2017年11月30日

新しいワンピース買ったのに、誰にも気づいてもらえなかった!

こないだ楽天でマキシ丈のロングワンピースを買いました♪

これでーす
AeUvnhMQTXXCeDM1511934843_1511934950.png
お袖の下から、ババシャツ(タートルネック)の袖が出ているのはご愛敬(^^;)

楽天の「ジーナスタイル」で購入しました

似たような色三色。
わたしのは一番地味なベージュです。

マキシに近いロングワンピースはね、なんてったって「ディズニーでの必需品!!!!」なんです。

ショー待ちで座っていてもおパンツが見えないからねー。
と自分に言い訳しながら買いました
といっても、全部ポイント払いですがーーー(^^;)

おかずでもなんでも楽天カード使ってるし、楽天モバイルも三台で使ってるから、比較的ポイントが貯まるんです


とても素敵なワンピースなので気に入りましたが、スポンとかぶるカシュクールじゃなくて、着物みたいに前を合わせて着るタイプなので、スカートが合わさってないところが惜しかった(足を開くとスカートが開いちゃう!)
カシュクールのちゃんと一枚のスカートになってるほうがなにかと安心でわたしは好きです(^^;)


これ一枚で格好よくも着られるし、カーディガンと合わせれば、普段着としても使えます

昨日は黒のカーディガンと合わせて着たんですが・・・・
boMlc89YpTe5ofj1511937331_1511937389.png


家族の誰か気づくかなーってウキウキ着てたんですが、誰一人気づかないし!!!

なので次女に「あのさあ、これ買って今日はじめて着たワンピースなんだけど!」って言ったら「へー、いいんじゃない」と。
「気づかなかったの?」って聞いたら「ママ、そんな感じのいっぱい持ってんじゃん」だと。

そんなん持ってないと思うけどな!

それで長女にも言ったらやっぱり「ママ、似てるやついっぱい持ってるからわかんなかった」だと。
ついでにパパまで「ママよくそういう服着てるからわかんなかったよ」だと。
なんでもそう言えばいいと思ってないか。

三人からそういわれたので、わたしはやっぱりこういう服持ってるのでしょうね(思い浮かばないけどね)

いつもありがとうございます。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ
にほんブログ村






posted by yuri | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月27日

それも真実

寒くなってきたので、夕ご飯はお鍋が多くなってます
今日は豆乳鍋を作りました。
foodpic7999330.jpg
今はいろんな鍋のつゆが最近たくさん出てるけど、買ったことほとんどないな。
この豆乳鍋は、豆乳、酒、白だし、みそを合わせてつゆを作りました。



わたしは35歳のころ江原啓之さんのスピリチュアルメッセージを読んで、これから自分を変えていこうと決意し、スピリチュアルなるものを信じると決めました。
そして15年近くがたちました。

実際に自分が前とは変わったと思っています。
「受容」と「許し」の幅を広げることができ、今は昔からは考えられないぐらいにしあわせになりました

毎日なにかしら実践しています。

スピリチュアルの本を読んで心に響いたところを書きだした「マイバイブル」を読んだり。
こきたないので、ちょっと恥ずかしいわ〜〜(^^;)
1 (5).JPG
このファイルに気に入った言葉をびっちり貼り付けてあるの
こころに響いた言葉でも、こうやって書いておかないとすぐ忘れてしまうから、好きな言葉はいつでも読めるようにしています

最近はお気に入りのスピリチュアルのサイトの動画も見たりしています。
このサイトです→https://vaststillness.com/

深い呼吸で、こんなのを読んだり見たりしてると、気持ちがとても穏やかでしあわせになります。
自分の波動をよく整えていると言っていいのかな(これだけでもいいことが引き寄せられると言われています


それでですね・・・すべてのスピリチュアルが言わんとしてることは同じなんです。

身体であるyuriという人間のわたしもいるけれど、同時に大いなる存在(プレゼンスともいいます)の身体じゃないわたしでもある・・ということです。
にわかには信じられないと思います。
わたしもはじめて聞いた(読んだ)ときにはびっくりしました。
でもあらゆるスピリチュアルの本にそう書いてある。

yuriという人間は体を持っていて、毎日毎日朝起きては、時間に追われていて疲れたり、ハイテンションになってみたり、欲にまみれて人を怒ったりねたんだりしています。

でも大いなる存在であるわたしは、いつも時間のない今にいて、身体がないからあせることもなく、あるのは大いなる至福だけ。

あー、言葉にするのは難しいです。

このブログも人間であるyuriが書いているので、人の文句を言ったり、あれがほしいとか、これ買った!とか、トレーシーで運動してセクシーな身体をつくる!とかディズニーに家族で行って「キャーミッキー」とか書いてます。
これはこれでいいんです。

だけど、一日にちょーっとだけでもいいから「大いなる自分・プレゼンス」に気づくこと。

それでここが大事なんですけど、大いなる自分っていうのはすべてが自分なので、あのいや〜な人も本当のところは自分なんだって。
みんな自分なんだってさ。
だから人を許すのは、要は自分を許すことなんだって。


でもこのことは他の人に話したことがほとんどありません。
多分信じないと思うので(^^;)。

ただ、このことを信じなくても、神様は見てるとか自分がしたことは自分に返ってくるとかっては、なんとなくでも信じられる人は多いと思う。

わたしの親友は、神様がいることは信じています。
わたしなんかよりずっと心が広くて、やさしくて、人のために自分を犠牲にできるひと(本人は犠牲だとは思ってないが)。

「どうしてそんなことが(自分を犠牲に)できるの?」と彼女に聞いたことがあるんですが、怒りでいっぱいのときや悲しいときは、「もうひとりの自分から自分を見るようにしてる」と言ってました。

それはわたしのスピリチュアルにとても似ています。

身体の自分からいったん離れて、自分を見てみるということ。

「全ては真の自分・プレゼンス」だということを信じられなくても、十分やってみる価値があると思います。

これをわたしは実際の生活で使っています。
実際に義理父やパパに腹がたってるそのときに「真の自分・プレゼンス」に気づき、そこから自分を見るようにしています(そうじゃないときも多いが)。
そうすると、相手や物事を広い目で見られるようになり、怒ってることが大したことじゃない感じになります。

こんなことを地道に続けていくうちに、わたしの人生は変わりました。

このことが多くの人にわかってもらえることではないと十分承知していますが、誰かに響けばいいなと思います。


エックハルト・トール
「そして「プレゼンス」がより強く現れるようになると、あなたは今の状態をありのままに受け止めることができるようになってきます。自分がどうこうするということではなくなるからです。今この瞬間に体験すること、それに対する捉え方がまったく変わっていきます。どんな状況においても、心地悪い、不幸という重荷から解放されるのです。これはほんの一例ですが、このように「プレゼンス」は、あなたの人生を変容させていきます。人間関係においても、条件付けのマインドで常に人にとやかく言ったり批判することもなくなります。他者との関係性においても、さまざまな変化を体験することでしょう。」

そしてわたしの大好きな動画です。





ルパート・スパイラ
「我々が世界をそのように扱いはじめた瞬間から、世界はありがとうとわたしたちに言います。世界はこたえてくれるのです。」

ありがとうと世界を扱うと、世界はそれにこたえてくれる・・・わたしもそう思っています。
ありがとう
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ
にほんブログ村






posted by yuri | 幸福論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月25日

わたしにとっての結婚

先日の義理父のことのブログ。

あの記事で義理父と娘たちとのことを書きましたが、義理父のことを怒ってる娘を目の前にして、そこでそのまんまの気持ちをパソコンに打ちながら書いた記事です。

何も考えず「あーこれで今日のブログはいいや」って、そのまんまアップしてしまいました。


あとで読み返してみて、自分のことながら「わたしって本当に変わったんだなあ」と思いました。


結婚してから10年間は、義理父に対して恨みでいっぱいでした。
いっくら悪口を言っても言っても言っても言っても、言い足りなかった。
朝から晩まで悪口を言っても言っても足りないほどだったんです。

今は・・・
あの記事のとおりです。

義理父があんなおかげで自分がしあわせになれたとさえ思えます。


だけど、それはやっぱり自分のおかげで。
しあわせって自分次第ってよく言うけど、本当にそうだと思うんです。


わたしは義理父に対して恨みでいっぱいだった自分を変えようとしてきました。

それが少しずつ実っているのを日々感じています。


それは「受容の愛」「許しの愛」なのかなー、なんて思ったりします。

そして「受容の愛」「許しの愛」、それらは子どものころから死ぬことばっかり考えてきた自分に、「しあわせ」というものも連れてきてくれました。

今、本当に人生は不思議で素晴らしいと思います。


それをくれたのは、結婚、そしていやな義理父のおかげ。
そしてわたしの気持ちをわかってくれて、助けてくれる娘が育った。

本当に感謝しかないです。

すべての人に結婚がすべてで絶対必要だと思ってるわけじゃないし、離婚しないほうがいいとは言わないけど、わたしにとっては結婚し、離婚しなかったことが何よりのものだったと思います。


すべてはここからはじまった
4oO_mY8Nu2uoMcK1511582426_1511582511.png
今自分の生き方を「これでいいんだ!」って思えることがうれしいです。

需要はないとは思いますが、自分の思いを変えてきた方法などもこれから書いていきたいと思っています。

いつもありがとうございます。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ
にほんブログ村





posted by yuri | 幸福論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする