2018年04月25日

DV夫婦!?それでも仲良しです(^^;)

今日はいつもの中学の友だち四人でランチでした

ランチはこんな格好で
K9ut3BgOjblIm201524644221_1524644254.jpg
レースなカーディガン

下はマキシなワンピースです
0fnVoRys5o2Xlbl1524644162_1524644195.jpg


四人のなかで、四月になって大きな変化があったのはYちゃんち。
大学入学になった長女ちゃんが家を出て寮生活になり、単身赴任していた旦那さんが戻ってきました。

Yちゃんいわく「(旦那が帰ってきちゃって)チョー最悪!」だそうです。

もともと旦那さんと仲よくなかったので、さぞけんかばっかりしてるのかと思いきや、けんかになるからお互い極力口をきかないのだそう。
同じくFちゃんも、腹がたつからできるだけ口きかようにしてるって言ってました。


わたしはおとといのブログに書いた旦那が抱いてくれなかった話をしました。

わたしがしばらく会えないからしたかったのに、男は感情よりも身体のあれサイクルなんだみたいなことを言われたって言ったら、「それでゆりちゃん怒ったの?」って聞くから、「全然怒んないよ。へーやっぱり男と女って体が違うんだなーって思ったよ」って言ったら、みんなして「優しいねー」だって。

えー!そうかー!?やさしいかー?
みんなが厳しすぎなんじゃないの?




って、言いながらわたしたち夫婦してお互いひどいことも言ってるよ。

パパはわたしにDVの典型である!?「俺が稼いでんだ!」ってよく言います。
そんなこと言われたってわたしぜーんぜん気にもしないけどさ(一応「ひっどーい」とかっては言うけど)


それでわたしだって負けてません。
こないだのブログの鵜飼いの話!?実はそのままパパに言ってます(^^;)

「パパは鵜なんだから魚飲み込まないで鵜飼いのわたしにいっぱいとってきてちょうだい!」って(こう書いてみると本当にひどい嫁ですね)

ハゲのこともいつも「しっかしツルッツルだわねー」って言っちゃう。

本当に失礼きわまりない言葉を言いあってる夫婦ですねー(^^;)

でも喧嘩のときに言うんじゃなくて、仲いいときに言ってるんだけどね。
わたしもパパの言葉に全然傷ついてないし、パパもわたしの失礼きわまりない言葉にも全然怒ってないと思う(「はい!がんばります!」なんて言うよ)



その代わりと言っちゃあなんだけど、褒めことばは人一倍(いや百倍だな)言ってます。

「パパありがとう」「パパと結婚してわたししあわせだよ」はしつこいほど言ってるし、パパもわたしのことをいろいろと褒めてくれます。

今朝だってラブラブLineしたわ
Ni6g0tRrC7wrokz1524644440_1524644489.png
せっかくの夫婦なんだもの、「愛してる」ってがんばって言ってみましょ


たとえ悪い言葉を言っても(でもどれも事実だもんね(^^;))、褒め言葉をその何倍も言えば夫婦は仲良しでいられるのかもしれません。

いつもありがとうございます。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ
にほんブログ村






posted by yuri | 幸福論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月21日

年はとりたくないけれど、うれしい言葉が身にしみます☆彡

こないだの木曜日に、元勤めていた会社の大好きな先輩と会いました

彼女は、自分さえよければいいと思って生きてたわたしに、生き方を考えさせてくれた人のひとりです。

同じ職場だったので(ちなみにパパも一緒でした♪)、彼女の生き方を間近で見られたことは、今のわたしがしあわせになれたことの大きなひとつだと断言できます。


木曜日は、また心がふれあうような素敵な時間を過ごしました

楽しい時間はあっという間で気づいたらもう5時すぎてるじゃないの!
家まで高速でも二時間かかります(これでも中間点で会ってです)

おかずもないし、この日はちょうどパパが食事会でいなかったので、めずらしく娘と三人で外食しました。

娘と外食なんてホント久しぶりでした(ディズニーリゾートのレストランは除く)


それで長女が行ったことがあるアメリカンチックなレストランへ行きました

ウインナコーヒーオシャレ
0.JPG

わたしはアメリカンなお肉を食べました。
1 (32).JPG
最近肥えてるんだけどねー、もういいかって(^^;)



来月で50歳になります。
年を重ねることが楽しみなんて言う人もいるけど、あれは果たして本心なんだろうかとわたしは思うわー。
わたしはやだよー。

身体が古くなっていくっていうことで、見た目も身体の健康や疲れも年とっていいことないんだもん。


あー50だなんてやだなあって思いますが、生きてるとうれしいこともありますね

こないだ義理妹(パパの弟の奥さん)が電話してきて、「わたし、おねえさんが大好きなんです!!」って言ってくれたんです。
「お義兄さんの奥さんがおねえさんで本当によかった!わたしおねえさんと本当の姉妹だったらいいのにってよく思うんですよ」と愛の告白!?されました

すごくうれしかったなー。
こんな風に言ってもらえて、ますます義理妹がかわいくなりました


そして木曜日にT子ちゃんと別れて家に帰ったら、こんなlineが来たんです!
1.PNG
その日も例にもれず!?T子ちゃんに、わたしがミッキーをどれだけ好きかを話してきたんですけど、そしたらT子ちゃんにとってのミッキーはわたしだなんて

この言葉読んで、もうぶっ倒れそうにうれしかったです。


身体は老いぼれていくけど、老いるからこそ余計、人からのこんな言葉が若いころよりもったいないほどうれしく感じるし、こころからありがたいなあと思います。


だからすごく今しあわせだなあって思います。

若いころと比べて、顔や身体、疲労度、やる気、エトセトラエトセトラは完全に負けてますが、しあわせは若いころよりダントツに勝ってます。

しあわせと若さは関係ないんだね



コメントをいただいていたゆきさんへ

ゆきさん、コメントしてくださっていたのですね。
今日気づきました。
遅ればせながらながらお返事入れました。
返信が大変遅くなってしまい、本当にごめんなさい。



いつもありがとうございます。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ
にほんブログ村






posted by yuri | 幸福論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月31日

中学時代の友達とランチ(それぞれの心のよりどころ)

中学時代のいつものメンバーでランチしました

ランチはこんな格好で
51SSVqKYbLrA1ZP1522295008_1522295036.jpg
ピンクの派手色カーディガンは、実は亡き祖母(母方)のもの。
祖母はもうそうとう前に亡くなってて、今まで考えたことなかったけど、形見になるのかな(^^;)。

そう思ってみると、今も毎日履いて寝てる、パジャマ替わりのジャージは亡き叔父さん(これは父方)の形見だな。
物持ち良すぎです(^^;)

下に着てるのはワンピースです
3cfmz9nUQsZZMJe1522294890_1522294925.jpg

ランチメンバーの中では卒業進学があったのは、Yちゃんのところ。
Yちゃんとこの長女ちゃんが高校を卒業し、地元の大学に進学です

進学するのは家から十分近い大学なのに(うちの長女よりずっと近いです!)家を出たいと言って、この春から一人暮らしするという。

うちの長女もFちゃんちの子も家から大学に通わせてるので、「よく(家から)出したわねえ」と言いました。

Yちゃん、今まで大事に育てた長女ちゃんが家を出ちゃうので、さぞさびしがってるだろうなーって思っていたけど、そうでもなさそうで、「べつに〜〜」とけろっとしていました。

Yちゃんには子ども同様にかわいがってるワンちゃんがいるので、そのワンちゃんがいるから淋しくないんだって。


またFちゃんちの娘(今度大学三年)にはおつきあいしている同じ大学の同級の彼氏がいるんですが、彼は青森出身で、大学を卒業したら青森に戻るそうなんです。

わたしが「青森は遠すぎるでしょ。青森に戻る前に別れたほうがいいよ(他人事なので好き勝手言ってる(^^;))!」って言ったら、Fちゃん「別に構わない。こないだも(娘に)「青森に行っていいからねー」って言ったんだ」っていう(娘ちゃんのほうが「ママそんな簡単に言わないでよーさびしいよ」って言ったって)

Fちゃんは大学まで家で一緒にいてほしいけど、そのあとは別にどこへ行こうが構わないんだって。

「えー!さびしいよお」ってわたしが言うと「わたしには○○会(中学の飲みグループ)があるから大丈夫!」だって。

その飲みグループにはわたしも入ってるんだけど、わたしはそんなの心のよりどころになんてとてもなりません。

わたしにとって、家族以外にこころのよりどころなんてないんだなー。


それで「ゆりちゃんはМちゃん(長女)が家を出たら、そうとう落ち込んでダメになっちゃうの、見ててわかるわ!」とみんなから言われてしまいました。


もうそれ(長女の就職)も目の前まで来ています。

今まで一緒にいるのが当たり前だった長女が家をでたら、自分がどんだけ落ち込むか(そうでもないのか)想像もつきません。

でも沙知代さんを失くした野村元監督じゃないけど、あまりのさびしさにダメになってしまったとしても、それだけ大事に想える人がいるってことは、とてもしあわせなことなのだと思います。

それにしてもみんなホントにさびしくないんかな。

いつもありがとうございます。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ
にほんブログ村





posted by yuri | 幸福論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月22日

しあわせは日々の生活の中に☆彡

3月8日からディズニー旅行のことばっかブログに書いてました(モニター記事もはさんでありますが)。

感動いっぱいでディズニーから帰ってきても、帰った次の日朝早くから義理父がピンポン「靴下はかしてくろ!」って来るしね〜〜、あたりまえですが、ブログに書いてることとは正反対のジミーな毎日が続いております。

ディズニー旅行はもちろん楽しかったし、また絶対に行こうと思っていますが、げっそりすることもある普段の日々に楽しみやしあわせを見つけています。


わたしの好きな歌に「 愛はかげろうのように」という歌があります。
こないだ「ホンマでっかTV」で、明石家さんまさんも一番大好きな歌だって言ってました。

すごくいい曲です。

この歌の歌詞がすごく深いなあって思うんです。
要約すると「たくさんのゴージャスな体験と恋愛経験をしてきた女性が、しあわせだって思ってやってきたけど、今でもしあわせがわからない。真実は普段の窮屈に見える暮らしの中にあるのよ」ような歌詞です(多分)。



昨日はお休みだった次女がクッキーを作ってくれました。
1 (7).JPG

去年ディズニーシーで買ったダッフィーたちのクッキー型で作ってくれました
1 (18).JPG

みーちゃんご馳走様
1 (21).JPG
ディズニーすごく楽しかったけど、何気ない普段の暮らしの中にたくさんのキラキラがあるね

いつもありがとうございます。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ
にほんブログ村





posted by yuri | 幸福論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月18日

パパ引くわたしは

このあいだパパとテレビを見てたら、野村元監督が亡くなった沙知代夫人のことを話されていました。
わがままで怖そうな沙知代さんですが(^^;)、やはり野村(元)監督もそう思ってたみたいです(^^;)

だけどご夫婦は仲良しで、野村監督は沙知代婦人をすごく愛されていました。

これはわたしの勝手な思い込みなんですが、野村監督って不愛想な感じだけど、奥さんの前だけは素直になることができて、他では見せない面を見せられたんじゃないかなーって思います(夜の方もきっとうまくいってたんだろうな

だからサッチーはわがままなところがあっても、野村監督は一緒にいてすごく居心地がよかったんだと思うんです。

夫婦って本当におもしろいなーと思います。
見た感じだけではわからないものがあるんです(逆もありますもんね)


なんでそう思うかっていうと、パパがそうだからです。
パパとはもともと同じ職場だったんですけど、無口でちょっと近寄りがたい感じでした。
でもわたしがパパにちょっかいを出して付き合うことになったとたんに180度変わってしまい、チョー甘んぼになってしまい、それまでのパパのイメージが崩れ落ちました。
それからずっと甘えんぼ。


ちょうどテレビをパパと一緒に見ていたので、「野村監督ってパパにすごく似てるね」って言ったら「うん、でもママはサッチーには似てないけどね」って言ってました。
わたしはサッチーのこと自分みたいだなと思いながらテレビ見てたので、ちょっと意外でしたけど(^^;)


番組で野村監督は「野村克也引く沙知代はゼロ」とおっしゃっていました。
なので「○○(パパの名前)引くわたしもゼロだわね」って言ったら(パパにはなんでも好きなことを言ってしまいます♪)「うん」って言ってました。


そんなパパの口癖!?は「あいつら(娘たちのこと)、早く寝ればいいのに!!」。
夕べも言ってたので、「もうすぐ50なのにパパはなんでそんなに元気なの?」って聞いたら「それは自転車乗ってるからだよ。会社じゃみーんな疲れ切ってるけど、俺は自転車乗ってるから元気がみなぎってるんだ。だから○○買って!!」って、お高い自転車のパーツをおねだりされてしまいました。

そう言われちゃ買ってやらんわけにはいかんわな。


それにしても野村元監督はやつれた感じで元気がありませんでした。
でも人生でそれほど愛する人と結婚できたことは、やっぱりしあわせなことだと思います

いつもありがとうございます。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ
にほんブログ村






posted by yuri | 幸福論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月16日

女に弱い男が好き

こないだのブログにパパがHになると、別人のようになることを書きました。

フラフラ!?になってしまうのに、コトの前はそんなことちっとも考えられないでウキウキであーる
そしてコトが済むと、「あー疲れたよー」と現実に戻るの繰り返しをもう20年以上やってる。

まったく懲りない人です。


発情期になるとメスを求めてさまよい歩き、死んだかと思ったころボロボロになって帰ってきていた実家のオス猫にそっくりです。

でもやっぱり人間っていっても動物の一種だから、男として正常なのだもと思う。

女は生理があるように、そういうのも男の生理なのでしょう。
すべて子孫を残すためかな。

だから男性が風俗のお店に行くときはお金のことなんて全然考えないでウキウキルンルンで行って、コトがすむとあれっぱかしでこんなにお金なくなった(そこに愛もないし)と、そこでハタと現実に戻されるんだろなーって想像できてしまいます。


でもそういう性質持ってるから、男性って女性に弱いっていうところがあるのだと思う。

ほら、ルパンが騙されても騙されても不二子ちゃんを許しちゃうようなところ。

もちろん我が家も例外ではありません。
いつもわたしが威張ってます(って、威張っていうことじゃあないわね(^^;))


レスな友達の話を聞くと、そういう許しゾーンがすごく少ない。
それでやさしさを出さなかったり、俺が正しい!わたしが正しい!ってなるから(全部がそうじゃないけど)。
正しいほうが勝ちじゃないことに気づけよー。

理屈で勝っても意味ないの!
仲良しが一番勝ち!?なのにね。

というわけで、やっぱり男はスケベで女性に弱いぐらいなほうがわたしは好きです。

やっぱり本当は強いのに女性には勝てない、ルパンみたいな人がいいですねー

いつもありがとうございます。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ
にほんブログ村




posted by yuri | 幸福論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月10日

専業主婦に対する考え

パパには毎朝仕事に行ってもらうとき「行ってらっしゃい」のハグをしていましたが、長女からもハグコール!?を受け、長女にも毎朝「行ってらっしゃい。今日もがんばってねえらいえらい(*^-^*)」とハグしてあげるようにしました。
そのたびにとてもうれしそうにしてくれます。

次女は忙しい朝にハグなぞしたくないかと思っていたんですが、ひとりだけしないのもなと思い、いやがられるのを覚悟で次女にも「行ってらっしゃい。えらいえらい(*^-^*)」と手をひろげてハグしたら、意外にも素直にしてうれしそうでした

ので、最近は毎朝家族みんなにハグしています
なんか外国の家族みたいですな。

でもハグすると、パパをはじめみんなうれしそうだからやっぱりいいものです。
これからも家族全員にハグの習慣を続けていこうと思います



こないだ義理妹(パパの弟の奥さん)が遊びにきました。
義理妹はわたしと同じく専業主婦です。

それでこないだ「おねえさん、今専業主婦って少ないからまわりの人に「なんで働かないの?」とか聞かれないですか?」って聞かれました。

わたし「聞かれるよ、そういうときは「わたしダメ人間だから働けないのよー」って言うよ」と言うと

「えーーーー!!!わたし絶対そんなこと言わないです!「専業主婦って、結構やることあるんです!」って言います」

「だって実際そんなにやることないじゃん。わたしなんてテレビ見られて毎日チョー楽しいよ」「そうなんですけど、ダメ人間って思われるのいやなんです」って言うので、

わたし「でもわたしは人には「ダメ人間だから〜」って言っても、実は全然自分のことダメ人間って思ってないけどね。そういっとけば妬まれないしいいじゃん」って言ったら「わたしは人には「毎日忙しいですよー」っては言うけど、本当はすごく自分のことダメ人間だと思ってます」だって。


それを聞いて、なんかおもしろいと思いました。

「働けないダメダメだから〜」って言いながら、全然自分をダメだと思ってないわたしと、「家事で忙しいんですよー」言ってながら、心の中では自分はダメだなあと思ってる義理妹。

専業主婦、わたしのようにわざわざ自虐してみせる必要もないけど、自分のことダメだなんて思うことなんてひとっつもないと思う。

考えてみれば夫婦を続けて、夫や家族を支えてもう長い。
それだけでも、すんごくえらいことだとわたしは思っています。
「えらいえらい(*^-^*)」と自分を褒めてあげましょう


そんなのんべんだらりんの昨日の専業主婦のお昼ご飯
foodpic8105261.jpg
おはずかしい(^^;)。
娘のお弁当に作ったサンドイッチののこりに白菜の漬物、パクチーチップスとしらぬいでした。

こういうものをお昼に録画しておいたテレビ見ながら食べられる至福さ!
ああ、パパ大好きってなります。
もう感謝感謝です

どうせ専業主婦するなら「わたしはこれでいいのら〜〜、こんなにのんびりできてわたしはなんてしあわせなんだろ、ありがたいな〜」って思ったほうがいいよね

いつもありがとうございます。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ
にほんブログ村




posted by yuri | 幸福論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月01日

お金をてんびんにかけて

こないだブログに小学校からの長いつきあいA子(ヤンキー時代いつもつるんでたなー)のことを書きました。

旦那さんと別居してたもののこないだ仕事をやめてしまい、一人暮らしを続けることが難しくなり旦那さんとの家に帰ることに決めたのだけど、昔のいやだったことを思い出してしまうという。
わたしは「昔のことはもう許しなよ」とアドバイスしましたが・・


それともうひとつアドバイスしたことがあります。


「A子いつまで「(相手が)いやだいやだ!」って言ってんの?わたしらもうすぐ50になるんだからね、わたしはもう老後の貯金に励んでるよ!もうそういう年なのよ」と言いました。

人間お金がなくちゃあ生きられない。
事実A子ももうフルタイムで仕事するのがいやになったから(お金を稼げなくなったから)、しょうがなくて元の家に戻るわけで(決して好んで戻るんではない)

それで「旦那をお金だと思うのよ」と言いました(A子の旦那さんは高給取りです)
A子は「それって金づるだって思うってこと!?失礼じゃない?」だって。

いやいや、わたしパパのことそう思ってるとこあるよ(^^;)

もちろんパパをすごく愛していますよ。

だけど愛だけじゃあ身体を維持できない(食っていけない)じゃん。
稼いできてくれるところを含めて、パパを愛してるともいえる。


旦那さんのことを「大っ嫌い!」って言ってながら離婚してない友人がふたりいるんですが、「離婚したら子どもを育てていけないから一緒にいるだけ。お金さえあればとっくに離婚してるわ」と言いきっています。

それで十分だと思います。
子供にとってパパとママはふたりだけだものね、離婚しないだけで一緒に住んでいるだけもいい。


わたしも前にブログに書いたけど、お金のことを考えればなんでもパパを許せる気がする。

パパがお金に見えるときあるよ(これ褒め言葉だかんね)(^^;)
そういうとき、本当に頼もしくてたくましく見えて惚れ直しちゃうから(ホントゲンキンだわ、わたし)


旦那さんをお金だと思って、いやな気持ちをやりすごす・・・
言葉にすると心が歪んでるように聞こえるけど、大昔は男が狩りに出て、女は子を生み育て、料理とかしてたじゃん。

今の時代風に男女対等で甘えなく生きるのもありだけど、昔っぷうの生き方だって悪いことはないと思います。


事実わたしの母は「お父さんと離婚したいけどわたしは稼げないから、家政婦だと思ってる」とずっと言っていたけど、今は180度変わってしまい夫婦も仲良くなって「わたしは今すごくしあわせだー」って言ってる。
人生なにがどう変わるかわからない。
そして子どもであるわたしも、両親が離婚しないでくれてよかったなと思っています。

A子夫婦にはふたりの子どももいるんだものね、お金をてんびんにかけて復縁することは決して悪いことじゃないと思います。

いつもありがとうございます。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ
にほんブログ村







posted by yuri | 幸福論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月30日

許すことってとても大事(ホテルランチブッフェに行ってきました♪)

昨日は小学校からの友達A子に誘われて、地元のホテルのランチブッフェに行ってきました。

ホテルブッフェといっても1700円でお安いのです(飲み物付き)

地元ホテルのお得ブッフェなので、ディズニーホテルのブッフェのようにおしゃれではありません、あしからず
1 (4).JPG
値段が違うからしゃあないわ(^^;)

が、チョコタワー!?がありました
1 (5).JPG
お料理の味はまあまあ美味しかったです


A子ですが、旦那さんのことが嫌になって家を出て(離婚はしていない)、アパートに暮らして8年になります。

A子はフルタイムでパートの仕事をしてたんですが、ついこないだ大嫌いな上司が原因でやめてしまったのだそうです。
それでもうフルタイムの仕事はしたくないんだって。

今までも旦那さんにアパート代や携帯代他を援助してもらってたんですけど(自分から家を飛び出してながら)、さすがにそれだけの援助では生活できないので、昨日は「春になったら元の家に戻る」って言ってました。


わたしは「よかったー、それがいいよ。だって子供たちにとっては(ふたりとも就職して家を出ている)やっぱりパパとママなんだから」って言いました。



でも自分が仕事いやになってやめたくせに、家に戻るとなると、今度は昔の(旦那さんの)いやなところを思い出してはやっぱり戻りたくない!となってしまうそうで・・・・

わたし昨日は、A子!しっかり!!ここが踏ん張り時だよ!と言う気持ちになって、「家に帰るって決めたんだから、もういい加減、(旦那さんの)過去のことは許しなよ!」と。
A子「そうなんだよねー。でも許せないんだよ!」

「それは旦那さんのせいじゃなくて自分のせいなんだよ。自分が許すって覚悟を決めるんだよ。そうじゃないとまた同じことの繰り返しだよ」



しあわせになるには人を許すっていうことがとても大事だと思っています。

人を許せないと、その人を許せない自分をどっかで許せないじゃないかと思う。


A子にも言ったんですが、許せないのは相手のせいではなく自分のせいなのだだと自覚すること。
旦那さんのせいじゃないんだよ。

わたしだって、義理父のこと昔は絶対一生許せないと思っていたけど、自分のためにもう許そう!と覚悟を決めて、許せました。
今日も義理父「シャツのボタンとめてくろ!」って来たのでやってあげたけど、義理父への嫌悪はもうないです(玄関まで二階から行くのチョーめんどくさいっていう気持ちはありますが)。

そしてあれだけの義理父を許せた今は、もう許せない人はいないです(あんな人はそうそういないもの)
そのたびの怒りは多かれ少なかれあれど、許せないってことはないです。


ちなみにA子が許せないのは旦那さんだけじゃなく、旦那さんのほうの義理実家、義理兄弟もものすごく嫌悪拒絶していて一切会ってない状態です。
そっちの冠婚葬祭にも一切参加していません。

そして友人関係も傷つくことがあると、心を閉ざして会わなくなってしまいます。
だから古い友達はもうわたしだけだと言ってました。
わたしには心を閉ざしてないのだそうです(「ゆりちゃんは(傷つくことがあっても)悪気あって言ってるんじゃないのがわかるから〜」って言ってた)。

A子の話を聞いてると、わたしって心が広いんだなーって思っちゃうよ。
A子はなにかあるとすぐに気にして心を閉ざしちゃうから、それであれこれ常に気をもんでる感じ。


人の許す基準!?は低い(許せる)ほうがいいと思う。

人を許すことは、自分が思っているよりはるかに大きなことで、人生がしあわせになると思います。
だから自分のためなんだよ。

そんなことを昨日はA子に話しました。
しっかりがんばって!という感じで言ったから、A子ちゃん傷ついたかな〜〜?
でも「ゆりちゃんに会うと、アドバイスもらえるからいいんだよね」って昨日も言ってくれてたから大丈夫かな(わたしには悪気を感じないって言ってたしな(^^;))
もちろん「悩んだときにはいつでも相談にのるからがんばって!」って言いながら別れました。

いつもありがとうございます。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ
にほんブログ村





posted by yuri | 幸福論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月28日

子どもをもって本当によかったと思った

今日は珍しく姉妹でけんかしてました。

1週間前からふたりでカラオケに行こうと約束をしていたようなんですけど、次女が用意をすませて待ってるのに、長女が化粧をしたりゲームをしたりでモタモタしていて、次女の機嫌が悪くなって「もういかない!」と。

「行かない!」と言いだした次女に怒る長女(それでも行きたいみたい。だったらチャチャっと用意して行けばよかったのに)。

姉妹の喧嘩にわたしは最初知らんぷりしていたけど、長々とやってるので次女に「ママもカラオケ行くから三人で行こう」と。
すると次女「わたしは行かない!ふたりで行ってくればいいでしょう」と。

そしたら入ってこなくていいのにパパが「いいかげんにしろ!」とあれこれ怒鳴りだし〜(こうなるとコトが大きくなります)

結局、今日はカラオケは行かないことになりました。

ひとしきり怒鳴って落ち着いたパパにわたしがお説教(だってあることないこと怒鳴るから、一番パパに腹立つ!)、パパとばっちり食ったね(^^;)

それで今このブログ書いてます(^^;)

まあ、もともとチョー仲良しの姉妹なので、すぐに仲直りすることでしょう。
仲直りしたら気をとりなおして、来週は三人でカラオケ行こうかなって思っています


寒い日が続きます。

昨日はチーズフォンデュにしました
foodpic8083429.jpg
うちの家族はチーズフォンデュ大好きなんです

チーズはピザ用チーズに牛乳と片栗粉でたっぷり
foodpic8083428.jpg
チーズをつけると、なんでもうまいね



こないだ長女の大学に、春休みの病院バイトの申し込みに必要な印鑑と通帳を届けたら、待ってた長女に泣かれまくったことを書きましたが・・

おかげさまで、春休み病院でバイトできることになったそうです

長女に「ママが届けてくれたおかげ。ありがとう」言われました。

「いいえ、どういたしまして。よかったね」って言ったら、「あのね、こないだママが来てくれたときに泣いちゃったのはね」と言いだして、また長女、涙でウルウルさせながら「ママにラインしたら、すぐに「持ってくよー」って言ってくれたでしょ。それがすごくうれしくて泣いちゃったの」って言ってくれました。

実習が嫌でやめたくて泣いてたんじゃなかったのね(気持ちは張りつめてましたが)。
あーホッとした。

わたしはヒマ人だから(^^;)、ふたつ返事で「じゃあ昼休みに持っていってあげるよー(*^-^*)」って返したんだけど、そんなにうれしかったんだね
そんなのいくらだってママもっていってあげるよ



長女が大学で泣いちゃった事件!?、こないだのランチで話したら、同じように娘をもつ友達ふたりははもらい泣きしていました。
それにはわたしもちょっとびっくりした。
でも子どもを持つ母なら、想いが伝わるのよね。

振袖が成人式の当日なくなってしまった「はれのひ」事件。
テレビで振袖がなくて困ってる親子を見たら、わたしまで涙がこぼれてこぼれてしかたがなかった。
自分たち親子に置き換えてしまう。


こういう気持ちは子どもがいなかったらわからなかったと思います。

甘ちゃんで子供みたいなわたしでも、いつのまにかわたしの子どもたちが親にしてくれていました。

子どもをもってよかったなあとしみじみ思いました。


子どもを育てることは莫大なお金と時間がかかるのは事実だけど、やっぱりお金じゃ買えない体験と愛情を得られたと思います。

やっぱり子どもって、お母さんになることって、家庭って素敵すぎるものだと思います
人生に感謝しています。

いつもありがとうございます。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ
にほんブログ村




posted by yuri | 幸福論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月27日

それも真実

寒くなってきたので、夕ご飯はお鍋が多くなってます
今日は豆乳鍋を作りました。
foodpic7999330.jpg
今はいろんな鍋のつゆが最近たくさん出てるけど、買ったことほとんどないな。
この豆乳鍋は、豆乳、酒、白だし、みそを合わせてつゆを作りました。



わたしは35歳のころ江原啓之さんのスピリチュアルメッセージを読んで、これから自分を変えていこうと決意し、スピリチュアルなるものを信じると決めました。
そして15年近くがたちました。

実際に自分が前とは変わったと思っています。
「受容」と「許し」の幅を広げることができ、今は昔からは考えられないぐらいにしあわせになりました

毎日なにかしら実践しています。

スピリチュアルの本を読んで心に響いたところを書きだした「マイバイブル」を読んだり。
こきたないので、ちょっと恥ずかしいわ〜〜(^^;)
1 (5).JPG
このファイルに気に入った言葉をびっちり貼り付けてあるの
こころに響いた言葉でも、こうやって書いておかないとすぐ忘れてしまうから、好きな言葉はいつでも読めるようにしています

最近はお気に入りのスピリチュアルのサイトの動画も見たりしています。
このサイトです→https://vaststillness.com/

深い呼吸で、こんなのを読んだり見たりしてると、気持ちがとても穏やかでしあわせになります。
自分の波動をよく整えていると言っていいのかな(これだけでもいいことが引き寄せられると言われています


それでですね・・・すべてのスピリチュアルが言わんとしてることは同じなんです。

身体であるyuriという人間のわたしもいるけれど、同時に大いなる存在(プレゼンスともいいます)の身体じゃないわたしでもある・・ということです。
にわかには信じられないと思います。
わたしもはじめて聞いた(読んだ)ときにはびっくりしました。
でもあらゆるスピリチュアルの本にそう書いてある。

yuriという人間は体を持っていて、毎日毎日朝起きては、時間に追われていて疲れたり、ハイテンションになってみたり、欲にまみれて人を怒ったりねたんだりしています。

でも大いなる存在であるわたしは、いつも時間のない今にいて、身体がないからあせることもなく、あるのは大いなる至福だけ。

あー、言葉にするのは難しいです。

このブログも人間であるyuriが書いているので、人の文句を言ったり、あれがほしいとか、これ買った!とか、トレーシーで運動してセクシーな身体をつくる!とかディズニーに家族で行って「キャーミッキー」とか書いてます。
これはこれでいいんです。

だけど、一日にちょーっとだけでもいいから「大いなる自分・プレゼンス」に気づくこと。

それでここが大事なんですけど、大いなる自分っていうのはすべてが自分なので、あのいや〜な人も本当のところは自分なんだって。
みんな自分なんだってさ。
だから人を許すのは、要は自分を許すことなんだって。


でもこのことは他の人に話したことがほとんどありません。
多分信じないと思うので(^^;)。

ただ、このことを信じなくても、神様は見てるとか自分がしたことは自分に返ってくるとかっては、なんとなくでも信じられる人は多いと思う。

わたしの親友は、神様がいることは信じています。
わたしなんかよりずっと心が広くて、やさしくて、人のために自分を犠牲にできるひと(本人は犠牲だとは思ってないが)。

「どうしてそんなことが(自分を犠牲に)できるの?」と彼女に聞いたことがあるんですが、怒りでいっぱいのときや悲しいときは、「もうひとりの自分から自分を見るようにしてる」と言ってました。

それはわたしのスピリチュアルにとても似ています。

身体の自分からいったん離れて、自分を見てみるということ。

「全ては真の自分・プレゼンス」だということを信じられなくても、十分やってみる価値があると思います。

これをわたしは実際の生活で使っています。
実際に義理父やパパに腹がたってるそのときに「真の自分・プレゼンス」に気づき、そこから自分を見るようにしています(そうじゃないときも多いが)。
そうすると、相手や物事を広い目で見られるようになり、怒ってることが大したことじゃない感じになります。

こんなことを地道に続けていくうちに、わたしの人生は変わりました。

このことが多くの人にわかってもらえることではないと十分承知していますが、誰かに響けばいいなと思います。


エックハルト・トール
「そして「プレゼンス」がより強く現れるようになると、あなたは今の状態をありのままに受け止めることができるようになってきます。自分がどうこうするということではなくなるからです。今この瞬間に体験すること、それに対する捉え方がまったく変わっていきます。どんな状況においても、心地悪い、不幸という重荷から解放されるのです。これはほんの一例ですが、このように「プレゼンス」は、あなたの人生を変容させていきます。人間関係においても、条件付けのマインドで常に人にとやかく言ったり批判することもなくなります。他者との関係性においても、さまざまな変化を体験することでしょう。」

そしてわたしの大好きな動画です。





ルパート・スパイラ
「我々が世界をそのように扱いはじめた瞬間から、世界はありがとうとわたしたちに言います。世界はこたえてくれるのです。」

ありがとうと世界を扱うと、世界はそれにこたえてくれる・・・わたしもそう思っています。
ありがとう
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ
にほんブログ村






posted by yuri | 幸福論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月25日

わたしにとっての結婚

先日の義理父のことのブログ。

あの記事で義理父と娘たちとのことを書きましたが、義理父のことを怒ってる娘を目の前にして、そこでそのまんまの気持ちをパソコンに打ちながら書いた記事です。

何も考えず「あーこれで今日のブログはいいや」って、そのまんまアップしてしまいました。


あとで読み返してみて、自分のことながら「わたしって本当に変わったんだなあ」と思いました。


結婚してから10年間は、義理父に対して恨みでいっぱいでした。
いっくら悪口を言っても言っても言っても言っても、言い足りなかった。
朝から晩まで悪口を言っても言っても足りないほどだったんです。

今は・・・
あの記事のとおりです。

義理父があんなおかげで自分がしあわせになれたとさえ思えます。


だけど、それはやっぱり自分のおかげで。
しあわせって自分次第ってよく言うけど、本当にそうだと思うんです。


わたしは義理父に対して恨みでいっぱいだった自分を変えようとしてきました。

それが少しずつ実っているのを日々感じています。


それは「受容の愛」「許しの愛」なのかなー、なんて思ったりします。

そして「受容の愛」「許しの愛」、それらは子どものころから死ぬことばっかり考えてきた自分に、「しあわせ」というものも連れてきてくれました。

今、本当に人生は不思議で素晴らしいと思います。


それをくれたのは、結婚、そしていやな義理父のおかげ。
そしてわたしの気持ちをわかってくれて、助けてくれる娘が育った。

本当に感謝しかないです。

すべての人に結婚がすべてで絶対必要だと思ってるわけじゃないし、離婚しないほうがいいとは言わないけど、わたしにとっては結婚し、離婚しなかったことが何よりのものだったと思います。


すべてはここからはじまった
4oO_mY8Nu2uoMcK1511582426_1511582511.png
今自分の生き方を「これでいいんだ!」って思えることがうれしいです。

需要はないとは思いますが、自分の思いを変えてきた方法などもこれから書いていきたいと思っています。

いつもありがとうございます。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ
にほんブログ村





posted by yuri | 幸福論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月13日

自分の好きにできないけど、しあわせだとわかってる

昨日の夜遅くに、お泊りディズニーから帰ってきました

あーーーーーー!!今回も例にもれず、すーーーーっごく素晴らしかったです

今日は早速お泊りディズニーのことをブログに書きたいので、わたしと娘で撮りまくった膨大な量の写真を整理して〜〜洗濯や家事もたまってるからやって〜〜おつかいにも行って〜〜〜って思ってました。

昨日は帰りが夜12時すぎてお風呂に入って寝て、今日は朝5時起きで娘ふたりのお弁当を作りました。

家ん中ぐちゃぐちゃだけど、みんなが出かけたらゆっくりやれる・・・専業主婦ってなんてありがたいんだろう!!!としあわせをかみしめた。


家族が出かけた後、近所のママ友から電話があり、「今日ランチ行かない?」と。
今日の今日という気兼ねのなさがうれしかったけど、「わたし今日はディズニー帰りで家もぐちゃぐちゃだから(ママ友の)今度の休みにして」と断りました。



さあ、いろいろやるぞーーーと思っていたら!

二日家を留守にしていたせいか、朝っぱらから、敷地内同居の義理父がわたしを待っていたかのようにピンポン。
農作業を「手伝ってくろ!」と(これ絶対帰り待ってたよね)
手伝ってやっと終わったーって思うと、またすぐピンポン!!「今度は何何手伝ってくろ!」
あーあー!わたしゃあ今日は忙しいんだよ!頼むんなら一回にまとめて頼んでくれよーと思いながらも、
結局4回も呼び出され、午前中いっぱいは義理父の手伝いになってしまった。

家に入ると、朝作ったお弁当があるではないか!
長女が忘れていったんです。
家族みんながまだ遊び疲れて寝てるときにひとり5時起きて作った弁当なのにーーーー!!ってくやしい。
作るほうは早起きして大変だけど(手抜きだってさ)、持ってくほうはそれほど思ってくれてないのよね(って、自分で食べたわよ)。

午後二日休んだトレーシーメソッド(運動)したら、写真整理してディズニーのことブログに書きたいなーって思っていたら、今度は実家の父から電話。

「3時になったら来て、髪の毛切ってちょうだい(いつもわたしが父の髪を切ってあげている)」という。
あと少ししたら行かねば。

髪を切ってあげたら4時なので、今度は次女の高校にお迎え。
夕飯の買い物して、夕飯作り。

そんなこんなで決して忙しくはないけど、家族に求められて(使われて!?)すぎゆく日々。
ディズニー旅行だって娘のためだしさ(って、本当か!?)

家族にささげてるわたしの時間。
そしてわたしも家族にささげてもらっている。

自分の時間なんてありゃあしないって思うことも多いけど、よく考えてみるとわかってる。
それが本当はしあわせだってこと。


今回の東京ディズニーシーで娘たちと三人で号泣(いつものことです)した「パーフェクトクリスマス」の歌詞

「誰もがクリスマス 幸せ願う
 探し求めて気づく そこにはクリスマスファミリー

 すべてのクリスマス  教えてくれる
 他に欲しいものはない そばにはクリスマスファミリー

 望みはクリスマス ただ一つだけ
 今まで出会ったすべての人たち
 導いてくれる 誰もがクリスマスファミリー」



家族や仲間、つきあっていくのが大変なこともある。
だけど、本当はそれがしあわせ。

「探し求めて気づく そこにはクリスマスファミリー」

あ、もう実家へ行って父の髪を切ってあげないと(^^;)
というわけで、ディズニーの記事は明日から書きます

土曜日の「パーフェクトクリスマス」からの一枚
1 (3).JPG
デールありがとう!!
パパ連れていってくれてありがとう!
娘ディズニーに導いてくれて、うれしさを共有してくれてありがとう!
本当はみんながクリスマスファミリー

いつもありがとうございます。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ
にほんブログ村





posted by yuri | 幸福論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月31日

家族で普段の会話も優しい言葉をかけあおう☆彡

この頃めっきり寒くなってきたので、わたしもこのシーズンの必需品「腹巻パンツ」を履きはじめました。

「腹巻パンツ」はピーチジョンの「HARAボーイ」というのがお気に入りだったんですが、2000円弱とお高いわりに生地が薄くて、破けてるの履いてる始末(お恥ずかしーーーー)

今年も寒くなってきて「HARAボーイ」を追加しようかとも思いましたが、値段が高いので楽天で探してみたところ、安くてよさそうなの見つけました

これでーす


二枚1000円で送料無料!
さっそく履いてみましたが、あったかいし、なかなかよさそうです



こないだの週末は、長女のお誕生日ということで、実家でケーキを食べました。

今年は長女次女まとめて、アンバサダーホテルでミッキーからお祝いしてもらったので、それで誕生日のお祝いは済んでるんですが、ケーキぐらい食べてもいいやねっていうことで

パパ、わたし、次女、わたしの両親で「Мちゃん!お誕生日おめでとう!!」って言ったら、長女が「いままでたくさんありがとうございます」って言ってくれました。

こっちまであったかい気持ちになって、とてもうれしかったです


わたしは普段から家族にやさしい言葉をかけようと思っています。

昨日からパパは出張、長女は病院実習が忙しくて仲良しのお友達の寮に泊まり込み。

昨日は朝うちを出た長女からラインが入りました。
MeDI8iJgMjiULOj1509357980_1509358135.png
「長女がいないからママは淋しいよ」って伝えると、こんな風に返ってきた。
VQnQpIo23s1P_iI1509358227_1509358260.png
「おうち帰りたい」だって。
実習大変だもんね

「おうちもミラコ(「ディズニーシーホテルミラコスタ」に予約入ってる)も待ってるよ」と。
そしたら長女もデイジーのうれしそうなスタンプを返してくれました(うちの家族のラインのスタンプはディズニーばっかですね〜


というわけで、昨日の夜ご飯は次女とふたりだけ。
foodpic7959066.jpg
ホワイトソースたっぷりのエビドリアとサラダにしました。


さっそく家族グループラインに画像を送りました。
_ACzfLHWFD6cs2A1509423817_1509423892.png
グループ名の「エンジェル」って言うのは、うちのネコの名前です

夜パパからは「疲れた。早くおうち帰りたい!ママのご飯たべたい!」って電話がありました。

長女とパパからの言葉でうれしくなりました。


でも今の家族関係、ただ放っておいてできたわけじゃないです。

わたしは「ありがとう」「がんばってね」「お疲れさまです」「あなたがいないと淋しい」、そしてとてもとっても大事な「ごめんね」などの言葉は、家族でもちゃんとその都度伝えるようにしてきました。

今の家族はそんなふうにしてわたしがつくりあげてきたもので、その中でいつもわたし自身が癒されています

家族を大切に、そして優しい言葉を大切にしていこう


マザーテレサの言葉
「家庭の愛を守り、家族のつながりを深めていくことのできるのは女性です。女性が家庭から遠ざかると、家庭は崩壊します。そしてたくさんの苦しみを生み出すのです。残念なことに、このようなことが世界中で実際に起こっています」

いつもありがとうございます。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ
にほんブログ村





posted by yuri | 幸福論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月19日

小学校からの友達とランチ♪

昨日は小学校からの友達A子とランチしました

昨日はこんな格好で行きました
5oSvmtlbkHmsW0i1508391220_1508391260.jpg
カーディガンは友達から「もう着ないから」と、もらったものです


A子の子供ふたりとも就職し、家を出ています。
旦那さんとは別居してアパートに越して五年以上たつんだけど、いまだに旦那さんに経済的な援助をしてもらっています。

A子は前から「子どもたちが帰ってこられる場所をつくる(元の家に戻ること)ことがわたしの一番やるべきことなんだと思うんだけど」と言ってましたが、やっと元の家に帰ることに決めたのだそうです。

よかったです。


が、アパートの更新をしたばかりであと二年はアパートにも住めるので、「家に戻るのは二年後かなあ」と言ってました。


「もう決めたんならさっさと戻ればいいのに!」ってA子には言ったけど、そのA子の行動のノロさ!?にも、いいところがあるんです。

行動がノロいからこそ、旦那さんと離婚しようと思いながらも、離婚届けを出さずにいたのですから。



ずっと、「すごーくいやなんだけど、子どもたちのためにあの家に帰ることがわたしの使命で、それがわたしのしあわせかなって思うんだよー」って言ってたA子。

そのA子のカンはきっと当たってると思います。

わたしもまさにそうだったから。

そしてそれを乗り越えられたときに、「わたしはこれでいいんだ」っていう人生の満足感、幸福感があることでしょう

もと家に帰るのはまだまだ先みたいだけど、「帰る」という決心がついてよかったと思います。
旦那さんも前とは違うから、きっと夫婦もなんとかうまくいくと思います

いつもありがとうございます。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ
にほんブログ村





posted by yuri | 幸福論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月12日

他の人と比べてはじめてつらくなる

10月でもポカポカ陽気が続いています。
今日はこんな格好です
EYiFevrO7N0PW9Q1506233277_1506233362.png

今日はノースリーブワンピースに薄手のカーディガンでした。
FkCKGbsWucLIYlt1506233391_1506233439.png


病院で看護実習中の長女、ドキドキしながらも朝から晩までがんばってて、家でもレポート書きで忙しいです。
ちょっと前まで(9月末まで)夏休みで、わたしと毎日のんびりしてたのにね。


長女の実習先が小児科だったので、こないだ「まだ小さいのに病気で入院してるなんてかわいそう」って言いました。

そしたら長女が「病気で身体の具合が悪いのはつらそうだけど、でも子供の気持ちはそんなにかわいそうな感じじゃないんだよ」
病気の自分をかわいそうだって思ったりしない子が多いのだそうです。

「病気で入院してるそのこと自体は本人はそんなに気にしてないことが多いよ。でも個室ならいいんだけど、大部屋に入ってまわりの子の親がたくさんお見舞いに来てるのを見たりして、それに比べてなんでうちのお母さんは来ないの?みたいに思いはじめると、子供もすごくつらくなるんだよ」って言ってました。

あー、わかる気がする。
長女の話を聞いて、子供でもやっぱり人と比べることが、自分の気持ちをつらくするんだなと思いました。
まわりの子は自分よりたくさん親が来てるとか、あれもらったんだとか。

人と比べるまではそんなつらく思ってなかったことでも、人と比べるとふしあわせがはじめてやってきたりする。


でも人は知能が高いから、どうしても比べちゃうのはしょうがない。

そんなときは気づこうと思います。

他人と比べなければいつだってともにある
今の自分の持ってるしあわせ。


それにしても、新しいことに毎日ぶつかりながら、いろんなことを考えて学んでいってる長女のことを我が子ながらすごいなーと思いました。


いつもありがとうございます。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ
にほんブログ村






posted by yuri | 幸福論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月06日

高校の友達たちとランチ(夢の専業主婦☆彡)

今日は高校時代の友達4人でランチでした

ランチには、こんな格好で行きました。
hjvwBVWCl3SSTru1507282309_1507282346.jpg

ワンピースは、近所のママ友ちゃんからおさがりでもらった、ちょっとセクシーなやつです
YBk2EoR3pQ61YXH1507282246_1507282287.jpg
今日もYちゃんが「ゆりちゃんていつもセクシーだよねー」って言ってくれました
Yちゃんはいつも優しいんだー、ありがとう

今日は本当はU子ちゃんとふたりでランチの予定だったんです。
が、ゆうべと今日の朝、高校の共通の友達ふたりにラインしたら、ふたりともすごく喜んでくれて、今日来てくれたんです
うれしかったー!

先週は中学時代の友達5人で会って、今日は高校時代の友達たち、そして再来週は小学校時代の友達と会う予定です。
小中高とそれぞれの学生時代の友達と今でも会えるって、なんてうれしいことでしょう!

そしてみんなわたしと会うのを楽しみにしてくれて・・(もちろんわたしもです


家族に恵まれて、学生時代の友達にも恵まれて、わたしはなんとも感謝の人生を歩ませてもらってるなーって、今日はあらためて思いました。



いつも会う中学の友達のなかでは専業主婦はわたしだけなんですが、今日は四人中、三人が専業主婦!

唯一働いてるYちゃんが午後も仕事があると言って帰ったあとは、専業主婦の三人が残りました。

そしたらU子ちゃんが「毎日テレビばっかでつまんない!何にも面白いことない!」って愚痴りまくり。

なので「何言ってるの!!家でゆっくりできるって、なんてありがたいんだろうって、わたしは毎日しあわせをかみしめてるよ。今の若い子の夢って専業主婦になることなんだってよ。わたしら夢を生きてるのよーーーー」って言いました。

昼間にテレビを見てるのはみな同じですが(^^;)、わたしはテレビが大好きなので、真っ昼間っからテレビが見られるなんてーってルンルンルンルン〜〜〜〜〜〜なんです



何が言いたいかというと、みんな専業主婦で同じような生活しててても、考え方で違うんだなーと思いました。
専業主婦でもなんでも、それを当たり前と思ったらつまらないですね。


よーーく考えてみると、マジで夢のような生活してることに気づける
自分の人生ってなんてありがたいんだろ!って、そう思ったほうがしあわせね

わたしは一日に何度もそんな幸福感に包まれるんですが(この感覚は自分で意識して身につけてきました)、特にスーパーで買い物してるときに、わあああっとその幸福感におそわれる!?ことが多いです。

今の自分は自分が築いてきたもの、そして感謝の思いも自分で作るもの

いつもありがとうございます。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ
にほんブログ村





posted by yuri | 幸福論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月26日

「なんのために貯金してるのか?」と聞かれて(老後のために必要な貯金を調べたら)

小さいころからお金使うのに躊躇してしまうタイプ(要はケチね)でした。

子供のころ、もらったお金はすぐにゲームだのお菓子だのに使ってしまう弟と真逆でコツコツとお金を貯めてました。
同じだけこづかいもらっても、貯金の差がすごくありました。

そういう性質なので、高校生のころはバイトしてる子よりもお金持ってて(毎月の小遣いをつかわないだけ)、バイトしてるくせに金使いが荒くて金欠だった友達にも貸したりしてました(当時働いてた彼氏にも貸した)
いまだに回収出来ずじまいで縁が切れたのもあります(でもこれで人にお金を貸すのは絶対にやめようと学べました)

高校を出て働いてからも、仕事があまり続かないわりに貯金は多かったです。

お金がもったいなくて使えないんです。
これは性分です。
最近はディズニーで散財しまくってるけど、普段の生活ではケチケチケチケチやってます。



ずいぶん前に、金使いが荒い友達に「なんのためにそんなに貯金してるの?」って聞かれたことがあります。

それが性分なんだけど「老後のためかなあ」って言いました。

「○○ちゃん(友達)は老後不安じゃないの?」って聞いたら、「不安」だって。
不安なのによく全部使っちゃえるなあと、わたしはそっちのほうがすごいと思う。



友達には老後のための貯金だと言いましたが、老後っていくら必要なんだかわからないので、こないだネットで見てみました。

いろんな意見があるけど、いろんな意見がのってるこちら(All Aboutの大沼恵美子さんの見解、プレジデントの見解)を見てみたら・・・

老後に必要だと言われる貯金は、すでに貯まっていました(厚生年金の夫婦の場合)


ちなみにその友達も専業主婦なのですが、旦那さんはエリートなのでうちよりたっくさん収入があります。
でも新しいもの大好きなので、電化製品だのなんでも新しいものが出たら買いまくりで貯金はほとんどないみたいです(そんで豪邸の借金が、ん千万あります)。

「そんなに貯金してどうすんの?」って言われてきたけど、ないより安心できるので、やっぱり貯金してきてよかったと思います

というわけで、これからはガッツガツ貯金はもういいかなあ(といいながら、やっぱ性分なので変えられないでしょう)。

これからは(も)ディズニーに使っていいかなあと思っています(結局、結論はそこでございました(^^;))

いつもありがとうございます。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ
にほんブログ村





posted by yuri | 幸福論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月07日

夏もおわりだけど(これでいいのだ)

涼しい日が続いてもう夏も終わりっぽい。
あんなに暑かったのにうそみたいです。

また服を秋冬に変えていかないと。

といいつつ毎度、季節を先取りどころか、何事も順応性が低くてまだ夏服でいます"(-""-)"
Fds9_lPAUNjr9xi1504757180_1504757234.png

ワンピースは厚地のやつだから上だけ変えれば(タートル着るとかして)これからも着られそう
qyJXWzMUZI3bmFR1504757258_1504757320.png


夕ご飯もいまだに夏!?
今日は「夏のものをはやく食べきらなくちゃ」と残っていたそうめんにしました
foodpic7869576.jpg
きれいな野菜の色のそうめんはお盆にいただいていたものでみょうがはまだ畑にあります。
もうそうめんには涼しい感じだけどね(^^;)


今年の夏休みもいつもと同じように娘たちと家でのんびりしてるうちにあっという間に終わってしまいました。
次女はとうに高校はじまってますが、大学生の長女はまだまだ夏休みなので、今はふたりでのんびりしています。

ホント、こんなに怠けててこれでいいのかって思う。

でも忙しすぎてもこれでいいのかって思うのだろうし、何をやってても「自分はこれでいいのか!」ってなるのだと思う。

だからそういうときは「これでいいのだ!」って自分に言おう。

もうすぐ50歳だし、ここまで生きてきただけでも大したもんだと自分に言おう、マジそうなのよね。
そうやって自分で自分を認めていこう(ついでに他の人のこともそれでいいのだねって認めよう)

うん家族は仲良くうまくいってる、大丈夫、わたしはこれでいいのだ、ありがたいな

そうやってしあわせ感じてたほうがいいね

いつもありがとうございます。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ
にほんブログ村





posted by yuri | 幸福論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月03日

グループLineでコミュ障なのがわかった

昨日からパパは自転車仲間と泊まりで奥多摩に行ってます。

それでパパは今日、自転車変態坂バカイベントに出ているんですが、お友達はもう疲れてリタイヤしたとフェイスブックにアップされてました。
お友達のフェイスブックによると、パパは今もゴールに向けて爆走中だそう(ゴール制限時刻18:07だそうです)。
「頑張れパパ!」と心で応援

長女も今日は好きな役者さんの舞台を観にいきました。
ついでに舞浜のボン・ヴォヤージュによって、発売になったばかりのディズニーハロウィーングッズを買ってくるそうです。

なので今日は次女とのんびりしています。
ふたりとも(長女もです)ヲタクなので、いっくら家にいても飽きることがないです。

わたしは今日はこんな格好です。
NocaUrsVg08OVf_1504339982_1504340037.png
アイフォンで着画をはじめて撮ってみました

いつもと同じ楽な格好(^^;)ですが(^^;)、見てほしいのは洋服じゃなくてアイフォンのカバーです

じゃ〜〜ん
ucN1DazEANwKvrQ1504340090_1504340137.jpg
大大大好きなミッキーのアイフォンカバー買いましたの

拡大
1.JPG
なんて素敵なんだろ


これは楽天で買いましたのよん

ミニーちゃんにプーさんやドナルドもあります


アイフォンse(5s)用買ったので、ぴったりはまって感激です(当たり前!?)
1 (2).JPG
めんどくさがりなので、留め具なないのも気に入ってるところです



ガラケーからスマホに変えてから、約1か月。

Lineに登録してみたら、さっそく中学飲み仲間のグループラインから招待が来たので、遅ればせながら入れてもらいました。

そのライングループ、わたし入れて9名なんですが(女5名、男4名)・・・

わたし、飲み会では普通にしゃべってるつもりなんですが、グループラインでの会話には今だに全然入れないでいます。

わたし以外は酒飲み大好きな集まりなので、何かというとラインでも「のもう!」「のもう!」ワイワイやってるので、ほとんど飲まないわたしは一歩引いてます(ランチなら好きなんだけどね)

そしてしょっちゅう誰かが「これ食べてるよ」とか「今飲み会してるよ」とかラインに入れてくるんですが、それにみんなして「いいなー」とか返してる。


ラインに慣れてないせいだかしれないけど、わたしそういうの苦手だーーー。
実際に「いいなー」とも思ってないしさ(性格悪いですね)。


なので、ラインに入ったときの「よろしくね」以外、一回もグループラインの会話に参加してません(そういうのわたしだけです)


今は遠巻きから、ひとこともしゃべらずグループラインを覗き読みしてる状態。

それでわたしってやっぱりコミュ障なのかなあと思いました。


そんなことを思いながらいたら、昨日はグループのひとりがうまく返事がかえってこなくて拗ねてるようでした。
「おーこわい!」と思いながら遠巻きに黙って見て(読んで)ました。

あーあー、こういうのも仲良しグループだからこそ起こるのかね。

こういうときは話に参加してないでよかったなあって思ってしまったよ。
ラインって便利だけど、チョーめんどくさいな!

いつもありがとうございます。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ
にほんブログ村




posted by yuri | 幸福論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする