2017年01月31日

嫌悪はあれどもしあわせなわけ

次女に「値段が高すぎるよ」と言われ、悩みに悩んでキャンセルしたディズニーのバケパですが、やっぱり失ったものはおおきかった(泣)。
やっぱりキャンセルしなけりゃあよかったという気持ちでいっぱいです。
毎日、悲しみの日々です(大げさな)。


失くしてからわかるものってあるね。

でもわたしにはまだ失くしてないものもいっぱいある!!
家族とか、健康とか、いろいろ。
そう考えると、やっぱりありがたいな。

お金はとっておけば、またいいものに(ディズニーに)使えるんだもんね。
またいいもの見つけて予約するもんね〜〜



この間のブログに、生活のなかで義理父に嫌悪感をもつことも多いというようなことを書きましたが、それでもわたしはすごーーーくしあわせです。
バケパをキャンセルして悲しいけど、しあわせというのと似てるかな。
要はたいしたことじゃあないってこと。

嫌な気持ちって、生活していれば誰もが避けられないもの。
あって当たり前のものだと思います。
だからそれは普通のことです。


わたしが今まで生きてきて、一番つらかったなあと思うのが「もう自分はダメだ」って思う「絶望感」です。

次につらいのが「ビクビク」する「恐怖感」。

そして間がすごいあってからの「嫌悪感」になります。


絶望感を感じてるときは、恐怖感と嫌悪感も一緒に感じるからよけいつらい。
そこに人生のうれしいことや楽しいことは入る余地は、ほとんどありません。
しあわせなんて感じることはこれっぽっちもできないです。

これをわたしは小学校のころ強く感じていました。
学校がいやで「もういやだ、もうダメだ」って思ってました。
子供らしくない子供でした。


大人になるにつれ、「もうダメだ」という絶望感は薄くなっていきましたが、ビクビク感はまだまだありました。

ビクビク感もやはりつらいものですが、絶望感よりはずーーっとましです。
ただやっぱり安心感はなくてありのままの自分じゃいられない感じ、自分らしく生きられてなくてつらかったです。

ビクビク感は子どものころからはじまって結婚後まで続きました。
結婚してからは義理父に何か怒鳴られるんじゃないかといつもビクビクしていたなあ。

今思うとビクビクしていた自分がバカみたいですけど。

ただ義理妹を見てると、今でも義理父にビクビクしてるから、わたしだけじゃないんです。
そういう感じのじい様なんです。

ビクビク感は、自分で「わたしは本当は強いんだ!」って思いこんだり(これ本当にわたしは強かったんです)、義理父に戦いを挑んだり!?しているうちに克服していきました。

そう思うと義理父にも感謝だなあ
たっくさんのことを学んでしあわせになれたのって、悪魔の姿をした!?義理父のおかげだもの


わたしの場合、子供のころが「絶望感」いっぱいで一番つらかったから、年をとるごとに徐々にしあわせになっていったって感じがします。


今感じるのは嫌な気持ちだけなので、昔に比べたら天国です。
そんなの生きてれば、起きて当たり前の感情だから。

そのなかでしあわせを手放さないでいることが大事ね。
あるもの、失くしてないものに感謝していきたい。
愛と感謝を大切にすればそれはかないます。

つらかったけど、たくさん学んでわたしはずっとしあわせでいるよん


追伸・・なんつって書いてたら、今義理父がほうれん草を畑からとってきたよ(別にいらんけどな)。
ちゃんと洗ってありました。
あれでいいところもあるんだよね。
今日は今からからあげ揚げておすそ分けしてあげよっと

いつもありがとうございます。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ
にほんブログ村





posted by yuri | 幸福論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月24日

運動のススメ♪

ブログにも書いてますが、わたしは毎日トレーシーメソッドのDVDをかけて運動を続けています。


もう何年も、雨にも負けず風にも負けず続けています。

はじめて数年はやりたくないなあって思いながら続けてましたが、今ではやるのが当たり前、やらないとなんだか落ち着かないようになりました。
こうなるとしめたもんですね。


うちではわたしだけではなく、パパも自転車乗りまくりで、すっごく運動しています。

運動の種類は全然違うけど、ふたりして運動に時間をかけてる夫婦です。

なので、よくふたりで「運動っていいよね」っていうような話をしています。

まず何よりも身体の健康にいいでしょ。

それに加えて、運動って健康以外にもたくさんいいことがいっぱい
身体だけじゃなく、精神の健康にもすごくいいんです。

それに加えてスタイルの維持でしょ

この年齢になると、運動しないでスタイルを維持することははできないと思います。
やせてればいいってもんじゃないからね。

パパもわたしも50歳手前だけど、ふたりとも中年太りのようなお腹はしてません
nKBX90SbZzgl5Ff1485253255_1485253310.png


そしてこないだパパに教えてもらったんですが、男の人の精力にもいいんだって。

なんでも太い筋肉があることで、年齢的な減退を防いでくれて強くいられるんだって(ターザンに書いてあったって言ってました)

うーん、パパの自転車乗りこんでる太ももの筋肉見て納得させられました。
だってまだまだ強くいられそうだもん


女性も運動を継続することでセクシーさを保てて、男性をその気にさせられるからおすすめします。
わたしなんて最近はそれが第一だったりして(男性ってパパだけだけど)

だから運動って、めんどくさくても絶対やったほうがいいと思います

いつもありがとうございます!!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ
にほんブログ村





2017年01月22日

女をダメにする男

今日はまた次女のリクエストで、家族四人でディズニーストアに行きました。
次女が、ミスタードーナツから新しく出たっていうマシュマロのドーナツが食べたいと言うので食べました。
おいしかったです。


昨日は組内の結婚披露宴がありました。
まだまだいなかの古いしきたりのところなので、披露宴は夫婦ふたりでの参加が決まりなんです。

いなかのつきあいって大変だなあと思いながら(時間もお金も)、昨日はパパとふたりで出かけました。

披露宴にはこんな服で。
eVsguClFadFo8EV1485081193_1485081269.png
フォーマルというより、スーツです(わたしフォーマルもってないのよ(^^;)

夜からの披露宴で会場まで距離もあり送迎バス使用だったので、ディズニー用!?のロングダウンコートで防寒だけはしっかりねん。
aTOpy1BELTlFQub1485081287_1485081336.png
ディズニー同様、腰と足裏にカイロを貼って行きました。


組内の付き合いで親はよく知ってても、長男さんである新郎のことを知らないでの義理での出席でしたが、昨日はとても素晴らしい披露宴で感動しました。

組内の同年代のママ友ご夫婦たちと同じテーブルにしていただけたので、おしゃべりも和気あいあいで、いいところに嫁にきたなあって思いました。

それに加えて隣のお席にパパがいての披露宴だったから、よけいに「結婚っていいなあ」っていうしあわせな気持ちでいっぱいになりました。

送迎バスだったので、パパとたくさんお酒も飲みました(ケチだから普段は全然飲まないんですが、タダ酒なら飲めるんだよ〜〜ん!って、ご祝儀包んでんだからタダ酒ってわけじゃあなかったですね(^^;))


家に帰ってパパとお風呂に入りながら披露宴の余韻にひたり、「結婚して本当によかったね」って言いました。


頼りがいがあるパパ、お金を稼いできてくれて、最近は夕飯のあとお皿洗いまでしてくれるんです。

そしてわたしが毎日のんべんだらりんとすごしていても何も言わず、ディズニーでもなんでも好きにさせてくれます。

こんないい男・・・世の中にはいるんですねえ(のろけですみません)


ただそんなパパに甘えてしまい、わたしはどんどんダメ人間になってしまいます。

仕事も相変わらずしてないし、それでも以前は子育てっていう大義名分!?があったけど、今や次女も高校生になり、弁当作り程度しか子育ての仕事はない。
それで昼間に夕飯のおかずを買いにいき、夕飯作れば終わり(皿洗いはパパがしてくれること多い)です。

パパが頼りがいがありすぎて優しすぎるから、パパに甘えてわたしはどんどんダメ人間の怠け女になってます。

よく男をダメにする女って聞くけど、その反対でパパは優しすぎで「女をダメにする男」なのかもね。

それでお風呂でパパに「パパが優しすぎるから、わたしどんどんダメな女になっていってるよね」って言ったら、「そんなことないよ。ママ優しいからすごくしあわせだもん」って言ってくれました。

「パパに甘えてばかりだけど、こんなんでもいいの?」って聞くと、「もちろんいいよ(*^-^*)」だってーーー。

パパがそう言ってくれるんだからいいのかな。
パパとの子どもたちを育てあげたっていうことで(あとパパの親の面倒も一応みてるし、あとHは断りません)、もうダメ女でもいいやねー。

パパ結婚してくれてありがとう!いつもありがとう

いつもありがとうございます。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ
にほんブログ村





posted by yuri | 幸福論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする