2016年11月30日

これで夫婦うまくいってます(我が家の場合)

前の記事でわたしがパパに求めてるものを書きましたが、わたしだけが求める一方では夫婦うまくいきません。
パパの要望にもお応えしないことにはね。

ではパパはわたしに何を求めているのかってあらためて考えてみました。

わたしがパパに求める「お金を稼いでくること」は、パパはわたしに求めてないことだと思います(本当にありがたいです)


パパが妻であるわたしに求めていること・・・・・それは、まずHでしょう(わたしらってこればっかね(^^;)

しかしなんといってもあちらは男性です。
パパの希望のときにできることが肝心です(あくまでも我が家のわがままパパの場合です)
それに対してはわたしは断ることはないので、完全に満足していただいていると思います。

それからお料理を作ること。
外食嫌いの人だからね。
ただ決して手が込んでるものや、たくさんの種類のお料理がなければだめっていうんじゃなくて、パパの好物があればよろしい。

こちらもわたしは専業主婦なので、毎日パパの希望をかなえています(今日は鶏肉の照り焼きとホイコーロ作るよん



それから忘れちゃならねえ、わたしの結婚で一番乗り越えるのが大変だったこと。

それは同じ敷地に住む義理父と(それなりに)うまくやっていくことです。

ブログにも書いてるけど、アクの強い爺様だから大変です。

今日も近くに住む義理妹(パパの弟の奥さん)がみかんをもってきてくれたんですが、外でなんかやってる義理父の目を終始気にして、(いやですねえ)って目で合図していました(^^;)

そんな義理父気にして、いつも近くにいるわたしはいったいどうすればいいの?って感じ。

まあわたしは慣れました。

もう義理父の目なんか気にしてないわ。
なんか変なこと言ってきたら「はあぁぁーーーーっつ!?」って言ってやります(安心してください。それでうまくやってます)


パパもわたしの両親を大切にしてくれてるんですが、それはわたしが義理父を見捨てないからだと思います。

相手への思いやりに加え、お互いの家族に対しての気持ちと行動は、結婚生活をうまくいかせるのにとても大きいことだと思います(相手の家族への思いやりは、要は相手への思いやりに他ならないものね)


とまあ、いろいろ書いてきましたが、我が家はまずHレスにならないこと、そしてパパが稼いで、わたしが家を守ること(義理父と(それなりに)うまくやりながらね)。

要はあったかい家庭で外でがんばってくるパパを待って受け入れること、これで夫婦とてもうまくいってます

いつもありがとうございます。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ
にほんブログ村





posted by yuri | 幸福論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月28日

だから離婚が多いのね

このあいだ、はじめて着るカーディガンに気づかないパパに向って暴言を吐いたわたしです。

パパがわたしの暴言にのらずに上手に受け流してくれたので(これも夫婦の年の功です。ありがとう)けんかには発展しませんでしたが、「なんでカーディガンに気づいてくれないの?」なんて、こづまんない理由でキレたのにはわけがあります。

それはしばらく(っつったって大したほどでもない)Hしてなかったからですーーー汗汗汗(^^;)〜〜

長年夫婦をやってきて、あれってとっても大事なものだと思っています。
してない人ほど「そんなの関係ないよ」といいますがね(^^;)
してる人だけがその偉大さを知っている!?

例えば同じようなシチュエーションでも、ちゃんとスキンシップをしていれば(Hしていれば)態度が全然変わってきます。

わたしはけっして「どうして気づいてくれないの?」などと責めたりしないでしょう。

気づくかどうか試すようなことはせず、自分から「パパ、これ買ったんだけどどうかしら?」ってルンルンで聞くでしょう。
そんで「素敵だよ(何を着てもだいたいこう言ってくれる人です)」「ありがとう!パパ」ってなる。

それができなくなるんです。
素直になれなくなっちゃう。


それでもわたしも最近はそういうとき違うことを考えて、気を取り直すことを覚えました。

ずばり!お金のことを考えるんです(ハハっ(^^;))
「今ハマってるディズニーに行くためにはパパに稼いできてもらわないと!」って考えると、ほとんどのことは許せるわーーー(チョーげんきんですな(^^;)


わたしはスピリチュアルを信じているので、人生には偶然はないこと、結婚したことにも意味があること、そして感謝を忘れないことを思い出すことも夫婦仲良くするのにとても大事なことです。
こういうこともよく思いだして、パパに感謝を忘れないようにしています。

ただやっぱり生身の人間なのでね、あっちもレスで、旦那さんがお金も稼いでこなかったら、うまくやるのは難しい気がします。

だから世の中離婚が多いのだろうね

いつもありがとうございます。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ
にほんブログ村






posted by yuri | 幸福論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月26日

逃げ恥のような恋愛はできない

今日はパパが一週間の韓国出張から帰ってきましたーーーー
この一週間、パパがいなくてどこか足りない感じがしてました。
パパも帰ってきて「やっぱりうちは最高だねー」って言ってくれました
「そうでしょーーーー


昨日は中学からの友達四人でランチしました。
昨日はこんな格好で行きました。
tYbxQf8RfbMb8ZA1480164214_1480164269.png

下に着てるのはユニクロのワンピースです。
poH2HBf6VcTWIRq1480164143_1480164194.png


わたしが今見てるドラマに「逃げ恥」があるんですが、あれ見るたびにイライラして娘に「なんで(積極的に)いかないのーーーー!ばかじゃないの!」って言いまくってるんですが、娘たちには「そこがいいんじゃないの!」と言われます。

それで「こんな恋愛がいいなんて、今の若い人たちってやーね」なんて娘に言ってたんですが、昨日はEちゃんに「ゆりちゃん、逃げ恥見てる?」って聞かれて「見てるよ」というと、「ゆりちゃんはあれ見てイライラするでしょ」って図星をさされました。

「今の子ってなんで積極的にいかないのかね、ばかじゃないの」というとEちゃんをはじめほかのみんなからも「あれがいいんでしょー!キュンキュンする!」って言われました。

お互いに勇気がなくてなかなか前に進まないはがゆさががいいんだって。


わたしははがゆさを通り越して、なんで攻めていかないんだよってイライラしまくりです。

それからそれぞれの昔の恋愛話。
聞けばわたし以外のみんな、逃げ恥みたいなはがゆい恋愛をしてるんです(若いころ)。
それで逃がした魚は大きいみたいよ。

それじゃあわたしみたいにかかんに攻めればいいかっていうとそうでもなくて、よく「あまりにガツガツくるから引く」とか「積極的にこられると引く」とか言われ(どんだけ〜)、やっぱり逃げられた魚は多しです(でも大きくはない)。


でも積極的にいかないで逃がしてしまうより、自分の思いどおりに言うだけ言って!?その結果逃げられたほうがわたしにとってはあきらめもつくからいいかな(^^;)


その引くを知らない攻めの一手しかないわたしの戦法に、引かないどころか磁石のようにピタッとついてきて、ずっと離れないでいてくれた奇特な方がただひとりいたんです。
そう、パパです。


そしてそのピタッと感は今でも変わらず。
わたしらって本当に合ってるのね。

パパが帰ってきてなんとも満ち足りたこの気持ちです。
やっぱりわたしたちって身もこころもピタっと合ってるんだね(言わしておいてください)

パパ出張ご苦労様でした
愛しています。

いつもありがとうございます。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ
にほんブログ村




posted by yuri | 幸福論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする