2018年10月31日

働きにいけない

ニュースを見ていてパパに「今は人手不足らしいから、わたしでも雇ってもらえるかも!」って言ったら、「それ以前の問題。ママじゃあ無理に決まってるでしょ」と言われたわたくしです。


こないだは長女から「ママって結婚してから働いたことってあんの?」と聞かれました。

「結婚して完全同居してたころ、少ーしだけパートで弁当配達したことあんのよー」

って、長女に言ったら「えー!!ママ結婚してから仕事してたことあるんだーー????びっくり!!」だと。
それで「ママがパートしてたなんて信じらんないけど(やっぱりそうよね)・・・・でもママが働きに出るほど、それほど同居がいやだったんだっていうのがわかったよ」としみじみ言われました。



そうよ、家族から仕事になんていけっこないと言われ続けてるわたしがパートに出るほどまでに、同居はいやだったのよーーー。



わたしは結婚したばかりのころ義理親と平屋(今は義理父がひとりで住んでる)で完全同居していました。
当時は今は亡き義理母が近所の工場にパートに出ていて、お昼になるとご飯を食べに一度家に帰ってきたので、わたしがお昼を作って台所で義理母と向き合ってお昼を食べていました。

それがものすごーーーーーーくものすごーーーく苦痛でした。
義理母とふたりっきりで向き合ってお昼なんて食べたって、全然食った気なんかしねえぞ!!

それで考えたあげく、午前中だけ仕出しの弁当屋さんにパートにいくことにして、お昼に仕事が終わったらその足で実家に寄り、実家で母とお昼を食べ、午後は母と夕飯のおつかいにいき、夕方まで時間をゴロゴロとつぶして、家に帰ってました。

うん、逃げの毎日だよね。
そのころは友達にも誰とも会えなかった(自分の不幸が悲しくて)



でもそのパートも、義理親たちと完全同居していた賞味三か月しかしてません。
その後、義理親との同居に限界がきて、アパートに飛び出したとたんパート即やめたからーー(^^;)


ホントにどんだけ根性ないんか、わたしって・・・・・・

なぜに仕事がいやなのか考えてみると、働くのががまんできないとか、人間関係がいやというより、同じ時間に毎日毎日仕事に行くっていうのが、自分にはものすごい苦痛を感じるんです。
それは死にたくなるほどなんです。

だからパパみたいに「じゃあ仕事楽しんでくるね!!」と月曜にパッと気持ちを切り替えられる人って、ホントに尊敬しています。



あ、でもね、誰にも得手不得手ってあるんだよね。

そんなポンコツ人間のわたしでも、人よりここはできる!と思っているところもあります。

そしてそれは絶対パパにだって、いえ、ほとんどの人に負けない自信があります!!!

それは・・・次に続く・・・・・
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ
にほんブログ村






posted by yuri | 幸福論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月29日

悪いところもあればいいとこもあるという話

この間ニュースを見ていたら、今は人手不足で外国人を雇ってる会社が多くなってるけど、言葉が通じなくて大変!みたいなことをやってました。

それを見てわたしが「そんなに人手不足なら、わたしでも雇ってもらえるかも!」って言ったら、パパ「無理に決まってるでしょ!!」って言われた―。

「なんでよ。少なくとも日本語は通じるわよ」って言ったら「ママは言葉以前の問題でしょ」って言われてしまいました。

うーむ・・ポンコツな自分・・図星をつかれて、グぅの字もでませんでした。




昨日はうちの姉妹たちは2週連ちゃんで東京ディズニーランドへ行ってましたが、わたしはパパが加入してる生命保険の更新で担当の方が来るというので、パパとお留守番していました。

保険屋さんは女性ふたりで来られました。

加入している生命保険の値段があがってしまうのだそうで、他のプランも作ってこられ、今検討中です。
パパが独身時からお世話になってる保険会社ですが、この際、違う保険会社も検討してみようかと思っています。


昨日は我が家の二階のリビングで保険の話を聞いたのですが、「前が田んぼで何もないから、すごく風通しがよくて気持ちいいお部屋ですね」と言うので、「前の田んぼもうちのだしね」と言うと、「庭もひろくて土地もあってうらやましいです」とおふたりから言われました(まあお世辞でしょうが)。

ちょうど前日、ディズニーストアに娘らのパスポートを買いに行ったときに、家族みんなで車に乗っていて、街のこぶりな庭の住宅地を見て「このぐらいの庭がちょうどいいよね。うちみたいにひろいと草むしりだの落ち葉だので大変でしょうがないよ」とパパと話していたところだったので、「ぜんぜんよくないですよ。草むしりは大変だし、今は落ち葉がすごくて」と言いました。

「ああ、土地があると、そういうところもあるんですねえ」と保険屋さんたち。

「こないだまでは、庭はじい(義理父)がやってたんですけど、退院してからは何もやらなくなっちゃって、全部うちらがやらなくちゃならなくなって今ホント大変で」。

「あーでもその代わり、(義理父)今まではものすごく口うるさかったんだけど、今は何も言わない(言えない)からいいところもあるんですね」とわたし。

「それに街に家建てたら、今頃(住宅ローンで)わたしも働いてなきゃやってけなかっただろから。本当に悪いところもあれば、いいところもあるんですねえ」って言ったら「すべていいことってないですもんね」と保険屋さんも言ってました。


パパに言われたとおり、わたしは仕事に出ることにむいてないっぽいので、大変なことはあれどもやっぱりこれでよかったのだなあと思いました。


これからも大変なことはあるだろうけど、そうやって自分がいる場所にこれでよかったんだって思ってやってこうと思います。

それにしても保険やさんって、営業はもちろんのこと、人をほめちぎったり、「そうですよねえ」と相槌をうったりで、「本当に大変な仕事だよね」と、保険屋さんが帰ったあとパパとふたりで言い合いました。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ
にほんブログ村





posted by yuri | 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月27日

ディズニーで仮装しました♪

先週東京ディズニーランドに行ってきたばかりですが、明日も長女と次女は姉妹ふたりでディズニーに行くそうです。

「ママも行こうよ」と誘ってもらいましたが、気持ちはうれしいものの、さすがに2週連ちゃんでハロウィーンはもういいや。

もうすぐクリスマスイベントが始まるので、わたしはそっちでいいです。


こないだのディズニーランドで仮装をしてきました

これです。
じゃーん
5AZ0r7qSAAssMAn1540631676_1540631782.png
これは東京ディズニーランドのイースターパレード「うさたま大脱走」のダンサーさんの仮装です。

衣装は次女の手作りです。
去年次女が仮装で着たものなんですが、今年はこちらは着ないというので借りました。

もちろん娘たちも仮装しました。
IPF6RRog1n2Y5yj1540635998_1540636056.png


長女はカントリーベアシアターの「テディバラ」さんです。
テディバラさんってこんなんクマさんです。
35288691_874116082775217_8004967163045609472_n.jpg

小道具の傘も持って
O9KOEZYlRHbVvJd1540632131_1540632203.png

次女はディズニーアニメ「悪魔バスター スター・バタフライ」ちゃんです
yjimage.jpg

なりきりスタバちゃん
5FO0fD8THcsmlSU1540634062_1540634137.png
次女はワンピースも小道具も手作りです。


この日、クラリスとフリーグリーティングがかないました
DwYEmEpVh8Q4klB1540631832_1540632102.png
クラリスがでてきたときに、仮装してるわたしたちに「あらー」と指さしてくれたのです!!


若さいっぱいの娘たちはいいとして、わたしなんて50歳なのにこんなかわいい格好してもええのか!?という恥ずかしい気持ちもありましたが、そこは夢の国、どさくさにまぎれました(^^;)

娘たちは明日で今シーズンのディズニーハロウィーン三回目!
仮装も三回とも変えて楽しんでいます。
若さってすごいわね。


ディズニーランドホテルの「シャーウッドガーデンレストラン」で合流したパパと一緒に
2UcwU2vb1iivKD81540632359_1540632489.png

今回、ディズニーランドで娘と仮装できてうれしかったです
とても良い思い出になりました
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ
にほんブログ村





posted by yuri | ディズニー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする