2016年09月29日

「頭おかしくなってない?」と言われました

昨日は長女が大学のお友達5人でディズニーシーに行ってました。
こないだは次女の友達にまじってディズニーランドのハロウィーンに行ったばかりなのに、やっぱりバイトしてる人は強いね!

最近わたしが真剣にチャレンジしていることがあるんですが、それは朝の9時と10時にディズニー予約サイトでホテルやレストランの予約の練習をすることなんです(なんてヒマ人なんでしょうねー)。
日本全国からの人が9時と10時ジャストに一気に予約を取りに来るので、成功できるときは少ないんです。
そしてあくまで練習なので、予約に成功しても確定はさせず、その場で手放しています。

そんなバカみたいなことでも昨日、毎日の練習の成果を発揮できたんです

昨日はディズニーシーに行ってる長女とお友達の分5人分のキャラクターダイニングレストラン(ミッキーたちと一緒に写真をとれるレストランで予約なしでは入れない)の当日枠を勝手に狙ってみたら・・・なんと、なかなか予約がとれない当日枠をとることができたんです!
なんでもやってみるもんね

すぐにシーにいる長女に連絡。
「ホライズンレストランの当日枠、とれたよーーーー!!」というと、「本当?うれしい!ありがとう!」って。
お友達もみんな喜んで行くとのこと、こんな趣味!?でも役にたつんだーとうれしかったです。



昨日はわたしは中学からの友達三人でランチでした

今ディズニーに夢中になってるわたしは秋にミラコスタ予約しているというのに、さらにその半年先のディズニーホテルの予約もしてしまいました。
それもスペシャルなバケーションパッケージ(パスポートスペシャルにファストパスとかレストラングリーティングとかショーとか他いろいろ付き)

それをふたりに言ったら「それ家族四人で行くの?いくらかかんの?」「40万円だよ」というと、「こないだ行ったのもいれたら全部で100万ぐらいかかってるじゃないの!!ゆりちゃん、頭大丈夫?おかしくなってない?」って言われた。

それまでケチな話を発揮!?していたので「いろいろケチってるわりに、それおかしいでしょ!」って。

ははは・・・汗汗(^^;)

わたしは外食(友達とのランチは別腹です)もコンビニも行けないケチだけど、けちけちしてばかりいるわけじゃないのよー。

家族で楽しめることにはお金かけてもいい!って思っています。

今までも長女が生まれてからモルディブ2回にパラオ2回家族で行きました。

今は娘ふたりしてディズニーが大好きになってるので、そこにはお金かけてもいいかなって思っています。

最近のパパとの合言葉!?は「いつまで(娘と)一緒に出かけられるかわからないもんね」
うん、その言葉に弱いんだよね。


昨日は長女に貸してる車が車検でなかったので、駅まで送り迎えしました。
シーには閉園まで遊んでから電車に乗ったそうで、駅についたのが12時半すぎ(^^;)

お迎えに行こうとしたら、次女も一緒に行くと言い、パパも運転してくれるという(駅まで夜中で片道40分以上かかります)。

「パパは明日の仕事に差し支えるからいいよ。寝てて」って言っても「みんなでこうしていられるの、いつまでできるかわからないから」って。

助手席で家からもってきたふとんにくるまりながら、こんな夜中に家族みんなして迎えに行けることにとてもしあわせを感じていた。

駅から出てきた長女も「えー、みんなで来たの?」とうれしそうでした。
帰りの車では長女のおみやげ話を聞きながら帰りました。

長女が「ママがレストランとってくれたおかげですっごい楽しかったよー。ありがとう」って、お礼にわたしの大好きなジェラトーニのぬいぐるみバッチを買ってきてくれました
1.JPG
15周年コスチュームです。
うれしいなあ、ありがとう
毎日予約の練習しておいてよかったなー

いつもありがとうございます。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ
にほんブログ村





posted by yuri | ディズニー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月27日

強く思うことのパワー

わたしの貯金のコツなどを書いてみたいと思います。

節約術はいろいろあれど、貯金をする上で、まず第一に必要なものがあります。

それは「お金を貯める!」という強い意志です。

「なんだ、そんなことか」と思う方もいらっしゃると思いますが、これはすごく大事なことなんです。


稲盛和夫さんの「生き方」という本に、若き日の稲盛さんが松下幸之助さんの講演を聞きに行ったお話があります。
これは前にブログに書いたのですが・・長いので読まずに流しても構いませんが、一応抜粋しておきます。
わたしの大好きな個所です。


ダムをつくろうと思わんとあきまへんなあ――松下幸之助

そこで松下さんは有名なダム式経営の話をされた。ダムを持たない川というのは大雨が降れば大水が出て洪水を起こす一方、日照りが続けば枯れて水不足を生じてしまう。だからダムをつくって水をため、天候や環境に左右されることなく水量をつねに一定にコントロールする。それと同じように、経営も景気のよいときこそ景気の悪いときに備えて蓄えをしておく、そういう余裕のある経営をすべきだという話をされたのです。

それを聞いて、何百人という中小の経営者が詰めかけた会場に不満の声がさざ波のように広がっていくのが、後方の席にいた私にはよくわかりました

「ダム式経営ができれば、たしかに理想です。しかし現実にはそれができない。どうしたらそれができるのか、その方法を教えてくれないことには話にならないじゃないですか」

これに対し、松下さんはその温和な顔に苦笑を浮かべて、しばらくだまっておられました。それからポツリと「そんな方法は私も知りませんのや。知りませんけども、ダムをつくろうと思わんとあきまへんなあ」とつぶやかれたのです。今度は会場に失笑が広がりました。答えになったとも思えない松下さんの言葉に、ほとんどの人は失望したようでした。

しかし私は失笑もしなければ失望もしませんでした。それどころか、体に電流が走るような大きな衝撃を受けて、なかば茫然(ぼうぜん)と顔色を失っていました。松下さんのその言葉は、私にとても重要な真理をつきつけていると思えたからです。

思わんとあきまへんなあ・・・・・・この松下さんのつぶやきはわたしに、「まず思うこと」の大切さを伝えていたのです。ダムをつくる方法は人それぞれだから、こうしろと一律に教えられるものではない。しかし、まずダムをつくりたいと思わなくてはならない。その思いがすべての始まりなのだ。松下さんはそういいたかったにちがいありません。




松下幸之助さんが言う「まず思うこと」。
「強く思うこと」にはものすごいパワーがあるのだと思います。

ここが大事なとこなんですが、「強く思うこと」は、貯金だけじゃなくて、ダイエットや夫婦仲良くやること、それからしあわせになることなど、すべてにつながるんです。

「このスタイルを維持するぞ」との強い意志でわたしは毎日トレーシーエクササイズを欠かさずスタイルを維持しているし、「わたしは絶対夫婦仲良くやっていく」という強い思いをもってるので、パパとうまくいかないときも感情に流されず(流されたら一気に相手が気に入らなくなりぶっきらぼう夫婦になります)愛情を示すようにしているから夫婦仲良くしていられるんです。

そして「わたしは何があってもしあわせだ」と強く思っているから、わたしはしあわせなのです。


貯金も同じことです。

方法よりも思い、まず強い意志が必要だと思います。

わたしは貯金するためによく言われている、財形貯蓄などの先取り貯金をしたことは一度もありません。
投資やFXなどもしたことがないので、もうけたこともないし損したこともありません。
またクレジットカードは貯金の大敵と言われていますが、わたしは毎日の食料でもなんでも楽天カードのクレジット一括払いをしています。
年会費永年無料の楽天カード

だから方法よりもまず「思い」が先。

強い意志が持てるなら、それで十中八九は成功したと言えます。
その意志があるからわたしはのどが渇いてもセブンコーヒーも自動販売機のジュースも買わないのです(パパはセブンコーヒーとセブンのシュークリームが大好きでよく買ってるみたいだけど(^^;))


強い意志を持ってしあわせに、そして家庭でも松下さんのおっしゃる「ダム式経営(貯金)」をして気持ちに余裕をもちましょう。

長くなってしまったので次に続きます。
でもあまりためにならなかったらごめんね。

たくさんのクリックをありがとうございました
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ
にほんブログ村




posted by yuri | 幸福論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月21日

友達にもらったワンピースがセクシー

こないだママ友ちゃんちに遊びに行ったときに、「よかったら着ない?」と、ワンピースとスカートもらってきました。

どっちも素敵なのに「買ったんだけど、わたしには似合わないのよー」だって。

もちろん喜んでもらってきました


スカートは友達んちですぐに履いてウエストオーケーだってわかってもらったんだけど、ワンピースはさすがに着ないで帰ってきました。

家に帰ってさっそく着てみると、すっごい素敵なワンピースでした。

これです。
0cmLK078nz8oa1G1474454181_1474454256.png
イタリア製だそうよ。

胸元がグッと深くてセクシーなワンピース。
キャミブラ(キャミソールを着てるように見えるブラ)をするといい感じです
gLCnvsbDZJ_6O3i1474454114_1474454160.jpg

長さもちょうどいいし、すごい気に入りました

なんでこんな素敵なの似合わないのかな?
絶対彼女の思いこみだと思うーー。


実はわたしはよく友達から洋服もらえるんです。

決して「着ない洋服あったらくれ!」って言ってないよー。
モノほしそうにしてるんかな(^^;)

でも「これよかったら着ない?」って言われて、「着る!着る!もらうわ!」というとみんな「よかったー(*^-^*)」って喜んでくれます。
わたしもすごいうれしい、なんか愛を感じるんだもん

いつもありがとうございます。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ
にほんブログ村





posted by yuri | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする