2015年08月30日

家族を大切に

今日長女はファミレスバイト二日目に行きました。
が、このあいだが二時間、今日はたったの一時間しか働いてません。
大手ファミレスってこうなのかしら?

金銭的にはいくらにもなってないですが、お金がどうしても必要なわけではないですし、いろんな経験ができるっていうだけでありがたいと思っています。

「いくらもお金にならないけど、あせらずゆっくり覚えられてかえっていいかもね」と今日パパとも話してました。



このあいだは長女に対してかわいそうなことをしてしまったなあと反省しています

言い訳をさせてもらうと、お皿洗いのときは病み上がり(ゲームしすぎの頭痛ですがあせあせ(飛び散る汗))でわたしも身体がつらかった、そしてモールでのジュースのときは、もう夕方過ぎてパパが帰ってきちゃう!おかずもこれから買わなくちゃならないのに!とものすごい焦っていて、そこへきて長女がぐだぐだと決まらないのでイライラしてしまったのです。

わたしもいつも完璧に対応してあげることはできないんです。



ただ、いつも(気分が悪くないときは)家族に感謝を伝えるように意識して生活しています。


我が家では、もういつからか忘れましたが、娘が小さなころから毎日夕食前にひとりひとりに感謝をしてから食べるようにしています。

「パパ、お仕事ありがとうございます」「ママ、おいしいごはんをありがとうございます」「Мちゃん、学校ご苦労様、いつもやさしくしてくれてありがとうございます」「みーちゃん、かわいい笑顔ありがとう」とそれぞれに「ありがとう」を言ってから「じゃあ神様に感謝して・・・・いただきます!」と言って食べています。

これをもう10年以上も毎日続けています。

娘が小さいうちは素直に言ってくれても、宗教に入ってるわけでもないのに大きくなって言うのがいやだって言ったらやめよう、と思っていたんですが、長女が18歳になった(10月で19歳です)今でもいやがらず言ってくれます。(遅くなってひとりで食べるときにも、ひとりで「パパ、ありがとうございます。ママ〜〜〜いただきます」と感謝を言ってから食べてくれるんです)
そんな家族に感謝しています。

やっぱり神様だけに感謝するんじゃなくて、自分への感謝を言ってくれるからみんなうれしいのかなぴかぴか(新しい)って思います(もちろんわたしもうれしいですハートたち(複数ハート)

またいつも娘たちには「今日のメイクすごくいいねわーい(嬉しい顔)」「今日のファッションかわいいねぴかぴか(新しい)」「いいね、いいね」と、思ったいいことを口にして伝えるようにしています。


今回はいらいらして長女に当たってしまいましたが、そんな日常があるので、わたしが長女がいてくれることをしあわせだって思っていることは、きっと長女に伝わってるんじゃないかなって思い直しました。



娘は親子ですが、血のつながってないパパにはそれこそいつも(わたしの機嫌が悪くないときはあせあせ(飛び散る汗))感謝を伝えています。

ひまさえあればexclamation&question「パパ、いつもわたしのためにお仕事ありがとう」」「パパと結婚できてわたしすごくしあわせだよ」と伝えています。
いつも言ってるので、そう言うとパパに「知ってるよわーい(嬉しい顔)」って言われるんですあせあせ(飛び散る汗)

さすがにこんだけ毎日言っていれば「知ってる」よねえあせあせ(飛び散る汗)
たとえ知ってても、わたしは言い続けます。
わたしのパパへの愛情、感謝の気持ちを、パパにはいつもゆるぎなく感じていてほしいなって思うから。


わたしはパパに文句を言ったり(とくに自転車にかかるお金のこと多しあせあせ(飛び散る汗))することも多いですが、それでもいつも夫婦仲良しでいられるのは、こういう毎日の「ありがとう」の積み重ねなのかなって思います。



家族でも感謝を伝えるってすごい大事なことだと思います。

そして家族で日ごろからそういう土台を築いていれば、たとえけんかをしたり怒ったりしてしまったときにも大丈夫だって信じています



昨日の夕飯も、もちろん感謝してから食べました。
foodpic6362273.jpg
もうすいか食べ飽きたよーーーー。
でもすいかって、買うとすっごい高いんだよねあせあせ(飛び散る汗)
ぜいたくですね。

すいかをせっせとこれでもか!と届けてくれるじいちゃん(義理父)に感謝だなあ、ありがとうぴかぴか(新しい)

そしてわたしが作ったからあげと煮物は、じいちゃんにおすそ分けぴかぴか(新しい)



何もないところから頼りなくはじまって〜〜数えきれない喜怒哀楽をともにすれば〜るんるん(B'z)
今世、家族になれたことに感謝しています
パパに長女に次女に、ひとりひとりに感謝しています、ありがとう

でもその家族はわたしが妻として母として築いたことにほかなりません。
だから自分にも感謝しています


家族を大切にかわいい


いつも本当にありがとうございます。
感謝しています。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ
にほんブログ村




posted by yuri | Comment(6) | TrackBack(0) | 幸福論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月28日

目立つ服で来ないでねと言われました

先日のブログに長女に対して反省したことを書きました。

それでパパに「わたし、みーに比べてмちゃんに対して厳しいと思う?」と聞くと「そんなことないと思うよ。ママの子育てがいいからふたりともいい子に育ってるって思うよわーい(嬉しい顔)」って言ってくれました。
パパありがとう。
あたたかいコメントも本当にありがとうございました。

一番身近でわたしや娘たちを見ているパパがそう言ってくれてるのだから、これまでの長女に対してのことも自分を責めないでいようと思います。
もちろん、これからそのまんまの長女にあったかく接していこうと思っています。




夏休みに入ってから結構経ってる長女です。

長女の大学の病院でも休み中の看護助手のアルバイトを募集していて、長女の仲良しのお友達たちも夏休み入ってすぐから「びょうばい(病院バイトを略してこういうそうです)」はじめています。

長女の場合は大学まで遠いのと、就職したら看護師って決まってるから違う職種も経験したいということでファミレスのウエイトレスさんの面接うけて、今日バイト初出勤なんです(やっとです)。

これから夏休みが終わってからもできる範囲で続けていくそうです。

大丈夫だろうか、大丈夫かなあと、仕事続かない母(わたし)はちょっと心配しています。
がんばれーーぴかぴか(新しい)



昨日は、少年の主張の作文で学校代表に選ばれた次女の地区大会がありました。

送り迎えのついでに、わたしも娘の発表を聞いてこようと思っていたら、前日次女から「ママ、明日目立つ恰好でこないでね」と言われてしまいました。

「わたしそんなに目立つ服装してるかしら?」と言うと「してるよー」。
「今までいやだったの?」って聞くと「授業参観はママたちは後ろにいるからいいけど、明日は派手だとママがいる!ってわかるから緊張する」んだって。


そんなん言われたので、昨日年相応の服exclamation&questionで行きました。
こんな恰好で
FpO4S0G7_DipdoL1440680101_1440680167.png

プリーツ伸び伸びスカートは、ちょっと太ってみえるかもあせあせ(飛び散る汗)

実際、ちょっと体重増えたんですけどあせあせ(飛び散る汗)


次女は会場でこの春赴任してこられた国語の先生(女性)とずっと一緒にいたので、ごあいさつしました。

発表会が終わり、次女が来て、「先生が「お母さん若いね」って言ってたよ。」って言ってくれました。
まじか!

それで「お母さん、前に教職とかしてた?」っても聞かれたそうなんです。

なんと!わたしの雰囲気感じが先生のように見えたそうなんです。
それってちゃんとして見えたってことかしらん。

実際はゲームに夢中なんだけどね(頭痛起きたのでそれからは控えめにはしています)あせあせ(飛び散る汗)


次女に目立つ恰好してこないでと言われての服装でしたが、大成功でしたるんるん

やっぱり見た目って大事なんだな。
次女の言うことを聞いて、派手な恰好で行かないでよかったですあせあせ(飛び散る汗)


いつもありがとうございますハートたち(複数ハート)
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ
にほんブログ村





posted by yuri | Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月26日

子供へのまなざし

前の記事でツムツムゲームに夢中になってることを書きましたが、あまりに夢中になりすぎて昨日は頭痛が起きて吐き気がして、何もできず一日寝込んでいました。

いい気になってた罰が当たりましたもうやだ〜(悲しい顔)


昨日は次女が「大丈夫?」「大丈夫?」と何度も聞いてくれ、頭をマッサージしてくれたり、買い物に行くときはついてきて手伝ってくれたり、夕ご飯を作るのを手伝ってくれました。

看護学校に行ってる長女は何もなし(自分のことに夢中で、わたしがつらそうなことに全然気付かない)

やっぱ次女クンのほうが看護師に向いてると思う―――――!!!
大丈夫なのか、長女!!


それで夜は次女に「今日はホントにいろいろありがとう。みいちゃんのおかげで助かったよ」って言ってたら、長女が気が付いて、夕飯の後「わたしが洗い物をするよ」と言ってくれました。

それはいいんですけど、いくら待っても洗い物してくれない。

しょうがないので、自分でやるかと洗いだしたら「わたしがやるから」と言うので、「いいよ、わたしがやるから。やってくれるならもっと早くやってよ!!」って言ったら、長女落ち込んでしましました。

まあ、親子なのですぐに仲直りはしましたけど。



今日は長女が運転でモールに連れてってくれるって言って、次女とわたしはのせていってもらいました。

せっかくだからなにか甘いものでも食べようと言って、わたしと次女が季節のヨーグルトドリンクにするというと、長女「ヨーグルトはなあ、」って言うので、「じゃあмちゃんはスタバにしたら?」と言ったらスタバをみて、そのあとミスドを見て、それでも遠慮があって決まらないんです。

長女はいつもこうなんです。

遠慮するなら、はっきり「いらない」って言えばそれで済むのに、でも妹だけ買ってもらうのはいやだって言う気持ちもあり、ものすごく歯切れが悪くてこっちがイライラしてくるんです。

次女みたいに「ありがとう、わたしこれこれにする」って決めればいいのに。


なのでいつも長女に言ってるセリフ「欲しいんなら「ありがとう!」って言ってもらったほうがよっぽどもこっちは気持ちいいよ。いつも悪い、悪いって。そういわれると買ってあげたくなくなるよ」と言うと「えーーでもいいのかなああ」とまだ言ってるので「もういいよ。今日はあなたには買わない」と言って買ってあげませんでした。

そしたらまたしょげてしまい、わたしたちのヨーグルトドリンクをあげると言っても、意地はって飲みませんでした。



長女の素直に表現できないところ、「おねえちゃんなんだから」と言って育てたつもりはないのですが、ガマン、遠慮してきたのがこんな風になってしまったのかとも思います。

わたしがそうしちゃったのかもしれないと思いました。



わたしは「世界の中の日本人」みたいな番組が大好きなんです。

このあいだはケニアで孤児院を運営してる方がでてたんですけど、その孤児院に、すぐにまわりに怒りだしたり、情緒が不安定になるストリートチャイルドだった子がいました。

その日本人の方は(わたしよりずっと年配の方です)その子を「わたしが守ってあげるから、大丈夫だよ」と言って頭をすりすり撫でてあげていました。
その時の黒人の子のうれしそうでしあわせそうな顏!

それを見て感動して涙が出てきて、そして自分はそうやって子育てしてこなかったかもしれないなあと思いました。

専業主婦だったので子供といつも一緒にいたけれど、その方のようにそのままを受け止めてあげて、思いっきり甘えさせてあげたりしてこなかったように思います。
もっともっとかわいがってあげればよかったと思いました。


でも、あの頃のわたしはあれで精一杯だったんです。
だから済んでしまったことで自分を責めるのはやめようと思います。



こないだお盆に弟家族と会ったときに、上のお姉ちゃんが中学生になって部活を土曜も日曜も朝早くからお弁当持ちで頑張ってるというので、「○ちゃん、部活大変なのに本当にえらいねえ。みーちゃんのママ(わたしのこと)○ちゃんのこと、本当にすごいなあって思うよ。応援してるからがんばってねわーい(嬉しい顔)」と言ったら、「うん」と言いながらものすごーーーくうれしそうな顔をしたんです。
その顔を見て、ああ、子供ってこんなに褒められることがうれしいんだなあって思いました。

そしてその隣の妹ちゃんがおねえちゃんだけが褒められれて悲しそうでした。
こんどは妹ちゃんもほめてあげないとねあせあせ(飛び散る汗)

褒めるということを軽く考えて、思わず流してしまうことも多いけど、褒めることってとても大事なことなんだと思います。


長女は大学生なので、抱きしめて頭すりすりはさすがに恥ずかしいけど、「えらいねえ」とか「ありがとう」とか、「Мちゃんがいてくれてよかった」とか、口に出してほめて行こうと思います。

今日はイライラして結局ジュースを買ってあげませんでしたが、今度は優しく「遠慮しなくていいんだよ」って言ってあげて買ってあげようと思います。



いつもありがとうございますぴかぴか(新しい)
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ
にほんブログ村




posted by yuri | Comment(10) | TrackBack(0) | 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする