2019年08月31日

ちょっとびっくりした

長女が珍しく土日休みらしく、さっき帰ってきました。
看護師って家でも勉強があるみたいで、勉強道具を持ってきて勉強しています。
次女は教習所。
パパが今お迎えに行ってます。


おとといのブログに、わたしが解放されたように、わたしの周りの同居のお嫁さんたちが早く義理親から解放されるように願うと書いたんですよね。

それを書いた数時間後に、ここ数年義理母さんの介護でずっと苦労していた仲良しのママ友Tちゃんの義理母さんが亡くなったとLineが来ました。

ブログ書いたすぐあとだったので、ちょっとびっくりしたよ。


それで昨日は、共通の仲良しママ友とお通夜に行ってきたところなんです。

葬儀場で「来てくれてありがとう」と言うTちゃんに、思わず正直な気持ち「よかったね!」と言うと「うん!」と目で合図。

Tちゃんが楽になれて本当によかった。

帰りは、一緒にお通夜に行った、義理父と同居中のママ友ちゃんとファミレスに寄って、愚痴をいっぱい聞きました。

わたしは自分も励まされた言葉「こんな言い方なんだけど、あっちの人生もう終わってるんだよ。だから自分を大事にしてわがまましていいんだよ」と励ました。

ママ友ちゃんを家に送ったら「今日はゆりちゃんにたくさん愚痴聞いてもらって、ストレス解消できて楽しかったよ。ありがとう!」と言われました。

いくらでも愚痴聞いて、いくらでもはげましてあげたいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ
にほんブログ村








posted by yuri | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月29日

いらん罪悪感を感じたりもする

昨日は、おとといから来ていた長女とお買い物にお出かけしました
長女が化粧品を買うというのでお供!?でした

モスバーガーでハンバーガー食べ
0 (2).JPEG

今人気のタピオカドリンクはモスにもありました!!
beauty_1566451810889.JPEG
白いのはモスシェイクです。
抹茶のタピオカドリンク飲んだんですが、ソフトドリンクと同じ小さい氷を使ってるみたいで、ストローを吸うとタピオカと氷が一緒に入ってくる。

タピオカの人気にのってはじめても、中途半端でイマイチ、もう頼まないかな(^^;)。



夜まだ長女がいるうちに、次女が3泊の合宿から帰ってきて、久々に家族四人で過ごせました。


「あー、今日はみんなそろって賑やかで楽しいなあ」とわたしが言うと、パパが「じいが死んでもう二か月になるんだねー。今はすごく穏やかになったよねー」と言ってました。
「本当だねー」とわたしたち。


ブログでも義理父のことを「急死でよかった」とか、「いなくなってよかった」とか、人間としてどうかというような言葉を書いてしまってるわたし。

亡くなった人に対してずいぶんひどいこと書くなあと思ってる人もいるかもしれません。


でもそれが正直な気もちだからしょうがない。

(物分かりのない)義理の親と毎日顔を合わせなくてはならないという気もちは、これをやってない人にはわかろうもないことだと思います。

たまに会うぐらいですむ人たちと違って、毎日毎日顔あわせて世話しなくちゃならない(なかった)身としては、きれいごとなど言ってられないのよね。


初盆のときに、近所のパパの同級生(同じく嫁が敷地内同居している)が来てくれて「○○さん(我が家のこと)ちは、両親ともに亡くなるの早かったね。うちはまだだけど、だいたい回り見ると、親のどっちかはまだ生きてるうちがほとんどじゃん。これから本当に大変だよ」と言ってました。

激しく激しく同意。

うちの義理母は60歳で亡くなってるし(義理母が亡くなったせいで、義理弟が義理父とふたりではとても暮らせないと家を出たからここに再び来ることになってしまったのだけど)、義理父も平均寿命とはいえ83で亡くなりました。

(どいなかの)うちの近所をみてみると、同級生が言ってたように親(義理親)がまだいるうちがほとんど。

お嫁さんたちのことを思うと、どんなにいい義理親でもこれから何年も一緒にいなくちゃならないのは(それと最期の世話、介護も)、ものすごく大変だと思います。


そういう点ではわたしは早く終わったこと、とても恵まれていたと思います。
あーーよかったーという思いを毎日かみしめています。


でも、それと同時にいらん罪悪感(誰も喜ばない罪悪感)を感じることも多いです。

よくテレビなんかで、戦争から帰って来られた人が、死なないで生きて帰れたことのうれしさと同時に死んでいった仲間への罪悪感にさいなまれると聞きますが、わたしも周りでいまだに苦労してる仲間たち(嫁)を想うと、わたしだけ先に楽になれたことを申し訳ないような気持ちになるんです。

わたしの周り、義理親と一緒にいなくちゃならないことで、苦労してる仲間(嫁)がとても多いです。

いつも浮かない顔をしてる人、心がいつも晴れない人が多いです。

その気持ちがわたしにはわかりすぎて、かけてあげる言葉も見つかりません。

ただ「うちもこんなに早く逝くとは夢にも思ってなかった。たった一日でガラッと変わる(死ぬ)ことがあるんだから、その日は明日かもしれないよ」と言うのがせいいっぱい。

わたしだけ、ぬけがけしたわけじゃないけど、ごめんね。

みんなが早く解放されますようにと願う。

今もこのときも大変な義理親と一緒にいなくちゃならないお嫁さんたちに、「よくやってるね、えらいね」「自分を一番大事にしてね」と褒め言葉をたくさんかけて、抱きしめてあげたい。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ
にほんブログ村










posted by yuri | 幸福論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月27日

叔父さんも亡くなりました

次女は部活の合宿中ですが、今日からお休みの長女が来ています。

「何が食べたい?」って聞いたら「お肉!!」と言うのでとんかつを作りました。

早くから買い物に行ったり、昼間から帰ってくる娘のために用意できるって、専業主婦でいられることにあらためてありがたいなあと思いました。

これもパパのおかげです


こないだ娘と3人でディズニーの年パス作ってから、長女だけそのあと2回も行ってるので、今日はそのときのディズニーの話をえんえんと聞かされました。
次女がいるとわたしは蚊帳の外にされるんだけどねー、一人っ子だといいなー(最近は長女がいないのにも慣れ、次女とふたりの生活が楽しい!)

そんなことをしてる間に、明日長女が寮に帰るのと入れ替えに次女が合宿からお帰りです。

毎日楽しいです





7月のはじめに義理父が突然亡くなり、それに追われて書いてなかったんですが・・・

5月の末に、両親と叔父さん(父の弟)の家にお見舞いに行ったことをブログに書きました(記事コチラ)。

叔父さんの病気はガンで、5月末の時点で余命が1か月と言われていました。

それで「最期に会いたい」という両親を車に乗せてわたしも行ったのです。

いつも元気な叔父さんでしたが、残されたのが1か月だと聞いて、どれほど弱って寝込んでいるのだろうかと思いながら行ったんですが、パジャマは来てるものの元気に歩きまわっていてちょっと驚きました。

ですが、やはり医者が言うことは間違ってませんでした。
叔父さんは義理父が亡くなったちょうど一週間後に永眠しました。


お見舞いに行ったときに叔母さんが「がん保険(アフラック)に入っていたから、かかった病院代(入院2回、手術1回)よりずっと多くお金がおりたんで助かった」と言っていたのがとても印象的でした。


うちはパパは普通の生命保険にがん保険を別料金でかけてますが、わたしは一番安い県民共済のみ。
県民共済のサイトを見てみたら、1000円または2000円プラスでがん特約がつけられるみたい(安いのでさすがにアフラックほどの補償はないが)

でも義理父みたいにあっという間に死んじゃったら賭け損!?だからなあ。
迷うところです。

ちなみに義理父は何も保険に入ってませんでしたが(国民健康保険のみ)、一日で急変、急死したので本当によかったと思います(わたしたちにも本人にとってもね)。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ
にほんブログ村








posted by yuri | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする