2018年07月31日

そして誰もいなくなった・・

義理父ですが、わたしたちと夫婦と大喧嘩してからは、義理弟夫婦ががんばってくれてましたが、こないだこちらの夫婦にも暴言を吐き(「農薬飲んで死んでやる!」とか)、義理弟たちからも見放されたみたいです(やっぱりね・・・)。
もうほとんど来てくれなくなってしまいました。


義理父、もう義理弟にも頼れないと思ったのか、昨日はわたしに(パパではない)頼み事してきました。

「部屋が暗くてしゃーねえから、ショートステイに行ってる間にシルバー人材センターに電話して(自分ちの)障子の張替えをしておいてくろ!」だってさ。

農薬飲むなんてほざきまくってる人が、障子の張替えだってよー!


そしてよくまあぬけぬけと、わたしに頼めたものです。

えっ?もうわたしらには世話にならないんじゃなかったの?

その気もないなら、世話になんねえなんて言うなっつーの。
言ったら意地でも通してみろよ!っつーの

本当にわがままな人!
しっかし、なんで義理父のいない間に、義理父の家の障子の張替をわたしが頼まなくちゃなんないのかしら(それも一応ケンカ中なのよ!!)



そんな自分勝手でわがままだから、義理父の周りから親しい人はみんな去っていきました。


今は亡き義理母の弟は(義理母が生きてた頃には)毎年夏には泊まりに来ていたほどなんですが、義理母の初盆に泊まりにきたときに、義理父が「いつまで寝てんだ!早く起きて(俺の)めし作れ!(叔父さんは料理人)」と命令したことに腹をたてて、「もうここには二度と来ませんから!」と言って、そのまま初盆途中で帰ったっきり、縁を切られてしまいました。


また、こないだは義理父が入院中に義理父の実の妹から電話がありました(それもわたしの携帯に).
このおばさんは旦那さんを亡くし、数年前にはたったひとりの息子まで病気で亡くしてしまい、ひとりで暮らしています。

そんな叔母さんからの電話、何事かと思ったら「お兄さんに、わたしが死んでもそちらには一切連絡しないって遺言を書いたからお兄さんに伝えてください。だからお兄さん(義理父)が亡くなってもわたしに連絡しないでちょうだい。そしてもうこの電話でつきあいは最後っていうことにしてください」と告げられました。

そして「もうおばさん(義理父に)いやになっちゃったの。こんなこと、ゆりさんに言うことじゃないってわかってるけど、ごめんね、お兄さんに伝えてください」と。

わたしは「わかりました。伝えますね。おばさんのいやな気持ち、わたしはよーくわかりますから」と言いました。

義理父に何を言われたのかまではわからないけど、おばさんも義理父の暴言に限界だったのでしょう(叔母さんの気持ちは前からわかっていました)

わたしは昔、義理父にその叔母さんの前で怒鳴りつけられたことがあるんです。
そのときに叔母さんはわたしをかばってくれました。

なので胸がいっぱいになりながら「おばさん、あのときかばってくれたこと、わたし一生忘れません。あのときは本当にありがとうございました。おばさんもどうかお元気でいてくださいね」と言うと、おばさんは電話の向こうで泣きだしてしまい、「本当にね、あの人には人の気持ちが全然わからないんだよね。人間として最低だよね」と言ってました。

同意、同意、おおいに同意

「そうですね」とわたしは言いました。

実の妹に人間として最低だと言われ、そして脳梗塞での入院中に、わたしが死んでも連絡しないからそっちが死んでも連絡してこないでくれと、絶縁の電話をされた義理父(それも嫁の携帯に)。


叔母さんの言葉を義理父に伝えましたが「ほーならほーでかまわねえ!」と、反省の顔すら見せず、何もそこから学ばず。

相変わらずわたしたち夫婦にも、そして義理弟夫婦にもわがままと暴言ばかりで、とうとう義理父の周りには誰もいなくなってしまいました。


そんな姿を長いこと隣で見てきて思うのは、ただただ哀れなひとだなあということ。

なんのために生きてきたんだろうね。
人を暴言で傷つけるため?
みんなから嫌われるため?

そしてまだ自分のどこが悪いのかもまったく気づきもしていない(だから「死にたい」って騒いでるのに、なかなかお迎えに来てくれないのかもね)


義理父の姿を教訓にして、わたしは「老いたら子に従え」を胸に、愛する娘たちを、そして義理弟夫婦、わたしの弟夫婦を大事にしていこうと思います。

義理父みたいに決して皆に縁を切られることがないように。

義理父暴言集!?は次に続く・・・

にほんブログ村 介護ブログ 義理の親の介護へ
にほんブログ村






posted by yuri | 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月29日

うちだけじゃないのね

このあいだ義理妹がうちに来て、「おねえさん!今お義父さんが○○さん(義理弟)とけんかして、「俺は農薬飲んで死ぬからいい!」って言うんですよ。わたし気味が悪くてしょうがないんです」と言ってきました。

「あー、大丈夫だよ。それわたしらいっつも言われてるけど、今まで一滴も飲んだことないから」ってわたし。

ついこないだだって、義理父がはじめての一泊のショートステイから帰ってきたときに、パパが「来月も行ってくれるか?」って聞いたら「いやだ!」と言われて喧嘩になり、それ言われたばかりです。

その言い方もすごく威張ってて「俺は農薬もってんだよ!!!だからいつでも死ねんだかんな!!」とすごむのです。

今まで何回も聞いてきたその言葉、もう「じゃあそうしろな」ってしか言えないよ、こっちは。


義理妹「えーー!!そんなこと言われて気持ち悪くないですか?わたしはじめて人からそんなことを言われたんで、もう気味悪くって気持ち悪くてしょうがないんです」って。
「そうやっていっつも人をおどすんだよ。そうやって甘ったれてんのよ!」とわたし。

そのことをブログに書かなかったのは、もし本当にそうなったらシャレにならんなと思ったからなんですが、その後、ケアマネさんにも同じことを言ってたことを聞き(ケアマネさんから聞きました)、義理弟たちにも言ってたのにいまもしっかり生きてます。

「もうおら死ぬからな!」って言うのが口癖!?なわりに、ちゃーんと暑い日には自分でクーラーかけて部屋で過ごしてるのを見ると、あんなこと人には言っといて、熱中症で死にたくないんだわねえ、ってあきれちゃうよ。


そんなんで、義理父がわたしたち夫婦とけんかしたあとは、義理弟夫婦がなにかとがんばってくれてましたが、やはりこちらの夫婦も義理父には限界みたいです。
あれからもうほとんど来なくなってしまいました。

あの性格じゃ誰だってそうよね。
そうやって誰からも見放されていく義理父。



義理妹ははじめて義理父から「死ぬ!」って聞かされて、ものすごく気持ち悪がっていたけれど、わたしなんて結婚して数か月でそのセリフ聞かされてます。

それも義理母(当時は生きていた)とふたりして「お前の実家の庭で農薬飲んで死んでやる!」って言われましたから。
それでも今まで一滴たりとて飲んだことありませんから。


でもね、そんなことを言われるのはうちだけかと思ったんですが


こないだ義理父のショートステイ(義理弟が予約してくれた)のお迎えが来たので、「じいちゃんお迎えきたよ」と呼びに行くと、義理父ものすごい怖い形相でわたしをにらみ、「まったく!やんなっちまうよ!!」と怒鳴りました(「いやになるのはこっちだよ!!!」って怒鳴り返してやりましたが)


こないだ姑さんを亡くした近所のおばさんにそのことを言ったら「うちもそうだったよ。うちのばあちゃんも施設に行くときは、ものすごい顔でわたしのことにらんで行ったわ」って言ってました。

「やっぱりそうなんだ。うちなんて「農薬飲んで死んでやる」ってすぐに言うんだよ」って言ったら、おばさん「わたしなんてばあちゃんに「殺してくれ!」って言われたよ」って。

それ聞いて、やっぱりうちだけじゃないんだってホッと!?しました。

年寄りって(わたしは昔っからだけど)、すぐそうやって脅すんだよ。
まったく甘ったれてんじゃねえよ!!
わたしはあなたの子どもじゃないんだ、他人なんだからね。


もしかしたらこれを読んでる方にも、義理親などからそう言われてる方もいるかもしれません。

どうか相手の脅しにのせられないように、ばかげた言葉にどうかあなたの心を痛めませんように。

にほんブログ村 介護ブログ 義理の親の介護へ
にほんブログ村






posted by yuri | 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月27日

医者が絶対じゃない

義理父ですが、ますます孤立しています。

実は今、病院も行ってないし、薬やインスリン注射も拒否しています。

わたしたちと衝突したので、義理妹がわざわざ通院日に来てくれたのに「行かねえ!」。
義理父が行かないと言ってるので、義理妹がひとりで薬だけもらいに行ってくれたんですが、本人がこなくちゃ出せないと言われ、カルテには「本人通院拒否」と書かれたそうです(以前の心筋梗塞のときにも同じように書かれています)。

インスリン注射も「もうやらねえ!」と言ってやらせないので、やってません。

子どもじゃないので、いかない!やらない!という人にはどうしようもないので、放っておいてる状態です。

大昔の人たちは医者にかかってなかったのだから、もう自然にまかすしかないのかも。
もう医者に行かない!インスリン注射やらないならそれでもういいよ(そのほうがうちらも楽だし)

今は医者の言うことって絶対!って思えちゃうけど、いくかいかないかは自由なんだもんね(だったら具合悪くなったときだけかかるなって言われそうですが)

ただそのたびに振り回される我々はとても疲れます。
パパも、もう義理弟夫婦もあきれています。

これからどうなることやら。






posted by yuri | 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする