2017年08月31日

家族が不仲だと疲れるね(次女とケンカした)

今週から次女の高校の新学期がはじまり、それにあわせて弁当作りもはじまりました。
大学生の長女はまだまだ夏休みです。
バイトもしてなくてゴロゴロ、ホントにいいご身分です(あ、わたしと同じか(^^;))。


こないだから次女とケンカして2〜3日間、口もききませんでした。

ケンカの内容を書くと長くなるし、チョーこづまんないことなので省略しますが、次女の言葉に傷ついて、わたしも次女を傷つけることを言ってしまい、それに次女が傷ついて・・・

怒ったわたしは「もうママは、ディズニーなんて行かないから!」とわめきだし・・・

あんなにディズニー楽しみってブログにも書いたばかりだっちゅーのに、ケンカして意地はって「もう行かないかんね!」なんてねえ、お恥ずかしいです〜・・・


そしたらわたしたちが大声で喧嘩してるのを聞いてたパパも怒ってしまい、「おれは二度とディズニーなんか行かないからな!ディズニーなんかにこだわってるから悪いんだよ(ケンカの原因ディズニーでした(^^;))あんな着ぐるみ!」って。



それから二日間次女と口をきかなかったんですが、怒ってるっぷうをしてるのがすごい疲れました。


そしたら今日の朝、次女が「ママ、わたしはママにこういわれたのが悲しかった」と話してきたので、わたしも「ママはそういうつもりで言ったんじゃないけど、ごめんね」「ママはあなたにこういわれて傷ついた」と話しました。

すると次女が「わたしもママがそんなに傷つくとは思わなかった。ごめんなさい」と言ってくれて無事仲直りできました。

それで「みんなでディズニー行こうね」って言うと「うん」


反抗期もとうに終わった次女とは、こんないさかいもすごい久しぶりでした。

仲直りしたあと、「それにしても親子喧嘩ってすごい疲れるね。ママ意地悪げにしてるのすごい疲れたよ〜」って言ったら次女が「わたしも。だから周りのみんながストレスたまるのがわかったよ」だって。

本当にそのとおりだと思いました。
家族と不仲だとストレスがすっごいたまるのね。


でもちゃんとお互いに「ごめんなさい」って言って、許して仲直りできたんだから、かえってけんかもよかったです。

「ごめんね」を言うことと許すことって、わたしにとってはけんかしないことよりいいことだと思っています。


あと残るは「ディズニーなんて二度と行かないからな!」って言ったパパですが、こちらはかわいこぶって「パパ〜〜〜」と言ってパパにチューして「パパディズニー行こうね(^_-)-☆」って言ったら、「いいよ〜(*^-^*)」だって。
わたしの魅力にかかれば!?くちほどにもありませんわ


そんなこんなで次女のディズニーハロウィーン用の仮装の衣装が仕上がりました
zmioh9H9iHSXdXv1503892809_1503892912.png
ディズニーランドのイースターパレードのダンサーさん(農婦さん)の衣装だそうです。
うちにはミシンがないので、ワンピースからエプロンまで、次女根性のオール手縫いです!!

いつもありがとうございます。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ
にほんブログ村





posted by yuri | 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする