2015年07月29日

わたしの友だち

こないだブログに書いた友だち。

高2の娘が、別れた彼氏の悪口をツイッターとかで拡散して大変な目に合いました。

彼女の娘は高校に入ったころには手がつけられなくなっていて、友人はなんども学校に呼び出しをくらってます。

結構前に「なんでお姉ちゃんはまじめなのに、あの子はこうなっちゃったんだろ」というので、そのときわたしは正直に思ってたこといいました。

「○子ちゃん(友人)がお姉ちゃんの習い事に夢中で、週に何回も夜つきっきりで、△ちゃんのこと家にひとりで置いていってたでしょ。△ちゃん、ひとりで夕ご飯食べるのさびしかったんじゃないかな」って。

だって、その習い事は小学校から、もともと姉妹で習っていたんです。
なのに、友人は△ちゃんが小学校の高学年のときに「あなたは素質がないからやめたほうがいい」って言って、△ちゃんが「やめたくない」って言ってるのにやめさせたんです。
それを聞いたとき、「それは△ちゃんがかわいそうだよ。やりたいって言ってるんだもの、やめさせないほうがいいよ」って何度も言ったんですが、友人は聞く耳を持たなかったんです。

なので、「そういうことがさびしかったんじゃないかな」って言ったら、「お母さんにも「あんたがおねえちゃんばっかりにつきっきりだったから、△がこうなっちゃったんだ」って言われて、泣いて怒鳴ったんだけど、ゆりちゃんもそう思うわけ?」って、○子ちゃんに大泣き叫ばれてしまいました。


実はこの○子ちゃんは、こないだも泣いてわたしのことを怒ってきた人です。
昔とびぬけたスタイルと美しさを持つ人だったんですが、子供を産んで「太っちゃったー」っていつも言ってるので「自分で(老けたことを)自覚してるんだからいいと思うよ」って言ったら(自分では褒めたつもりでした)、やっぱり泣きながら怒ってきました。


実はそれから、いつも「遊ぼうよ」とメールくれる○子ちゃんからなんの連絡もなかったので、○子ちゃんまだ怒ってるのかなあっって思っていました。

そしたら今回、娘△ちゃんのことで「聞いてよ」と連絡がきたんです。
△ちゃんのことはもちろん心配だけど、○子ちゃんから電話がきてうれしくもあったんです。



○子ちゃんとは高校からの友だちで、もう30年の付き合いになります。

いっつも自慢話ばっかするし、わたしの話をしてもろくに返事もしてくれないで、上から自分の話で消されてしまう。
だから「なんだよー、人の話聞けよ!」って思うことしょっちゅうあります。

今まで何度もケンカしたし、怒り、怒られしてきました。
「もう二度と会わない!」って思ったことも数えきれません(きっと向こうもそうでしょう)


それでもしばらくすると、今回のように何事もなかったかのように付き合いだします。


高校時代は、いつもつるんでいました。
独身時代はふたりで京都にいったり、結婚してからは、うちの家族と彼女の家族で一緒にパラオにも行きました。

わたしが元彼氏にふられたときも彼女のうちに一番最初に行ったし(さすがにその時はわたしの話も聞いてくれました)、パパと付き合うことになったときも、一番最初に彼女のうちに行ったらしい(わたしは覚えていない)。
「○子ちゃん!聞いて!わたし彼氏ができたのー!!」って、パパに告白されたその足で行ったんだって(「あのときのうれしそうなゆりちゃん、忘れられない」って言われます)。

彼女はその美貌とスタイルで、エリートな彼に見初められ結婚しました(しかし今はいろいろあります)
結婚してから義理親のことでわたしが鬱っぽかったときには彼女と会えませんでした(このときは○子ちゃんだけじゃなくて、同居で悩んでる友達以外は誰とも会えませんでした)。
それでもそこから抜け出したときに、また何事もなかったように会いました。

それで、今は彼女のうちに行っても彼女はパジャマみたいな恰好で(わたしはいつもバッチリメイク)、ふたりしてゴロゴロ寝ている。


普通友達同士、大ゲンカしたりすごい怒らせたら、付き合わなくなるよね。
でもわたしたちは、そのたびそのたび、しらばっくれながら何事もなかったようにつきあってきました。

お互いに弱みを見せられる人。
そして弱いときに会いたくなる人。

「ゆりちゃんに対してのわたしの気持ちだよ」って言ってもらったポストカードにはかわいい太陽に照らされたお花の絵で、「元気の源はあなたです」って書いてあった。
0cdfbe03-d0e0-4f70-8b13-3c9d04c10ac5e11a70t026bdb49.jpg
すごいうれしかった。

こないだも泣きながら怒ってしまってどうなるかと思ったけど、またこうして電話してくれた。
こうなったら、彼女とは死ぬまで付き合っていくつもりです。

これからも怒ってもいいよ、わたしの話ろくに聞かなくてもいいよ、自慢話もどんどんしていいからね。
あなたがいたほうがずっといいから。


いつもありがとうございますかわいい
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ
にほんブログ村




posted by yuri | Comment(4) | TrackBack(0) | 幸福論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月27日

今年の夏のイベント♪夏のファッションが好きなこと♪

今日は友達から電話がありました。

友人の高2の娘には同い年の彼氏がいるのですが、その彼氏は高校に行ってなくて、仕事もすぐに辞めてしまうので、いつも「早く別れてくれればいいのに」と言ってました。

それがとうとう別れたんだそうです。
「それはよかったね」って言ったら「それがさ、彼氏が怒って夕べは仲間と暴走族みたいに、うちの周りを一晩中ブンブン騒音たてて走ってて眠れなかったんだよ」

あげくのはてに、その子のお姉ちゃんが専門学校へ行く途中に車がパンクしたそうで友人が行ってみたら、タイヤを切られたあとがあったんだって。
まじめなお姉ちゃんは、今日から期末テストなのに、そんなことがあって泣いていたそうです。

それでご近所にも迷惑になっているので、警察に届けたって言ってました。

わたしが「今ストーカーって多いから、○ちゃん(娘)にフラれて恨んでるのかな」と言うと、なんとフラれたのは娘の方なんだって。

「なんでフラれたのに嫌がらせされるの?」と言うと、「それがね、うちの子がツイッターとかでフラれた彼氏の悪口を拡散しちゃって、彼氏と仲間が怒ってるんだよ」だって。

ふたりが仲良しのときは、チューしたりふとんに入ってるところをスマホ写真や動画にとって拡散していて、友人は「今はいいけど別れたときに大変だから、写真に残すのはやめなさい」と言ってました(しかし娘は全然聞かなかった)
別れたら今度は悪口を拡散って・・・そういうの現代の恋愛にはありがちなのかな。

そんなことがあったのに、当の本人は全然気にしてない様子で、「怖いから外にでないで夏休みは家にいなさい!」と友人が言うのもいっこうに聞かず、お友達(女子)の家に泊まりに行ってしまったそうです。
友人、先が思いやられそうな予感がします。



大学生の長女は今日から期末テストにはいりました。
長女の夏休みは来週からなんですが、次女はもう夏休みに入っていて、わたしも夏休み気分るんるん

昨日はパパに「ママ、Мちゃんとミーちゃんが夏休みに入って楽しそうだねわーい(嬉しい顔)(長女はまだ夏休みじゃないのに勘違いしている)」って言われました。

自分では自覚ないけど、やっぱりたのしそうなのかな〜〜



今年もパパは「夏休み、どこ行くーー?」って何度も聞いてました。

正直なところ、娘たちもう大きいから、家族で海とか山とかはそんなに行きたくないんだよ。
「じゃあ映画でも行く?」ってパパは言うけど、全員が見たい映画そろわないし(わたしは見たい映画ない)。

わたしが娘と行きたいところは、オタク系!?イベントなんです。

だからパパに「パパ、そんなに家族で一緒にでかけたいの?」って聞いたら「いや、俺は出かけたいわけじゃあないよ」。
「じゃあ、なんでどっか行こうよって言うの?」「みんながでかけたいんじゃないかと思ってさ」「じゃああくまで自分が行きたいわけじゃなくて、わたしたちのために言ってくれてるんだね!?」「うん、そうだよー」

そんなら話ははやい。

「あのね、わたしМちゃんたちと行きたいイベントがあるのよー。パパは行かなくていいから、それ行ってもいいかな?」って言ったら「いいよー。行ってきなわーい(嬉しい顔)」とふたつ返事でオーケーでした。

そのイベントは九月なんですけど、その日、パパはパパで日光に自転車のイベントに行く予定なのだそう。

というわけで、夏のイベントは決定しました(九月ですけど)

でも、抽選倍率が高すぎるので、落選する可能性大あせあせ(飛び散る汗)

でも、当選決まるまですっごいすっごいすっごーーーーい楽しみぴかぴか(新しい)



暑いのはやだけど、夏のファッションは好きです。
ワンピース一枚とか上下一枚ですんじゃうから、冬のコート一枚の値段でたくさん枚数も買えるしねるんるん

なので夏のワンピースは結構持ってるんです。
ワンピースをじゅんぐりに着て贅沢exclamation&questionできます。

昨日はオレンジマキシを着てみました。
m0GgKNrhFpXc3js1437993964_1437994024.png
派手あせあせ(飛び散る汗)
このワンピースは、数年前に家族でモルディブに旅行に行くのに、買ったもの。
なので、派手でリゾートチックなマキシワンピースなんですが、もったいないので一年一度くらいは着たいところ

今日はシャツとあわせて出かけました。
nxsAxFjNKcXfr141438002730_1438002769.jpg
シャツと合わせてもまだ派手すぎですが(特にこちらはいなかなので)、それでも夏だもの!このぐらい着てもいいよね


いつもありがとうございます
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ
にほんブログ村




posted by yuri | Comment(4) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月25日

おニューサンダルでリサイクルショップへ行きました

今日は地元の花火大会がありました。

長女は免許取り立ての小学校からのお友達と、花火大会のメイン会場まで出かけてまだ帰ってません。

わたしたち夫婦も娘が小さいころは屋台がでているメイン会場まで行ったりもしましたが、今はそんな人ごみにわざわざ行く気にはこれっぽっちもなれません。

それでパパと次女とわたしと実家の父と母で、花火がよく見える田んぼ道まで車で行って、ちょこっと見て帰ってきました。

花火は毎年同じなので、とくに感動もないけれど、田んぼ道からとはいえ、今年も実家の両親とうちら家族で行けたのでうれしかったです(長女も仲良しの友達と行けてよかったですかわいい)。
一緒に行ってくれるパパに感謝です。



昨日はパパのボーナスが出たので、おくればせながら恒例、両親それぞれにおこづかいをあげました。
両親からはいつもそれ以上のものをもらっている、子どものわたしです。

50歳近くにもなってこれでいいのかと思うけど、わたしたち夫婦は娘に(両親にしてみれば孫に)すごいお金かけてるわけで、娘は娘の子(ができればの話ですが)にかけてもらえば、それでいいのだなーって思いました。

ちょうど両親そろっていたので「少ないけど、いつもいろいろありがとうございます」と言って渡したら、ふたりして「ああ、こちらこそいつもありがとうございます」ってかしこまってくれてうれしかったです。


昨日は次女の友達が数人でうちに遊びに来ていてました。
おちつかないのでexclamation&questionわたしは母を誘って今ハマってるexclamation&questionリサイクルショップへ行きました。

夏物全品半額セールが昨日からはじまったのです

たまには母に、大盤振る舞いexclamation&questionで、好きな洋服を買ってあげようと思ってかわいい


昨日はこんな恰好でいきましたるんるん
Cu_PiMvg8Nr4Qsn1437802337_1437802381.png

「テチチ」の綿レーストップス、こちらもリサイクルショップで500円で購入したものでーす
3FB8ZtceWXY8LeE1437802138_1437802183.jpg
いいあんばいの袖で、すずしい(ノーブラオーケー)

サンダルはこないだ楽天で購入したものです。

今は売り切れで再入荷待ちみたいあせあせ(飛び散る汗)
わたしの大好きな厚底高ヒールサンダル。
背がよりのっぽになるので好きでするんるん

このサンダル買ってみてわお!
aKL7Y4CMpFvjCHF1437802419_1437802446.jpg
わたしの名前入りじゃないの(偶然です)


お店で母が「このバッグいいなあって思ったら5500円だったからだめだー」と言うので「このお店にそんな高いバック売ってんの?」と言って値段をみたら「550円」
そして未使用品で「3900円」の元値札がついたままでした。

「これ550円じゃんわーい(嬉しい顔)」って言ったら「うそだ!」とおどろいていました。

安くなってるリサイクル服はさらにそこから半額なので、母は安さに舞い上がっていて、まるで自分を見ているような気分でうれしかったです

母はその未使用のバッグと麻の上下スーツ、襟付きシャツを二枚購入して合計1980円でした!

太っ腹ぶって「ボーナスでたし、わたしが払うよわーい(嬉しい顔)」と言ったのに、「いいよ、いいよ」と自分で払ってしまいました。

昨日は帰りにスーパーに寄っておかずを買って帰ったんですが、昨日は土用の丑の日なのでうなぎと生ハム(わたしと次女の大好物)を買ったら6000円ちかくになってしまいました。

いつもですが、リサイクルショップで500円以下の洋服を買って帰りにスーパーによって数千円になると、あまりの値段のギャップにおかしな気分になります。

食料品が高いのか、リサイクルショップが安すぎるのか・・・

というわけで、わたしのリサイクルショップ熱は当分冷めないでしょう
ホントだいすき〜〜〜〜(この気持ちが大事)

いつもありがとうございます
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ
にほんブログ村




posted by yuri | Comment(8) | TrackBack(0) | 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする