2016年09月29日

「頭おかしくなってない?」と言われました

昨日は長女が大学のお友達5人でディズニーシーに行ってました。
こないだは次女の友達にまじってディズニーランドのハロウィーンに行ったばかりなのに、やっぱりバイトしてる人は強いね!

最近わたしが真剣にチャレンジしていることがあるんですが、それは朝の9時と10時にディズニー予約サイトでホテルやレストランの予約の練習をすることなんです(なんてヒマ人なんでしょうねー)。
日本全国からの人が9時と10時ジャストに一気に予約を取りに来るので、成功できるときは少ないんです。
そしてあくまで練習なので、予約に成功しても確定はさせず、その場で手放しています。

そんなバカみたいなことでも昨日、毎日の練習の成果を発揮できたんです

昨日はディズニーシーに行ってる長女とお友達の分5人分のキャラクターダイニングレストラン(ミッキーたちと一緒に写真をとれるレストランで予約なしでは入れない)の当日枠を勝手に狙ってみたら・・・なんと、なかなか予約がとれない当日枠をとることができたんです!
なんでもやってみるもんね

すぐにシーにいる長女に連絡。
「ホライズンレストランの当日枠、とれたよーーーー!!」というと、「本当?うれしい!ありがとう!」って。
お友達もみんな喜んで行くとのこと、こんな趣味!?でも役にたつんだーとうれしかったです。



昨日はわたしは中学からの友達三人でランチでした

今ディズニーに夢中になってるわたしは秋にミラコスタ予約しているというのに、さらにその半年先のディズニーホテルの予約もしてしまいました。
それもスペシャルなバケーションパッケージ(パスポートスペシャルにファストパスとかレストラングリーティングとかショーとか他いろいろ付き)

それをふたりに言ったら「それ家族四人で行くの?いくらかかんの?」「40万円だよ」というと、「こないだ行ったのもいれたら全部で100万ぐらいかかってるじゃないの!!ゆりちゃん、頭大丈夫?おかしくなってない?」って言われた。

それまでケチな話を発揮!?していたので「いろいろケチってるわりに、それおかしいでしょ!」って。

ははは・・・汗汗(^^;)

わたしは外食(友達とのランチは別腹です)もコンビニも行けないケチだけど、けちけちしてばかりいるわけじゃないのよー。

家族で楽しめることにはお金かけてもいい!って思っています。

今までも長女が生まれてからモルディブ2回にパラオ2回家族で行きました。

今は娘ふたりしてディズニーが大好きになってるので、そこにはお金かけてもいいかなって思っています。

最近のパパとの合言葉!?は「いつまで(娘と)一緒に出かけられるかわからないもんね」
うん、その言葉に弱いんだよね。


昨日は長女に貸してる車が車検でなかったので、駅まで送り迎えしました。
シーには閉園まで遊んでから電車に乗ったそうで、駅についたのが12時半すぎ(^^;)

お迎えに行こうとしたら、次女も一緒に行くと言い、パパも運転してくれるという(駅まで夜中で片道40分以上かかります)。

「パパは明日の仕事に差し支えるからいいよ。寝てて」って言っても「みんなでこうしていられるの、いつまでできるかわからないから」って。

助手席で家からもってきたふとんにくるまりながら、こんな夜中に家族みんなして迎えに行けることにとてもしあわせを感じていた。

駅から出てきた長女も「えー、みんなで来たの?」とうれしそうでした。
帰りの車では長女のおみやげ話を聞きながら帰りました。

長女が「ママがレストランとってくれたおかげですっごい楽しかったよー。ありがとう」って、お礼にわたしの大好きなジェラトーニのぬいぐるみバッチを買ってきてくれました
1.JPG
15周年コスチュームです。
うれしいなあ、ありがとう
毎日予約の練習しておいてよかったなー

いつもありがとうございます。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ
にほんブログ村





posted by yuri | ディズニー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月27日

強く思うことのパワー

わたしの貯金のコツなどを書いてみたいと思います。

節約術はいろいろあれど、貯金をする上で、まず第一に必要なものがあります。

それは「お金を貯める!」という強い意志です。

「なんだ、そんなことか」と思う方もいらっしゃると思いますが、これはすごく大事なことなんです。


稲盛和夫さんの「生き方」という本に、若き日の稲盛さんが松下幸之助さんの講演を聞きに行ったお話があります。
これは前にブログに書いたのですが・・長いので読まずに流しても構いませんが、一応抜粋しておきます。
わたしの大好きな個所です。


ダムをつくろうと思わんとあきまへんなあ――松下幸之助

そこで松下さんは有名なダム式経営の話をされた。ダムを持たない川というのは大雨が降れば大水が出て洪水を起こす一方、日照りが続けば枯れて水不足を生じてしまう。だからダムをつくって水をため、天候や環境に左右されることなく水量をつねに一定にコントロールする。それと同じように、経営も景気のよいときこそ景気の悪いときに備えて蓄えをしておく、そういう余裕のある経営をすべきだという話をされたのです。

それを聞いて、何百人という中小の経営者が詰めかけた会場に不満の声がさざ波のように広がっていくのが、後方の席にいた私にはよくわかりました

「ダム式経営ができれば、たしかに理想です。しかし現実にはそれができない。どうしたらそれができるのか、その方法を教えてくれないことには話にならないじゃないですか」

これに対し、松下さんはその温和な顔に苦笑を浮かべて、しばらくだまっておられました。それからポツリと「そんな方法は私も知りませんのや。知りませんけども、ダムをつくろうと思わんとあきまへんなあ」とつぶやかれたのです。今度は会場に失笑が広がりました。答えになったとも思えない松下さんの言葉に、ほとんどの人は失望したようでした。

しかし私は失笑もしなければ失望もしませんでした。それどころか、体に電流が走るような大きな衝撃を受けて、なかば茫然(ぼうぜん)と顔色を失っていました。松下さんのその言葉は、私にとても重要な真理をつきつけていると思えたからです。

思わんとあきまへんなあ・・・・・・この松下さんのつぶやきはわたしに、「まず思うこと」の大切さを伝えていたのです。ダムをつくる方法は人それぞれだから、こうしろと一律に教えられるものではない。しかし、まずダムをつくりたいと思わなくてはならない。その思いがすべての始まりなのだ。松下さんはそういいたかったにちがいありません。




松下幸之助さんが言う「まず思うこと」。
「強く思うこと」にはものすごいパワーがあるのだと思います。

ここが大事なとこなんですが、「強く思うこと」は、貯金だけじゃなくて、ダイエットや夫婦仲良くやること、それからしあわせになることなど、すべてにつながるんです。

「このスタイルを維持するぞ」との強い意志でわたしは毎日トレーシーエクササイズを欠かさずスタイルを維持しているし、「わたしは絶対夫婦仲良くやっていく」という強い思いをもってるので、パパとうまくいかないときも感情に流されず(流されたら一気に相手が気に入らなくなりぶっきらぼう夫婦になります)愛情を示すようにしているから夫婦仲良くしていられるんです。

そして「わたしは何があってもしあわせだ」と強く思っているから、わたしはしあわせなのです。


貯金も同じことです。

方法よりも思い、まず強い意志が必要だと思います。

わたしは貯金するためによく言われている、財形貯蓄などの先取り貯金をしたことは一度もありません。
投資やFXなどもしたことがないので、もうけたこともないし損したこともありません。
またクレジットカードは貯金の大敵と言われていますが、わたしは毎日の食料でもなんでも楽天カードのクレジット一括払いをしています。
年会費永年無料の楽天カード

だから方法よりもまず「思い」が先。

強い意志が持てるなら、それで十中八九は成功したと言えます。
その意志があるからわたしはのどが渇いてもセブンコーヒーも自動販売機のジュースも買わないのです(パパはセブンコーヒーとセブンのシュークリームが大好きでよく買ってるみたいだけど(^^;))


強い意志を持ってしあわせに、そして家庭でも松下さんのおっしゃる「ダム式経営(貯金)」をして気持ちに余裕をもちましょう。

長くなってしまったので次に続きます。
でもあまりためにならなかったらごめんね。

たくさんのクリックをありがとうございました
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ
にほんブログ村




posted by yuri | 幸福論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月21日

友達にもらったワンピースがセクシー

こないだママ友ちゃんちに遊びに行ったときに、「よかったら着ない?」と、ワンピースとスカートもらってきました。

どっちも素敵なのに「買ったんだけど、わたしには似合わないのよー」だって。

もちろん喜んでもらってきました


スカートは友達んちですぐに履いてウエストオーケーだってわかってもらったんだけど、ワンピースはさすがに着ないで帰ってきました。

家に帰ってさっそく着てみると、すっごい素敵なワンピースでした。

これです。
0cmLK078nz8oa1G1474454181_1474454256.png
イタリア製だそうよ。

胸元がグッと深くてセクシーなワンピース。
キャミブラ(キャミソールを着てるように見えるブラ)をするといい感じです
gLCnvsbDZJ_6O3i1474454114_1474454160.jpg

長さもちょうどいいし、すごい気に入りました

なんでこんな素敵なの似合わないのかな?
絶対彼女の思いこみだと思うーー。


実はわたしはよく友達から洋服もらえるんです。

決して「着ない洋服あったらくれ!」って言ってないよー。
モノほしそうにしてるんかな(^^;)

でも「これよかったら着ない?」って言われて、「着る!着る!もらうわ!」というとみんな「よかったー(*^-^*)」って喜んでくれます。
わたしもすごいうれしい、なんか愛を感じるんだもん

いつもありがとうございます。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ
にほんブログ村





posted by yuri | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月19日

マキシが流行ってよかった

この間久々に仲良しのママ友ちゃんに会ったときの話。

ママ友ちゃんはおしゃれな人なんだけど、その日はズボンでした。
「最近ズボンなの?」と聞くと「ううん、今日はズボンだけど普段はスカートが多いよ」とのこと。

「でも最近ひざに自信がないから、あれが多いわ、あれよ、あれ」

ふたり同時に
「マキシスカート!!」

「今はマキシが流行ってるからいいよね」と意見が合いました。

中途半端な長さのロングスカートよりおしゃれに見える(ここはどいなか)し、ディズニーで座り待ちしてもパンツ見えないからマキシ丈大好きです


でもひと昔前まではマキシ丈なんてドレスしかなかった気がする。

マキシ丈が出始めてまだ持ってなかったころ、義理妹に「おねえさん、背が高いからマキシワンピースが似合いますよ。着てください」って言ってもらったんだけど、そのころはマキシ丈ってほとんど若い子のものって感じがしてました。

今は年齢問わず着ているね。

これはマキシスカートです。
7GkYzVYa1Ezz4AO1474263376_1474263438.png
ウエストゴムが太めで、トップスをインしてもいいのでお気に入り。

もう一枚ぐらい色ちがい買ってもいいけど(ケチだからやめる)



このマキシワンピースは今年買ったんだけど、背が高いからただのロングワンピースになってしもた(泣
Ip_PMsbMmuarYfk1474265226_1474265270.png
そのうえこのワンピース、チョー寸胴に見えるんだよー(自慢のウエストが〜)

同じ物、この画像の方にはマキシ丈なんだけどね。

わたしの場合、マキシワンピースは丈が選べるやつを買わないとだめみたい(^^;)
これから注意しよう。

いつもありがとうございます。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ
にほんブログ村





posted by yuri | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月17日

夫婦仲良くなれる方法

昨日は朝、仲良しのママ友ちゃんから「今日遊びに来ない?」と久々に電話をもらいました。
ずいぶん急だなと思いつつ、毎日ヒマなので「いいよ。何時ごろ?」と聞くと「今から来て」とのこと。
なので洗濯物だけほしてすぐに行きました(それでさよならしたの夕方(^^;))

彼女のお母さんの具合があまり良くないということは聞いていたんですが、お盆に亡くなったそうで、夏から病院へ行ったり、お葬式、今は実家のあとかたづけと大変なのだそうです。

それで彼女が心痛とてんやわんやの間、彼女の旦那さんときたら協力してくれないこと、親戚が集まってる場所でもスマホばっかり見てることをすごく怒っていました。

悪い人じゃないんだけど、奥さんの気持ちにまで気が回らない旦那さんなんだよね(^^;)



結婚って、本人同士だけの付き合いじゃありません。
相手の家族への思いやりってものすごい大事だと思います。

だったら自分はどうなんだ!って言われそうですが(^^;)、一度同居したもののうまくいかずに出て離れたのに、またこの義理父の家に帰って来たというだけでもパパはわたしに頭があがりません、えへん!。


こないだ、ナイナイアンサーで鈴木奈々ちゃんも言ってました。
鈴木奈々ちゃんと旦那さんはすごい倦怠期だったそうなんですが、奈々ちゃんが旦那さんの家によく行くようにして、ご両親にプレゼントしたり大切にするようにしたら、何年もしてくれなかったキスをしてくれて今はアツアツになったのだそうです。

わたしこれすごいよくわかります。

夫婦にはHも大事だけど、相手の家族を大事にすることもとても大事(どちらも思いやりだと思います)。

そして旦那さんの親によくすると自分にも返ってきます。

パパは毎週末、わたしと一緒に実家にきてくれ、わたしの両親と夕ご飯を食べます(娘と三世代そろって真田丸(BS)を見ること多し)。

そしてそのことはわたしにとって、高級レストランで豪華なものをおごってもらうことの何万倍もうれしいことなんです。

昔誕生日にもらったパパからの手紙、大事にとってあります。
11aOqQA7lxLDP3n1474087697_1474087933.png
手紙の言葉どおり、わたしの両親によくしてくれるパパが大好き(手紙に穏やかな気持ちになれるようにがんばると書いてあるのは、昔のことで忘れましたが田植えのとき義理父と毎度のけんかをしたのだろう)


わたしもパパに応えなくちゃね。
今年も恒例!?おとといの十五夜には大量けんちん作り、もちろん義理父におすそ分けしました。
foodpic7240357.jpg

義理親が近くにいることは一見不幸なことに思えるけれど、相手の親を大事にすることで何倍もの夫婦愛が育ちます。

これはわたしが経験済みです。
わたしたち夫婦が今でもラブラブでいられるのは、お互いにお互いの親を大事にしてるからといえるでしょう(あとHもね)。

いつもありがとうございます。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ
にほんブログ村





posted by yuri | 幸福論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月14日

おしゃれな友達のマネしてみた

夏にあった中学時代の友達の飲み会で、平日ランチ仲間のEちゃんが素敵かわいい格好できました。
Eちゃんは、いつものランチのときも素敵ファッションなんだけど、飲み会ではそれに輪をかけて!?モテファッションっぽい感じでした。

どういうのかって言ったら「シフォンのトップスにふわふわスカート」

別に普通かもしれないけど、わたしの友達はわたしとEちゃん以外はみんなズボンしか履かないから、スカート履いてるだけでもおしゃれに見えるんです。

さっそくEちゃんの真似したくなったわたし、定価で買うのはバカみたいだから(バカみたいではないけど)、お得意のオフハウスで見つけてきました、似たような上下。

着てみたらこんなん(Eちゃんと違ってアクセサリーはなしです(もってない))
zDWhijbyxb2DVGX1473829584_1473829636.png
オフハウスの夏物セールで買ったのでトップス(ペイトンプレイス)500円以下、スカート(クレージュ)1000円とちょっとで買えました。

ただ買うの遅かったので、どこにも着ていかずに夏も終わってしまいました(^^;)

いつもありがとうございます。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ
にほんブログ村





posted by yuri | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月12日

パパの好みのディズニーキャラは?

昨日はうちの姉妹そろってディズニーランドに行ってました。
わたしとパパはお留守番です。

もともと昨日は次女が中学の友達と四人でディズニーに行く約束をしてたんですが、長女もハロウィーンに行きたいと、それなら一緒に行っちゃえ!ということで、次女のお友達にもオーケーもらって、ちゃっかり大学生が高校生たちに加わって行ってしまったのでした。

昨日はひとつだけパレードが雨バージョンになってしまったそうですが、その他のパレードは全部見られて満足だったみたいです。


我が家ではディズニーで好きなキャラがそれぞれいます。

Dヲタ次女(ディズニーのためにこないだ一眼レフまで買いました)が好きなのは、ホセ(緑のオウム)です。
長女が好きなのは「チップとデール」のチップ。
わたしが好きな子はジェラトーニで、最近はデールも好きです(チップとデールって似てるけど全然違うんですよ)

そして女三人ともにミッキーが好きなのはお約束

そしてパパなんですが、いままでディズニーにパパは単なる付き添い(アッシーとファストパス取り)で来てるだけなので、好きなキャラって特にいなかったんです。

でもこないだ、一緒にディズニーシーの水上ショーを見てたとき、パパが「あれ誰よ!あれなんかすごいね!」と言うので、誰かと思ってみたら・・・・クラリスでした。

あとになって娘たちと好きなキャラは誰かっていう話をしていたら(しょっちゅうしている)、パパがしゃしゃりでてきて「パパはクラリスが好き!」だって(栗鼠組強し!)。

クラリスって、ディズニーの女の子の中で一番セクシーで、チップとデールを骨抜きにしちゃうんです。
ミニーちゃんとかデイジーがふわっとしたかわいいスカートを履いてるのと対照的に、いつもピタッとしたタイトスカートで、ボンキュッボンと見せています。
1.jpg
ポーズもセクシーね

しっかしパパって本当にわかりやすい男だなと思いました。
確かにわたしもタイトスカートを履いてるときが一番パパに「今日は素敵だね」っていわれます。

わたしもクラリスみたいなワンピースも持ってるもん
AXSlLQk1S6xuUO31401501228_1401501276-thumbnail2.png
うーん、やっぱりセクシーさはクラリスに完敗だわ(^^;)


またお顔だけでいうと、男の子キャラとの一番の違いはなんといってもばっさばさなまつ毛

この間ディズニーで、ミニーちゃんの縫いぐるみバッチにまつ毛をつけるの忘れて売り出してしまったそうなんですが、まつ毛がないミニーちゃんはスカート履いたミッキーだったそう。
すぐに回収してまつ毛をつけて再販になったんですが、キャストさんたちはお店にない理由を「ミニーちゃんお化粧忘れちゃったので、今お化粧してるとこなんです」って言ってたんだって(素敵な言い方)。

女らしさに大事なのはスカートとまつ毛っていうことがわかります。

わたしもスカートでいることが多く、まつ毛も毎日つけまつ毛(クラリス同様目尻のみ)を使用しています

これはこないだパパに「今日は素敵だね」って褒められた格好です。
U_NMoOEikl8uPWy1473662047_1473662090.png
やっぱりピタッとタイトスカートでした(やっぱりわかりやすい男)

パパも好みなことだし、せっかく女に生まれたのだから女性らしいファッションを大事にしたいです。

いつもありがとうございます。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ
にほんブログ村





posted by yuri | ディズニー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月09日

やっぱりわたしはこれでいいのだ(*^-^*)

昨日、敷地内同居している義理父が、「(シャツの)ボタンがとめられない(義理父は指先がふるえてきかない)からとめてくろ」と言って来ました。

毎日のことなのでいつものようにとめてあげたら、なにやら胸のポケットからくしゃくしゃになったご祝儀袋を出してきた。
ずいぶんくしゃくしゃだと思いながらも義理父は手がふるえて字もかけないので、こちらもいつものように書いてあげようとすると「これこないだの敬老会で一万もらったからМとみーに五千円ずつこづかいだ!」って。

そういいながら、顔には満面の笑み、笑み、笑み

義理父にはこないだもたくさん娘にこづかいもらったばっかりなんです。
年金生活でけっして余裕があるわけじゃないのはわかってる。
敬老会で市からいただいたお金なら好きなお寿司だって食べにいけるのに、うちの子供たちにってくれるって・・・


義理父の気持ちがすごくうれしかったです。
わたしはまた感動してしまいました(もちろんお礼も「ありがとう!じいちゃん」って。

そしてきっとこれはいつもわたしがおかずを作ったのをおすそ分けしたり、書きものしてあげたり、子供たちもいっしょになって服を着せてあげたりしてることをありがたいと思ってくれてるんだって思いました。

こないだ親友からも「(お金くれるのは)お礼の言葉が言えないじいちゃんなりの「ありがとう」の気持ちなんだよ」っていわれました

パパも義理父のことを「昔は俺にあーじゃねえこーじゃねえ!ってうるさかったけど、最近何も言ってこないし、俺がなにか文句言っても何も言い返さなくなったよね。きっとママやМちゃんやみーちゃんがいろいろお世話してくれてるから安心してるんだろうな」って言ってました。
すごくうれしかったです。

昨日は義理父にてんぷらおすそ分けしました。
foodpic7223715.jpg

ぶっきらぼうで怒ってばっかりのじい様だと思ってきたけど、本当に人間ってわからないものです。

こないだのブログでわたしは働きにいかず近所の手前、これでいいのかなって書いたけど、そんなことはどうでもいいんだ。

やらなければならないことは、それをやらなければならない。
金銭的にやってけないならその時には働きにでるしかない(働ける場所もそんなにないだろうけど)けど、そうじゃないならこうやって必要として喜んでくれる人がいるんだもん、わたしはこれでいいんだって思いました。

わたしにとってはこれが大正解の生き方なんだと思います。
迷ったこともあったけど(義理父が世界で一番きらいな人だったので)、この道を進んでよかったです。
そしていつまでも夫婦仲良くしていたいな。


今日も台風すぎて真夏の暑さ。
秋の装いどこへやら!昔ユニクロで千円しないで買った真夏ワンピースでした。
m_0KxGOkFdprx_U1473405966_1473406038.png
スカート、後ろが長くなってるの

いつもありがとうございます。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ
にほんブログ村




posted by yuri | Comment(0) | TrackBack(0) | 幸福論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月06日

これでいいのか?これでいいのだ(*^-^*)

日曜日に町内会の公民館清掃があったので行きました。

わたしは働いてないので(あいかわらずです(^^;))春に次女が中学校を卒業してから人と会う機会がぐっと減っています。

なのでそういう集まりに行くのがすごい久しぶりな感じで、別に嫌な人がいるわけじゃないのに行くのやだった。

わたしの近所でも子供がうちぐらいに大きくなったら(いや、もっと前から)働いてない奥さんいないんです。
それで(子供も大きくなって働けるのにパートにも出てなくて何やってんだろう)とかって思われてるんだろうなとか、誰に言われたわけじゃないのに勝手に考えてました。

節約しながら娘を私大にやってて、それで誰に迷惑かけてるわけじゃないのにひとりでバカみたいだね。

パパもそれでいいって言ってるし(つか、働いてカリカリされるより今のがいいって(^^;))、人と比べなくていいのにって、今これ書いて思います。


夜はパパ自転車のメンバーの飲み会がありました。

帰ってきてからパパが「ママのことみんな言ってたよ。「○さん(パパのこと)の奥さんきれいだよね、○さん(頭)ツルツルなのに」って」って言ってました。
パパもうれしそうでした(自分のことはツルツルだっていわれてるのに(*^-^*))

そうだ、わたしは第一に妻と母をやってるんだ。
なんとかやっていけてるし、パパがしあわせそうならそれでいいじゃん

今日は真夏の暑さ
こんな格好でした。
3GVwZFE9oiL4JCC1473148227_1473148277.png

これでいいのか?
これでいいのだ(*^-^*)

いつもありがとうございます。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ
にほんブログ村




posted by yuri | 幸福論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月03日

そんな宗教ならやめちまえ!

今日の午前中パパは、骨折で退院後はじめて自転車のメンバーたちと外を自転車乗ってきました。
かえってきて「気持ちよかったーーー」とすごくうれしそうでした。
やっぱりパパは自転車乗ってないとね、乗れるようになって本当によかったね

午後はパパと快気祝いを買いに行って、何件かお返ししてきました(わたしは車に乗ってるだけでしたが)。
今日の格好
3puXIIHjdwafycJ1472900967_1472901025.png
まだまだ夏の格好じゃ。
パパに「素敵だよー」と褒められました


今はパパが元気なことが普通になってきてますが、2週間前は確かに歩けなくて入院してたのよね。
打ちどころが悪かったら、今こうはいかなかったでしょう、感謝です。

自分の身体とヘルメットは壊したけどなおった(ヘルメットは買った)し、幸いにも高級な自転車は(100万もする)は壊れなかったからよかった。


うちの両親にもお見舞いのお金をもらっていて、お返しは「(回り)寿司食べに連れてってほしい」というので連れていってさっき帰ってきました。

今、母が悲しそうなので元気づけてあげたいんです。
母はある宗教の勉強をしてきていたんですが、いつまでも本入会!?しないので昨日、いつも来てくれていた方から「もうあなたには無駄みたいだからもう終わり」と言われたとかで。

その組織を信じてないわたしたちから見たらなんでもないことなんだけど、母にとっては「やっぱりわたしは神様にダメだって言われてるんだわね」ってすごくつらそうでした。

母がそれを信じてて、それが幸せならいいと思っていたけど。

そんなことで見放す神なら、こっちからやめちまえ!って。

たしかに人間としてこうあるべきみたいな教え自体はすばらしいのです。
でもこの人は認めてこの人は認めないっていう宗教なんてインチキだと思うし、この宗教こそが真実で他は一切認めないっていうことがおかしいでしょ。

ここ数年、母はその勉強に一生懸命で、その組織で禁止されてることをしないようにしてました(本意ではなく)。

お墓や仏壇にお線香もあげない(それも父じゃなくて母の先祖なのに)
なので父とわたしが、「ま、しょうがないか」と母のかわりにやってました。

わたしたちに向って「サタンがこうさせてるんだよ!」っていう母を、(それを信じてるんじゃしょうがないからな)と受け入れ、その宗教の勉強(週3もある)も反対することなく受け入れてきた父(わたしも)。

だから「「こうこうしないならあなたはダメね」っていう組織より、ずっと嫌な顔しないできたお父さんのほうがずっと優しいいい人だとわたしは思うよ」と言ったら「そうだね。お父さんみたいに大きい人いないわ」って言ってました。

結局最後まで母を捨てないのは宗教じゃなくて家族なんだよ。

そして本当の神なら絶対にどんな母でもダメだなんて言わない、どんな人のことも認めているんだよ。

いつもありがとうございます。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ
にほんブログ村





posted by yuri | 幸福論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする