていけたらいいな

いちごたくさんもらってきました
いちご摘んだ足で実家に二箱おいてきたあとでも、こんなに残ってます
1 (2).JPG
ジャムでもつくろうか、冷凍しようか


今日一緒にいちご摘みに来たママ友は、長女ちゃんが東京の短大に入学して、この春家を出たそうなんですが、いまだに許さないとすごく怒ってました(母娘、昔からすごく仲悪くて、ママ友は長女ちゃんに「高校出たら就職しろ!」と言っていた)

わたしが「もう仲良くしたほうがいいよー」って言っても「もう家にも絶対帰って来させない!」と言ってました。


自分が産んだ娘なんだからかわいいはずだし、大切なはずなのに、昔からのボタンのかけちがえの繰り返しで、やさしいことが言えずに絶縁状態になってしまってる。

高校生の妹(次女の同級生)とも旦那さんとも同じようで「もう今やうちは家族全員断絶状態よ!」と言ってました。

それでしあわせかというと、彼女いわく「毎日なんにも楽しいことなんかないわよ!」だそうだ。

わたしが「素直に優しい言葉をかけてみなよ」って言ったら「絶対やだ!」。
文句はちゃーんと言うのにね。


家族ってちょっとした素直な優しいことばですごくうまくいくのにもったいないないなと思いました。

わたしは今や大きくなった娘にも「○ちゃんって本当にかわいいねえ」って、いまだに恥ずかしげもなく言っちゃいます。

昨日パパには「パパって本当に世界で一番だと思うよ(わたしにとってはですよ)」って言いました。
そしたらパパは「俺もママのことおなじに思ってるよ」って言ってくれました。

うれしくなってパパに「ねえ!どこが一番だと思ってるの?わたしのどこが一番なのーーーー?」って聞いたら(すぐ調子にのる)「やさしいところ」だとか、やっぱり見た目ではないのね(当たり前)

悪い言葉も「売り言葉に買い言葉」なら、良い言葉も同じです。
こんなひとことで家族はものすごく変わっていくんです。


ただ彼女から見ると、わたしは子離れできないのがダメみたい。

ディズニーの予約サイトに張り付いてることも、こないだ親友には「ゆりちゃん、良いお母さんだねえ」って褒めてもらえたけど、今日彼女からはあきれられて「いい加減、子離れしなよ」と忠告されました。

と、ひとに忠告されても、わたしは子どもに嫌がられるまで、わざわざ子離れしようとも思わないです。
だって大好きなんだもの!
家族仲悪くて子離れが楽なのより、家族仲良しで子離れで泣くほうがいいです。


スヌーピーの名言
ライナス「もし一生懸命働いて、欲しかったものを全部手に入れたら、満足かな?」
スヌーピー「飼っている犬に好かれなかったらむなしいね・・・・」


いつもありがとうございます。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ
にほんブログ村




posted by yuri | 幸福論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月13日

低すぎる望み

前に家族でテレビを見ていたら、福原愛さんのオリンピックでの卓球の試合で起きたことをやってました。
なんでも、卓球は相手を0点で負かしたらいけないという暗黙のルールがあって、0点で抑えられる試合だとしても、わざと一回は負けて相手に1点を入れてあげてから勝つそうなんです。
愛ちゃんが(故意ではなく)相手をゼロ点で抑えてしまった試合のときに、相手側からブーイングされたということをやってました。

「相手を0点で負けさせないって、卓球って優しいスポーツなんだねえ」て、すごく感心してしまいました。

わたし中学時は卓球部だったけど、そんな暗黙のルール知らんかったー!

うちのふたりの娘も中学時は卓球部でした。
やりたかったわけでもなく、中学では絶対なにかの部活に入らなくちゃならないので、一番楽そうなのを選んだという(三人とも(^^;))
ちなみにパパは中学、高校と剣道部でした。

そして当時の卓球してたころの思い出話になりました。
「ママ卓球の試合(一応レギュラーでした)で、一回も「相手に勝とう」なんて思ったことなかったよ。どうせ負けるだろうなあって思って試合して、望みは「(恥ずかしすぎるから)0点で負けませんように」だったわ」
って言うと、娘たちは「わたしだってそんなふうに思ったことないよ。一応は「勝ちたいな」って思いながら試合してたわ!」
もちろんパパも剣道で「勝ちたい」と思って試合に臨んでいたそうです。


またわたしは足も遅いんですが、足が遅い人だって「できればビリにはなりたくない」って思うものだと思う。
でもその当時のわたしの望みは「(恥ずかしすぎるから)ビリから二番目の人と差がそんなにつきませんように」でした。
走る前からビリを想定してるんです。
はじめからそんな負けの気持ちでかけるもんだから、足ももつれて前にでず、その低〜い望みも無残にやぶれ、ビリから二番目の人からすごい差をつけられてビリになってたわ(すごい恥ずかしかった)

そんなんで、何事をするにも先に気持ちが負けていたと思う。
「自分なんて」っていう思いが強くて、高い望みなんて持ったことがほとんどありませんでした。



勝負もそうだけど、旦那さん(彼氏)の浮気で怒れる人のこともすごいなあっても思います。
よく怒れるな、自分に自信あるんだなあって思う。

わたしが相手に浮気されたら・・・こんな自分より違う人のがいいんだろうなって思う。

幸いにパパが浮気したってことは今までないのですが、前につきあってた彼氏はふたりとも浮気して、ふたりとも女性といるところを目撃しました。

すごいショックだったけど、そのとき静か〜〜〜〜に(気づかれないように)その場から去りました。
「やっぱりわたしなんかじゃダメだよね」って、自分に自信ないから、相手や女性を怒るなんて考えられなかった。

ふたりを怒るどころか、その男に言った言葉が「その人と付き合ってもいいから、二か月に一回でもいいからわたしとも会ってほしい。(言っておくけど、ちゃんとわたし彼女だったのよ)」
相手は「それでもいいならいいよ」って言った(そのあげくにフラれるという)

今思う。
どんだけ自分を卑下するんじゃああああああい!!!
もっと自分に自信をもてよって!!

これはほんの一例です。
ホントにわたしって自己卑下感で低い望みしかもってなかったなあって思います。


今は普通になったと思いたい。

変えてくれたのは「パパです」って言いたいけど、パパじゃあありません。

パパと結婚してからも自分はダメだと思っていて、誰かがパパを「いい旦那さんだね」って褒めるたびに、言われてもないのに「それに比べてわたしはだめね」って落ち込んでいた(今はパパが褒められると、「わたしが伸ばしたんじゃい!」と得意気になります♪)


この強い自己卑下感を変えられたのは、スピリチュアルの本に出会って、誰もみんな同じだってわかったからです。
そして自分を変えようと努力したからです。

でも今もしパパが浮気したら、怒るかと言えば・・・やっぱり怒るより沈む(落ち込む)ような気はします。


スピリチュアルって信じてなくても生きられるけど、信じられる体質(信じられる体質ってあると思う)なら信じたほうがしあわせになれると思う。

スピリチュアルの本は、江原啓之さんの本からいろいろ読んで、今一番好きなのがルパートスパイラっていう人です。
あとエックハルト・トールさんも好きです。

スピリチュアルって、要はみんな同じことを言ってます。

わたしはいつもルパートさんのユーチューブみて、深呼吸しています。
真の自分は身体じゃなくてyuriってもんじゃなくて(もちろんそうでもあるが)、ホントはひとつの在るものだって。
そう気づくと、なんとも言えないしあわせな気持ちになります。

ルパートスパイラさんの大好きな動画です。

信じてない人がみたら、「頭おかしいんじゃない!」って言われるような話だけど、わたしは心底、魂底信じています。
しあわせって自分が決めることなら、しあわせになる考えしたほうがいいもの。

人生ってすばらしい「life is beautiful!」なんだよね

いつもありがとうございます。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ
にほんブログ村





posted by yuri | 幸福論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

セブン&アイとファンケルのコラボ♪「ボタニカルフォース 美容オイルクレンジング」


「ボタニカルフォース 美容オイルクレンジング」をお試しさせていただきました
ありがとうございます

「ボタニカルフォース 美容オイルクレンジング」
1.JPG
120mL(約60回分) 1,458円(税込)

この「ボタニカルシリーズ」は、「ファンケル」がプロデュースするセブン&アイ限定のスキンケアシリーズなんです。
ファンケルとセブン&アイが組んだら最強だね

パッケージにもセブン&アイの文字がしっかり!
1 (2).JPG
防腐剤無添加は、さすがファンケル

メイクも毛穴汚れもすっきりオフしてくれるメイク落とし「ボタニカルフォース 美容オイルクレンジング」
1 (3).JPG
グリーンのナチュラルなイメージなボトルも素敵

ボタニカルフォースシリーズには、アルガンオイルとローズヒップが含まれていてとってもリッチ
1 (4).JPG
ファンケルコラボの商品なので、防腐剤、合成香料、着色料を配合されていません。

わたしが気にいってるのが香りです。
天然精油のラベンダーの香りなんですが、すんごくいい香りで癒されます

肝心の汚れ落ちだって、ファンケルがプロデュースしてるだけあって文句なし!!
ポイントメイクまでしっかり落としてくれ、洗い上りもつっぱったりかさついたりもしません

お値段もお手頃価格だし、近くのセブンイレブンで買えるって素晴らしいです

セブン&アイ・ホールディングスのキャンペーンに参加中[PR]です

いつもありがとうございます。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ
にほんブログ村




posted by yuri | 幸福論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月14日

恵まれてることに気づかされた

来週伊豆で行われる自転車のイベントにパパは申し込んでます。

パパから「ママ、一緒に行こうよ」と誘われて、「ホテルに泊まると具合が悪くなるからやだ(こどもか)」って言ったら、「じゃあ車中泊にしよう」と言われて、わたしも一緒に行くことになっています(宿はとってない状態)。

娘たちはもう大きいからお留守番でもいいとして(誘ったけど行かないってさ)・・・
土曜日に出発して車中泊したら、日曜日パパは朝っから晩まで自転車で山登りする大会みたいなんです(だったらうちの近くの山でも登ってりゃあいいのに)。

わたし一日一体何してりゃええの?
だったらわたし娘とディズニー行きたいわ!(結局コレなのよね、ディズニーホテルだったら泊まり苦手だけどお泊りもするわ



今日はパパは会社の上司様に誘われ飲みに行くので、わたしは送り迎えを頼まれていました。
朝会社まで送っていきながら「わたしやっぱり伊豆は行かない!」って言いました。

最初パパは「えー!行こうよー」って言ってたんですけど、わたしがあまりに「だって行きたくないもの!わたし何して時間つぶせばいいのよ(だったらディズニー行きたいよ)」って言ってたら

「わかったよ!!俺ひとりで行ってくるからいいよ!」とパパ投げやりに言い放ち、険悪なムードになってしまいました。


会社の通り道に保育園があります。
保育園の駐車場から小さな赤ちゃんを抱いて、保育園へ走りながら駆け込んで行くお母さんたちが見えました。

「あのお母さんたち、赤ちゃん抱いて駆け足で預けて、今から仕事に行くんだね。大変だね」ってわたしが言ったら、「駆け込んでくお母さんよく見るよ」ってパパ。

ハッとした。

こんなにのんびりさせてもらってるのは誰のおかげよ。

パパがわたしらのために一生懸命働いてくれてるからじゃん。
そんでディズニーホテルまで泊まらせてもらってさ。

わがままでごめんね。



わがままだけど素直なのがわたしのいいところ(と自分で言う)

「パパ!わたし毎日のんびりさせてもらって自分がどんだけありがたいとこにいるかわかったよ!今日はパパを送ってきてお母さんたちを見られたからだわ。わたしやっぱりパパと伊豆一緒に行くよ!」って言いました。
「うん!一緒に行こうよー」ってパパ。


のんびりしすぎて井の中の蛙だったわたし。
自分が好きなディズニーのことばっか考えてるあほんだら。

わたし自分のもってるしあわせに気づいてるつもりで気づいてなかったよ。

しゃーない。一日やることないけど海でも見てっか。
海見ながら瞑想でもしてっかな

今日は上司さんとの飲み会、遅くなるよーってパパ。
夜はお迎えに行って(結構遠くて片道一時間弱ぐらい)、みなさんを乗せてきます。
毎日遊ばせて(だらだらさせて)もらってるからね、せめてこのぐらいはしないとね(^^;)


こないだの寒かった夜、ストーブの灯油ももうなかったので部屋をあったかくするのも兼ねて、「お助けネギ鍋」っていうのを作りました。
ネギがいっぱいありすぎたのでクックパッドで検索して見つけたメニューなんですけど、これが家族に大好評でした!
foodpic7634273 (1).jpg
「お助け」とは節約メニューのようです(うちはネギもタダ)。
わたしはきのことちくわとマロニーちゃんも家にあったので入れましたが、クックパッドでは野菜はネギのみのお鍋です。

今まで鍋ってたくさん野菜を用意してつくってたけど、ネギだけのがおいしいかもー
なんてたって作るの楽だし!
foodpic7634046.jpg
もう鍋の季節は終わりなので、次の冬シーズンにまた作ろうと思っています

いつもありがとうございます。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ
にほんブログ村





posted by yuri | 幸福論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月02日

えっ!?わたしがいい嫁だってさ

今日は家族四人で出かけました。
ショッピングモールを中心に、ホームセンターやリサイクルショップなどが集まっているところです。

娘たちをショッピングモールにおろして、わたしとパパはお隣のリサイクルショップに
わたしがお店で見ている間、午前中自転車乗りでお疲れのパパは車のなかでお昼寝です(^^;)

ひさびさに服みたー(中古だけど)
そのなかで買ってもいいかなって思ったのが、スカーチョ(スカンツ)。
ディズニーにもいいなあって思って、新古でお値段も安かったので買っちゃうか!って思ったんだけど、そういう形が嫌い(正真正銘!?のスカート好き)なパパに嫌がられるかなあと思って結局買いませんでした。

車にもどってパパに言ったら、案の定「スカーチョなんて買わなくていいよ」って言われた。
やっぱりはやまらなくてよかったわ(^^;)

パパ、こういうピタっとしたズボンはきらいじゃないんだけど(なかなかうるさいのよ)
jpmYxNvE9KuPJLo1491135947_1491136011.png
これはちょっと寒かった日の格好です。
ポンチョは次女が500円バーゲンで買ってきたものです



それはそうと、こないだのブログに義理父の悪口書いてましたが・・
今日は面白いことがありました。

今日は朝、町内会の公民館清掃だったんです。

近所のTさん(わたしよりちょっと年上)のお宅のお姑さん(婿取り)は、うちの義理父の同級生で、ふたりはよく話をしています。

今日はTさんが「うちのおばちゃんね、ゆりちゃんのこといつも褒めてんだよ」って言うので、「何を?」って聞いたら、うちの義理父がTさんのお姑さんに、「いつもゆりにボタンとめてもらってんだ」とかいろいろ世話してもらってるとかよく言ってるらしいんです。

近所の人に自分の家自慢かよ(だって実際はブログに書いてるとおりですもん)っても思うし、人に自慢するぐらいうれしいんなら、やってもらったときはわたしにお礼のことばのひとつぐらい言えよ!っても思ったけど、悪口言われるよりはいいやね。
ちょっとはいいとこあんじゃん。


内情はどうあれ!?毎日のように義理父の世話してるのは事実であーる。

なのでどうやらわたしは近所ですごく良い嫁様だと見られてるみたいなのであーる!

Tさんにも「よくやってるねえ。わたしじゃとてもできないよ」って言われました。
「だって毎日来るんだもん、「靴下履かしてくろ!」って言われたら断れないよお」って言ったら、「わたし無視しちゃう」だって。

どこも義理親とはあるよねえ。

Tさんのいやな気持ち、すごくわかります。
だってお姑さんに「誰誰さんちの嫁さんはこんなことしてくれて、ホントに良い嫁さんだなあ(一応これわたしね)」なんて言われたくないわよね。

わたしから見たら、Tさんのほうがずっとがんばってるもの。
ただがんばりすぎちゃって、よけいに相手(義理親)が嫌になるっていうのもあると思う。

だから良い嫁になんてなろうとしなくていいのよ!
そうやって思ってケンカしいしいやってきたら、知らないうちに良い嫁だと言われていたという話でした。
めでたし。

いつもありがとうございます。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ
にほんブログ村






posted by yuri | 幸福論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月31日

家が廃れるのをとめる・・因果の法則

この間うちの義理父が、前の家の木を植木屋に頼んで切っていました。

なんでほかのお宅の木を!
と思ってパパに聞いてもらったら、隣の家の人(独身のおじさん)に「木が道路に出るから切ってくれ」って言ったら「切ってもいいけど自分じゃ切れない」って言われ、義理父がお金を出して植木屋に切ってもらったと言ってたそうです。

でも「木が道路に出すぎてる」っていっても、わたしは気にしたこともなかったし、了解をもらったとはいえ、人んちの木にまで手をだす義理父をすごく傲慢だと思いました。

木は枝を切りおとすというより、幹の真ん中ぐらいからバッサリ切っていて、あげくのはてに切った木は隣の家の庭に置き去りにしてありました。

いつ片づけるのかと思いきや、ずーーっとそのまま庭は切り落とした木で山となったままなので、いつも気になっていました。

パパに「あの切った木、なんとかしてあげないと悪いよ。じいちゃんがそのままにするならパパがうちの畑にでももっていって燃やしてあげて」と頼んだんですが、パパはその件にかかわりたくないようで「親父が勝手にやったんだから知らない」といってました。

そしたら、この間の飲み会で近所の人に言われました。
「○○さん(義理父)、前のうちの木、切ったんだ?それもビニールハウスがかげるからだって!?」って。

ビニールハウスがかげるって・・・・(そう、一連の事件!?があったあのビニールハウスです。パパもわたしもビニールハウスのためとは知りませんでした)

ビニールハウスがかげるからって、前の家の木をばっさり切ったというのか(それもわたしにはそんなかげるとは思えない)!!

そしてその木を人の庭に置きっぱなしにしてるというのか!

自分が他人に同じことされたらどう思うのか、騒いで騒いで大変だろうに!

ホントにばかじゃないの!!!
義理父どこまで自分本位!自分のことしかかんがえないんだろう!!!!



こんなふうに自分のことしか考えられないバカげた義理父だから、いーーっつもわたしたちはいやな思いをさせられています。

でもその時は頭に来て怒っても、怒りや不満を長くもっていると自分に悪いこととなって降りかかってくるとわたしは知っているので、怒りをずっと持つことはしないで流すように努力しています。
そして言えば食ってかかってきてケンカになるので、義理父のやることに口をださず、勝手にさせておくようにしています。

でもね今回ばかりは、人のうちの木を切って、ゴミ(切った木)をそのままにして置いたままにしておくわけにはいかないと思いました。


わたしがやったわけじゃなくても、このことを放っておいたら、わたしの家が廃れていってしまうからです。

人にいやな思いをさせたら、絶対に家に返ってくるからです。

その証拠に義理父は数日後に軽トラを塀にぶつけてつぶし、何十万もだして買い替えるという痛手を受けている(それでもそのせいだと全然わかってないが)

そしてこのままにしておけば、もっともっと悪いことが起きるでしょう。。

だからパパに近所の人にとんでもないと思われていることを説明し、隣のゴミ(切った木)をきれいにしてあげてくれと頼みました。


そしたらパパも義理父を怒鳴りに行ってくれました(本当は怒鳴らないで説明したほうがよかったのでしょうが)。

パパが「あれは人んちにゴミを捨ててんのと同じだぞ!自分がやられたらどう思うんだよ!自分で人んちの木を切ったんだから、責任もってかたづけろよ!自分でかたづけられないんだったら、金払ってでも業者に頼んでもっていってもらえ!」と怒鳴ったら、義理父、パパになんていったと思います?

なんと「あんなバカかまねえんだ!」だって。

「おめえのがよっぽどもバカだろうが!」とパパ怒鳴ったそうです(わたしも激しく同意)

そしてこの家に義理父ひとりで住んでいるわけじゃないこと、娘たちも一緒に住んでいるのだからふざけたことをしないように言ったそうです。


そしたらパパが怒鳴った次の日、どうやったのかは知らないけど隣の家の庭のゴミ(切った木)はなくなっていました。

近所に非難されてると言われて、「しまった」と思って植木屋に頼んだのかも(わざわざ聞かない)
なにはともあれよかった。


わたしもこれでとりあえずはこの家に悪いことが起きることを避けられたと思い、今やっとホッとしています。

こういうのって見逃しがちですが、とても大事なことだと思っています。
どんなにいいことをしても努力しても、人に嫌な思いをさせたままではしあわせは来ないからです。


毎日いろんなことが起こります。

今日は義理父、びっこ引きながら来たので「どうしたの!?」って聞いたら、足の裏にとげが刺さったらしく、「足のとげぬいてくろ!」と言うので、次女と一緒に毛抜きで抜いてあげました(アレはアレ、コレはコレだからね)
まったくいつも手のかかるオヤジです。

いつもありがとうございます。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ
にほんブログ村





posted by yuri | 幸福論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする