2015年07月30日

それぞれのシュノーケリングから見えたもの

今日もまたわたしの友達の話ですあせあせ(飛び散る汗)

ブログに友達の○子ちゃんのことを書いてから、いろんなことがあったなあって思い出していて、興味深いことを思い出したので書かせてください。


それぞれの性質が見えた、一緒に行ったパラオ旅行でのひとこまです。

うちの長女が小学4年のときに、○子ちゃん家族とうちの家族(とわたしの両親)でパラオに旅行に行きました(○子ちゃんちの長女は小5でした)

パラオでは、わたしたちと○子ちゃんちとでボートを貸し切って(現地のツアー会社の方ふたりつき)、シュノーケリングツアーにでかけました。

シュノーケルセットはもともとボートに適当に何セットも積んであって、借りたい人は勝手に自分でみつけて借りていいスタイル。
我が家も○子ちゃんちも子供のシュノーケルセット(息づぎゴーグルと脚ヒレセット)は持ってきておらず、ボートに積んであったものを(子供用もありました)借りることになっていました。

ボートで一時間ぐらいかけてシュノーケルポイントにつくと、でっかいナポレオンが泳いでるのが見えました。

「ナポレオンだーーーー!」
早く行かなきゃナポレオンがどっかいっちゃう!とわたしは慌ててシュノーケルセットをつけて「мちゃん(長女)、先行くよ!早くシュノーケルつけておいで!!パパ、ミー(次女)のことよろしく!」と言って、あたりかまわず誰よりも先に海にドポンと入ってナポレオンを追いかけました。

わたしはひとりでさっさと海に入ってしまったので、ここからはパパから聞いたお話です。


わたしが我先にと海に入ってひとり満足してナポレオンを見ながら泳いでいたら、そのあと長女が自分でシュノーケルセットをつけて海に入ってきました。

次にわたしの父と母が一緒に海に入ったそう。
母は上手に泳げないので、二人は一緒に海に入って、シュノーケル中ずっとふたりで手をつないでナポレオンや他の魚たちをみました(微笑ましい老夫婦黒ハート


そのあとパパが次女にシュノーケルセットをつけて海に入るときに、○子ちゃんたち家族を見ると・・・
なんとこんなときなのに、船の上で夫婦で大ゲンカ!?してたんだそうです。

それもこっちのシュノーケルセットがいいとか、これはダメだとか(パパ曰く、そんなのどっちだっていいよっていうようなことだそう)って夫婦で大騒ぎ。
「ばかかお前は!!」「あなたがなんにもわかってないんでしょう!」エトセトラエトセトラって言って、ツアー会社の方たちまで「こうですよね!」「違いますよね、こうですよね!」と巻き込んでケンカしてたそうで、パパ「ツアー会社の人たちも困った顏してたよ」って言ってました
○子ちゃんの娘たちも親たちが大げんかしてるので、シュノーケルセットが決まらず、なすすべもなくそこにいたそうです。


そんなことしてる間にナポレオン逃げちゃうじゃんね


パパが次女と手をつなぎながら海に入ってきて、うちら家族みんなでナポレオンみました。


しばーらくして、やっと○子ちゃんたち家族がシュノーケルセットをつけて入ってきたときには・・・・ナポレオンはもういなくなってました。


という、シュノーケルのひとこまなんですけど、これってまさしくその人その人の性格を表してるって思いました。


夢中になると、周りを忘れて自分のことだけしか考えられないわたし。

仲良しの父、母(昔は仲悪かったのに)。

自分のことよりわたしの楽しみを優先してくれて、子供の世話してくれるパパ(ありがたいです)。

そしていつも夫婦で競争してんのか!っていうような○子ちゃん夫婦。
「あほかお前は!」「あんただって!」「お前だって!」っていうのが夫婦の毎度の決まり文句。
相手に負けたくない気持ちが強くて、ナポレオン(大事なもの)を逃してしまっている気もします。

相手に勝つことより(勝つことなんてできないし)大事なことあるよね(って今度言ってやろう)。


なーんてえらそうなこと言えませんあせあせ(飛び散る汗)
やっぱりわたしは自分!自分!まず自分なんだなああせあせ(飛び散る汗)
まだまだだねexclamation×2

両親やパパの思いやりを見習わないとなりませんかわいい


いつもありがとうございますひらめき
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ
にほんブログ村








posted by yuri | Comment(5) | TrackBack(0) | 幸福論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月29日

わたしの友だち

こないだブログに書いた友だち。

高2の娘が、別れた彼氏の悪口をツイッターとかで拡散して大変な目に合いました。

彼女の娘は高校に入ったころには手がつけられなくなっていて、友人はなんども学校に呼び出しをくらってます。

結構前に「なんでお姉ちゃんはまじめなのに、あの子はこうなっちゃったんだろ」というので、そのときわたしは正直に思ってたこといいました。

「○子ちゃん(友人)がお姉ちゃんの習い事に夢中で、週に何回も夜つきっきりで、△ちゃんのこと家にひとりで置いていってたでしょ。△ちゃん、ひとりで夕ご飯食べるのさびしかったんじゃないかな」って。

だって、その習い事は小学校から、もともと姉妹で習っていたんです。
なのに、友人は△ちゃんが小学校の高学年のときに「あなたは素質がないからやめたほうがいい」って言って、△ちゃんが「やめたくない」って言ってるのにやめさせたんです。
それを聞いたとき、「それは△ちゃんがかわいそうだよ。やりたいって言ってるんだもの、やめさせないほうがいいよ」って何度も言ったんですが、友人は聞く耳を持たなかったんです。

なので、「そういうことがさびしかったんじゃないかな」って言ったら、「お母さんにも「あんたがおねえちゃんばっかりにつきっきりだったから、△がこうなっちゃったんだ」って言われて、泣いて怒鳴ったんだけど、ゆりちゃんもそう思うわけ?」って、○子ちゃんに大泣き叫ばれてしまいました。


実はこの○子ちゃんは、こないだも泣いてわたしのことを怒ってきた人です。
昔とびぬけたスタイルと美しさを持つ人だったんですが、子供を産んで「太っちゃったー」っていつも言ってるので「自分で(老けたことを)自覚してるんだからいいと思うよ」って言ったら(自分では褒めたつもりでした)、やっぱり泣きながら怒ってきました。


実はそれから、いつも「遊ぼうよ」とメールくれる○子ちゃんからなんの連絡もなかったので、○子ちゃんまだ怒ってるのかなあっって思っていました。

そしたら今回、娘△ちゃんのことで「聞いてよ」と連絡がきたんです。
△ちゃんのことはもちろん心配だけど、○子ちゃんから電話がきてうれしくもあったんです。



○子ちゃんとは高校からの友だちで、もう30年の付き合いになります。

いっつも自慢話ばっかするし、わたしの話をしてもろくに返事もしてくれないで、上から自分の話で消されてしまう。
だから「なんだよー、人の話聞けよ!」って思うことしょっちゅうあります。

今まで何度もケンカしたし、怒り、怒られしてきました。
「もう二度と会わない!」って思ったことも数えきれません(きっと向こうもそうでしょう)


それでもしばらくすると、今回のように何事もなかったかのように付き合いだします。


高校時代は、いつもつるんでいました。
独身時代はふたりで京都にいったり、結婚してからは、うちの家族と彼女の家族で一緒にパラオにも行きました。

わたしが元彼氏にふられたときも彼女のうちに一番最初に行ったし(さすがにその時はわたしの話も聞いてくれました)、パパと付き合うことになったときも、一番最初に彼女のうちに行ったらしい(わたしは覚えていない)。
「○子ちゃん!聞いて!わたし彼氏ができたのー!!」って、パパに告白されたその足で行ったんだって(「あのときのうれしそうなゆりちゃん、忘れられない」って言われます)。

彼女はその美貌とスタイルで、エリートな彼に見初められ結婚しました(しかし今はいろいろあります)
結婚してから義理親のことでわたしが鬱っぽかったときには彼女と会えませんでした(このときは○子ちゃんだけじゃなくて、同居で悩んでる友達以外は誰とも会えませんでした)。
それでもそこから抜け出したときに、また何事もなかったように会いました。

それで、今は彼女のうちに行っても彼女はパジャマみたいな恰好で(わたしはいつもバッチリメイク)、ふたりしてゴロゴロ寝ている。


普通友達同士、大ゲンカしたりすごい怒らせたら、付き合わなくなるよね。
でもわたしたちは、そのたびそのたび、しらばっくれながら何事もなかったようにつきあってきました。

お互いに弱みを見せられる人。
そして弱いときに会いたくなる人。

「ゆりちゃんに対してのわたしの気持ちだよ」って言ってもらったポストカードにはかわいい太陽に照らされたお花の絵で、「元気の源はあなたです」って書いてあった。
0cdfbe03-d0e0-4f70-8b13-3c9d04c10ac5e11a70t026bdb49.jpg
すごいうれしかった。

こないだも泣きながら怒ってしまってどうなるかと思ったけど、またこうして電話してくれた。
こうなったら、彼女とは死ぬまで付き合っていくつもりです。

これからも怒ってもいいよ、わたしの話ろくに聞かなくてもいいよ、自慢話もどんどんしていいからね。
あなたがいたほうがずっといいから。


いつもありがとうございますかわいい
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ
にほんブログ村




posted by yuri | Comment(4) | TrackBack(0) | 幸福論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月27日

今年の夏のイベント♪夏のファッションが好きなこと♪

今日は友達から電話がありました。

友人の高2の娘には同い年の彼氏がいるのですが、その彼氏は高校に行ってなくて、仕事もすぐに辞めてしまうので、いつも「早く別れてくれればいいのに」と言ってました。

それがとうとう別れたんだそうです。
「それはよかったね」って言ったら「それがさ、彼氏が怒って夕べは仲間と暴走族みたいに、うちの周りを一晩中ブンブン騒音たてて走ってて眠れなかったんだよ」

あげくのはてに、その子のお姉ちゃんが専門学校へ行く途中に車がパンクしたそうで友人が行ってみたら、タイヤを切られたあとがあったんだって。
まじめなお姉ちゃんは、今日から期末テストなのに、そんなことがあって泣いていたそうです。

それでご近所にも迷惑になっているので、警察に届けたって言ってました。

わたしが「今ストーカーって多いから、○ちゃん(娘)にフラれて恨んでるのかな」と言うと、なんとフラれたのは娘の方なんだって。

「なんでフラれたのに嫌がらせされるの?」と言うと、「それがね、うちの子がツイッターとかでフラれた彼氏の悪口を拡散しちゃって、彼氏と仲間が怒ってるんだよ」だって。

ふたりが仲良しのときは、チューしたりふとんに入ってるところをスマホ写真や動画にとって拡散していて、友人は「今はいいけど別れたときに大変だから、写真に残すのはやめなさい」と言ってました(しかし娘は全然聞かなかった)
別れたら今度は悪口を拡散って・・・そういうの現代の恋愛にはありがちなのかな。

そんなことがあったのに、当の本人は全然気にしてない様子で、「怖いから外にでないで夏休みは家にいなさい!」と友人が言うのもいっこうに聞かず、お友達(女子)の家に泊まりに行ってしまったそうです。
友人、先が思いやられそうな予感がします。



大学生の長女は今日から期末テストにはいりました。
長女の夏休みは来週からなんですが、次女はもう夏休みに入っていて、わたしも夏休み気分るんるん

昨日はパパに「ママ、Мちゃんとミーちゃんが夏休みに入って楽しそうだねわーい(嬉しい顔)(長女はまだ夏休みじゃないのに勘違いしている)」って言われました。

自分では自覚ないけど、やっぱりたのしそうなのかな〜〜



今年もパパは「夏休み、どこ行くーー?」って何度も聞いてました。

正直なところ、娘たちもう大きいから、家族で海とか山とかはそんなに行きたくないんだよ。
「じゃあ映画でも行く?」ってパパは言うけど、全員が見たい映画そろわないし(わたしは見たい映画ない)。

わたしが娘と行きたいところは、オタク系!?イベントなんです。

だからパパに「パパ、そんなに家族で一緒にでかけたいの?」って聞いたら「いや、俺は出かけたいわけじゃあないよ」。
「じゃあ、なんでどっか行こうよって言うの?」「みんながでかけたいんじゃないかと思ってさ」「じゃああくまで自分が行きたいわけじゃなくて、わたしたちのために言ってくれてるんだね!?」「うん、そうだよー」

そんなら話ははやい。

「あのね、わたしМちゃんたちと行きたいイベントがあるのよー。パパは行かなくていいから、それ行ってもいいかな?」って言ったら「いいよー。行ってきなわーい(嬉しい顔)」とふたつ返事でオーケーでした。

そのイベントは九月なんですけど、その日、パパはパパで日光に自転車のイベントに行く予定なのだそう。

というわけで、夏のイベントは決定しました(九月ですけど)

でも、抽選倍率が高すぎるので、落選する可能性大あせあせ(飛び散る汗)

でも、当選決まるまですっごいすっごいすっごーーーーい楽しみぴかぴか(新しい)



暑いのはやだけど、夏のファッションは好きです。
ワンピース一枚とか上下一枚ですんじゃうから、冬のコート一枚の値段でたくさん枚数も買えるしねるんるん

なので夏のワンピースは結構持ってるんです。
ワンピースをじゅんぐりに着て贅沢exclamation&questionできます。

昨日はオレンジマキシを着てみました。
m0GgKNrhFpXc3js1437993964_1437994024.png
派手あせあせ(飛び散る汗)
このワンピースは、数年前に家族でモルディブに旅行に行くのに、買ったもの。
なので、派手でリゾートチックなマキシワンピースなんですが、もったいないので一年一度くらいは着たいところ

今日はシャツとあわせて出かけました。
nxsAxFjNKcXfr141438002730_1438002769.jpg
シャツと合わせてもまだ派手すぎですが(特にこちらはいなかなので)、それでも夏だもの!このぐらい着てもいいよね


いつもありがとうございます
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ
にほんブログ村




posted by yuri | Comment(4) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月25日

おニューサンダルでリサイクルショップへ行きました

今日は地元の花火大会がありました。

長女は免許取り立ての小学校からのお友達と、花火大会のメイン会場まで出かけてまだ帰ってません。

わたしたち夫婦も娘が小さいころは屋台がでているメイン会場まで行ったりもしましたが、今はそんな人ごみにわざわざ行く気にはこれっぽっちもなれません。

それでパパと次女とわたしと実家の父と母で、花火がよく見える田んぼ道まで車で行って、ちょこっと見て帰ってきました。

花火は毎年同じなので、とくに感動もないけれど、田んぼ道からとはいえ、今年も実家の両親とうちら家族で行けたのでうれしかったです(長女も仲良しの友達と行けてよかったですかわいい)。
一緒に行ってくれるパパに感謝です。



昨日はパパのボーナスが出たので、おくればせながら恒例、両親それぞれにおこづかいをあげました。
両親からはいつもそれ以上のものをもらっている、子どものわたしです。

50歳近くにもなってこれでいいのかと思うけど、わたしたち夫婦は娘に(両親にしてみれば孫に)すごいお金かけてるわけで、娘は娘の子(ができればの話ですが)にかけてもらえば、それでいいのだなーって思いました。

ちょうど両親そろっていたので「少ないけど、いつもいろいろありがとうございます」と言って渡したら、ふたりして「ああ、こちらこそいつもありがとうございます」ってかしこまってくれてうれしかったです。


昨日は次女の友達が数人でうちに遊びに来ていてました。
おちつかないのでexclamation&questionわたしは母を誘って今ハマってるexclamation&questionリサイクルショップへ行きました。

夏物全品半額セールが昨日からはじまったのです

たまには母に、大盤振る舞いexclamation&questionで、好きな洋服を買ってあげようと思ってかわいい


昨日はこんな恰好でいきましたるんるん
Cu_PiMvg8Nr4Qsn1437802337_1437802381.png

「テチチ」の綿レーストップス、こちらもリサイクルショップで500円で購入したものでーす
3FB8ZtceWXY8LeE1437802138_1437802183.jpg
いいあんばいの袖で、すずしい(ノーブラオーケー)

サンダルはこないだ楽天で購入したものです。

今は売り切れで再入荷待ちみたいあせあせ(飛び散る汗)
わたしの大好きな厚底高ヒールサンダル。
背がよりのっぽになるので好きでするんるん

このサンダル買ってみてわお!
aKL7Y4CMpFvjCHF1437802419_1437802446.jpg
わたしの名前入りじゃないの(偶然です)


お店で母が「このバッグいいなあって思ったら5500円だったからだめだー」と言うので「このお店にそんな高いバック売ってんの?」と言って値段をみたら「550円」
そして未使用品で「3900円」の元値札がついたままでした。

「これ550円じゃんわーい(嬉しい顔)」って言ったら「うそだ!」とおどろいていました。

安くなってるリサイクル服はさらにそこから半額なので、母は安さに舞い上がっていて、まるで自分を見ているような気分でうれしかったです

母はその未使用のバッグと麻の上下スーツ、襟付きシャツを二枚購入して合計1980円でした!

太っ腹ぶって「ボーナスでたし、わたしが払うよわーい(嬉しい顔)」と言ったのに、「いいよ、いいよ」と自分で払ってしまいました。

昨日は帰りにスーパーに寄っておかずを買って帰ったんですが、昨日は土用の丑の日なのでうなぎと生ハム(わたしと次女の大好物)を買ったら6000円ちかくになってしまいました。

いつもですが、リサイクルショップで500円以下の洋服を買って帰りにスーパーによって数千円になると、あまりの値段のギャップにおかしな気分になります。

食料品が高いのか、リサイクルショップが安すぎるのか・・・

というわけで、わたしのリサイクルショップ熱は当分冷めないでしょう
ホントだいすき〜〜〜〜(この気持ちが大事)

いつもありがとうございます
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ
にほんブログ村




posted by yuri | Comment(8) | TrackBack(0) | 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月23日

足を見ていたおっさん

毎日、毎日暑いです。

長女の夏休みは8月からで、まだ夏休みに入ってないんですが、昨日は学校がお休みでした。
寝坊して起きてきて「ママ、今日は宇都宮の図書館(家から車で一時間)に連れてってくれない?」って聞かれました。

学校のレポートを書くのに参考にしたい本があるそうなので連れて行ってあげました。


昨日はお出かけするとは思ってなくて、一日家でのんびりかなーとラフなワンピ一枚着てました。
昔お友達からプレゼントしてもらったもので、わたしが着るとちとミニ丈になっちゃう。
u_ZhebUML4Rok4S1437636556_1437636628.png

外に出かけるにはちょっと丈が短いかなーと思ったんですが、着替えるのめんどうくさいので、カーディガンだけ
上に着て行ったんです。
KmMKMfslpyZy16H1437636662_1437636702.jpg
うすいぺらぺらカーデ


図書館で背の高い本棚と本棚の間の通路の近くで本を立ち読みしていると、通路をはさんだななめ前に座り込んでわたしの脚をじっと見つめているような感じのおっさん(一応本は手に持っている)がいました。

50歳近い女の脚をわざわざ見ているわけあるまいと思ったけど、なんかいやなので、場所を変えて立ち読みしていると、いつの間にかまたもや通路をはさんだななめまえにそのおっさんが移動していて、座ってわたしの脚をじっと見てる。

それでもまだわたしの気のせいよねと、再び移動してみると、やっぱりいつのまにかわたしのななめ前の本棚のところに来て、座って本を読むふりしながらじっと脚みてる(あくまで脚で、わたしの顔はいっさい見てない)。

これは・・・と確信して、今度は通路の近くじゃない(斜め見できない)棚の奥のほうの場所に移動しました。
さすがにここじゃ通路から見えないだろうと思っていたら、なんとわたしの本棚(背の高い棚)のすぐ前に座っていて、本と本の棚のわずかな隙間からわたしの足を見ているのが上の隙間から見えました(まるでテレビのコントみたい)

もうびっくらこきました。

だってわたし足に全然自信ないもの。
短足だし(高いヒール履いてごまかしています)、膝小僧は年相応に崩れまくってるし(こちらも着画ではブログ名入れて、ちょうどいいあんばいに隠させてもらっていますあせあせ(飛び散る汗))、それに加えてなんの手入れもしてなくて、蚊に刺されてかきこわしたかさぶたもいっぱいあるのに。
かえってそういうのがいいのかなあせあせ(飛び散る汗)

さすがに気持ち悪くなって、長女のところに行き(幸いなことに長女は図書館中央の背の低い本棚のところにいたので、そう言う目にはあいませんでした)、「もうそろそろ帰ろう」と言ってさっさと本を借りて車に乗りました。

「実はさっきさーーー」と長女にそのおっさんの話をして「確かに今日はスカートの丈短かったけど、この年になってびっくりしたよ」というと、長女も「へーーーっ!そんな人いるんだ!」とびっくりしていました。

何度も後をついてこられて脚を見られて気持ちわるかったけど、もうよくも悪くも年の項exclamation×2「うぶ」でもないので、トレーシーもやってることだし、わたしの足って魅力的なところもあるのかなとも思うことにしました(気のせいだっていいんです。自己満足だっていいんですあせあせ(飛び散る汗)
やっぱりまだまだわたしいけるわってね


夜仕事から帰ったパパに、「今日ね、図書館でずっとわたしの足を見てたおっさんがいたのよ」って言ったら、すぐその気になってHできました(まだ背中いたくて、手と足ずる剥けて痛い痛いと大騒ぎしてるのにあせあせ(飛び散る汗)

男ってわかりやすい。

いつもありがとうございます
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ
にほんブログ村




2015年07月21日

夫婦げんかは犬も

昨日の祝日、とても暑い一日でした。

昨日はユニクロのマキシワンピースで過ごしましたるんるん
XXWfZeRL_SndX911437481104_1437481175.png
パパ自転車でこけてカメラ壊してきたため、母から借り物のカメラで撮ってますあせあせ(飛び散る汗)

日曜日、長女の教習所待ちのとき、近くのオフハウスに行ってみたら、衣料品全品50%オフやってて、うれしなってまたいろいろ買ってしましましたあせあせ(飛び散る汗)

でかけるときだけカーデ羽織ってるんるん
着ているドルマンカーデは、オフハウスで1000円の半額500円でゲットしたものです(帰ってすぐ洗濯し、さっそく昨日着た♪)
_myrrcjHqhn_o7W1437481279_1437481335.jpg


わたしが数百円で買える安い服を一生懸命探してるはしで、パパは自転車で転んでヘルメット2万いくらで買い直すって・・もうやだ〜(悲しい顔)
なんだか変な感じです。


パパのケガ、たいしたことはないのですが、ぶった背中が痛いそうで、義理父に頼まれて買ってきて、お金もらえないってさわいでた高価な痛み止め入り湿布を貼ってます。

これも因果応報なのかしらあせあせ(飛び散る汗)


昨日はパパに「もうみー(次女)も部活今日で終わることだし、パパも部活(自転車同好会)やめたらいいのに!みんなと張り合ってどんどんお金のかかりが多くなってんだから!」と文句言ったら怒ってしまい「わかったよ!もうやめるよ!」とここまでは普通の返しなんんですが、そのあと必殺文句

「そんで俺、会社もやめるからママも働いてよね」って。

くっそーーーー!ふざけやがってーーーーー!!!

なので、こちらもexclamation&question「わかったよ。じゃあわたしмちゃんとみーちゃん連れて実家へ帰るから、ここでじいとふたりで暮らしていきなよね!」

すると「そうするよ!はやく出ていきなよ!!」「ミーが大会帰ってきたら、出ていくよ!」

まあ、売り言葉に買い言葉が大きくなるわ、大きくなるわ。

でも言葉はすごいけど、そこは夫婦も年の項あせあせ(飛び散る汗)、怒ってはいるけど、本音じゃないってお互いにわかっているんです。

しばらくしたら、パパがきて「ママ、さっきは変なこと言ってごめんね」というので、ちょっとぶりっ子してすねながら「パパったら、ここでじいちゃんとふたりで暮らせばいいじゃないのぉー」って言いましたが、こちらもお金のことで責めたことを反省し、普通に話してけんか終了〜〜。

そのあとパパに、昨日と違うオフハウスと(やっぱり半額セールしてましたぴかぴか(新しい))、イオンにおかずを買いにつれて行ってもらいました。

車ン中で「けんかしたら「仕事やめるからママ働いて」って言えばいいと思ってるでしょう」と冗談で言うと、「そんなことないよー、うふふ」だって。

確かにパパが会社をやめられたら我が家は大変です。
その一言で、ハッと我にかえることができました。
いい気になって、えばっていてはダメだよ。

最近お金使われることに、またうるさくなりすぎてました。
パパが働いてくれてることにもっと感謝するべきなのに、自分で稼いでもいないのに使いすぎだ!なんてね。

素直に反省して、「ヘルメット好きなの買いな(パパが稼いだお金なのにねあせあせ(飛び散る汗))」言ってあげたら、「ママ、ありがとう!」って、す〜ぐネットで買うヘルメットを探して決めたみたいです。


「もう離婚だ!」みたいなケンカしても、Hはいつからできるんだろうかねって心配してるexclamation&questionわたしは、やっぱりパパが好きなのだと思いますあせあせ(飛び散る汗)


「野上 弥生子」
仲のよい夫婦ほど、おたがいにむずかしい努力をしあっているものだということを見逃してはいけない



いつもありがとうございます
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ
にほんブログ村




posted by yuri | Comment(2) | TrackBack(0) | 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月19日

あれのせいかも

長女は今日、教習所卒検でした。
晴れて教習所卒業しました。
やったね!

もうすぐ夏休みなので、免許センターで試験を受けて、二学期から大学へは車で通うことになります。
長女の大学にはひろびろとした学生駐車場が完備してあって、学生は無料で車おけるところがうれしい(いなかの特権exclamation&questionですあせあせ(飛び散る汗))
送り迎えもあと少し。
長かったようなみじかかったような・・感無量の気持ち(大げさ)


今日は大変でした。

今日は長女の教習所にお昼ごろお迎えにいっていたら、パパから電話が入りました。

パパはいつものように朝からチームメイトと自転車のりに行ってたんですが、落車したとのこと。

はじめに「ママ、ごめん。落車しちゃった」。とあやまるので、骨折でもしたかと思いました。

そしたら「けがはたいしたことないんだけど、ヘルメットが割れちゃったから買って」と。
それに加えて、フェイスブックの写真をとるの持っていったカメラも壊しちゃったって。

カメラはこんな状態にもうやだ〜(悲しい顔)
0.JPG
こちらの写真は、とりあえず今日母のカメラを借りてきて撮りましたあせあせ(飛び散る汗)
カメラがないとわたしもブログの写真が撮れないので、買いにいかないとなりませんもうやだ〜(悲しい顔)

ケガは腕と脚が広範囲ですりむけててじくじく、それに打った背中がいたいというので、一応日曜でもやってる内科に行って、かんたんに処置してもらってきました。


入院沙汰じゃなくてよかったーって思ったのもつかの間で、怒りに変わりました。

パパが悪気があって壊した(けがした)わけじゃあないのはわかっているけれど、「けがして病院行って、ヘルメット(2万以上する)壊して、カメラ壊して!危ないしお金かかりすぎるから自転車やめなよ!!」って怒りをぶつけてしまいました。

ケガ人に少しかわいそうだったかなって、今思っています(パパふて寝してしまいました)



でもわたしには、「こんなことが起こったのはあれのせいかも」って思い当たることがあるんです。

最近、ずっと気にいらないことがありました。
義理父のことです。

義理父って、わたしが買い物に行くときに「ついでに○○買ってきてくろ」ってよく頼んでくるんですが、最近は買ってきてもお金を払ってくれないときが多くて。

これって親アルアル(子供アルアルでもある)なのかもしれませんが、でも義理父とは義理の関係なので、わたしは余計気に入らないわけです。

今まではたまにだったし、数百円ぐらいのものが多かったので、あまり気にしないようにしてたんですが(こちらも娘におこづかいをもらってるし(正真正銘の孫なんですが)、野菜ももらってるので(こちらから頼んだことはありません)、最近身体が痛いと言って湿布を買ってきてくれと言うようになりました。

痛み止め効果があるその湿布が高いんです!
これなんですけど

これイオンで2500円もするのよあせあせ(飛び散る汗)(今みたらネットのが安かった)

2500円だってわかるようにレシートつけて渡したんですが、お金くれないで、湿布全部使い切って「なくなったからまた同じの買ってきてくろ」って言う。

それでまた同じの買ってきたんですが、やっぱりお金くれない(湿布と湿布の間に乾電池も頼まれたんですが、乾電池代ももらってません)

さすがに5000円だと、なんで頼んでおいて金を払わない!って、頭にきました。

だってさ、頼まれたもの買いにいくことだってこっちはじいちゃんのために行ってるんだよ(貧しい考え方だけど)。

頼んでおいてお金払わないっって(それに対してのお礼だって言わないしダッシュ(走り出すさま))・・・・人としてどうよ!とか考えてしまう。

そんで「(パパの)ボーナスでたんじゃ、寿司食い(まわり寿司ですが)につれてってくろ!」って言ってるので、その前に湿布のお金を払うのが先だろ!って思ってしまう。

年老いた親を金銭的に援助されてる方も多い中、わたしたち夫婦は義理父にお金を援助してるわけではないので、自分たちは恵まれてるとはわかっているんですが、どうしても義理父の態度が気に入らないんです。

それでパパに「湿布代もらってないから5000円分もらってくれる?」って言ってもらったんですが、一週間ちかくも払ってくれてませんでした。

それでもう返す気がないんだろうなと思っていたら、なんと今日の朝、義理父パパに五千円渡してきたのです。

じゃあさっそくお寿司食べに連れて行こうと思ってたら(ゲンキンですあせあせ(飛び散る汗))、そのすぐあとにパパが落車してしまい、5000円どころじゃすまない出費もうやだ〜(悲しい顔)


なんだか、義理父に対するいやな感情が引き寄せた感じがしています。

わたしはこういうことがよくあります。

今回はイライラしていた自分がパパの落車を引き寄せた気がしてなりません。
神様が気づきなさいと教えているのかも・・

ただやはり自分の「買ってきてくれ」って頼んだものは支払うのはこの世のルールexclamation&questionだと思うので(払ってもらえないと、買ってきてくれと頼まれるたびに「お金は払ってもらえるんだろうか」といやな気持ちになってしまうのです)、なので「お金払って」ということは義理父に伝えながらも、返してくれなきゃ返してくれないで(親だもの)しゃーないかと気にしないでいられる・・そんな自分を創っていこうと思っています。

ケチなわたしには大変な修行だけれど、自分がしあわせでいるためにがんばってみます

パパは明日は仲間たちと自転車で遠出の予定でしたが、いけなくなってしまいました。
ケガ早くなおるといいね。

いつもありがとうございます
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ
にほんブログ村





posted by yuri | Comment(6) | TrackBack(0) | 幸福論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月17日

大人気の友達・・自分にもいいところがある

明日から次女が夏休み、といっても部活の夏の大会が明日から3日間ありますが、部活もこれで終了ーーー!!
よくがんばりましたかわいい


夏休みに入るとランチのお誘いがなくなるっていうのに、最近誰とも会ってない!
このまま夏休みに入りたくない!って、誘えそうな友だちを探しました。

フルタイムの仕事やめたばかりの、埼玉の親友がいるじゃん!!と思いつき、メールしたら、ちょうど次の日宇都宮で、元会社の展示会にちょこっと顔だして、夜は元職場の女性と飲む約束をしているので、ランチならできるとのこと

なので昨日、暴風雨の中を車を一時間走らせて、彼女を駅まで迎えに行き、ふたりでランチ行き、そのあと彼女の元会社の展示会に行き、そのあと元職場(近い)に送っていきました。


昨日のランチはこんな恰好で。
Srj9XIrrrNWj1tt1437138752_1437138805.png

こんなワンピースです
rUrwIlTYxo191iM1437139440_1437139485.png
女優スタイルワンピースexclamation&question

昨日は友達に「ゆりちゃんも展示会、一緒に行って」と言われて「やだよー!!わたしもう何年も働いてないから、そんなとこ行ったら緊張してコチコチになっちゃうじゃないの。展示会には送っていくけど車ん中で待ってるよー」って言ったんですが「ゆりちゃんなら大丈夫。ただわたしといるだけでいいから。展示会ってひとりでも多くの人に来てもらったほうがいいんだよ」って言うので、仕方なく彼女と展示会に行きました。

友達は夜、元職場の女性に飲みに誘われ約束をしてましたが、その他の女性からも一緒に飲みたいって言われていたそうで、「先約があるから」と言うと、「じゃあランチしよう」と言われ、それも「友達(わたし)とランチする約束してるから」と言って、展示会で会うことになっていました。

ランチ中に、その方から「大雨だから駅まで迎えにいく」ってラインが入りました。
友は「友達(わたし)に乗せてもらってるから大丈夫」とこたえてました。

何が言いたいかって言いますと、親友はすごい人から好かれているんです。
そういう人って、「足がない」って言わなくても、アッシーになりたい人がいっぱいいるんです(わたしもその一人あせあせ(飛び散る汗)

彼女と展示会に行っても元会社のあちこちの営業所の人たちが(彼女が来てくれたことを)すごい喜んでいて、やっぱり親友はみんなに好かれているんだなーって実感しました。

昨日はそんな彼女がとてもまぶしかったです。
人望があつい彼女ですから、これからの仕事(旦那の自営を手伝うそう)も絶対大丈夫って言いました。



大人気の友達は、彼女以外にyちゃんがいます。
まわりのそうじゃない人たち(わたしも)で「yちゃんはみんなの愛されリーダーですごいよねー。わたしじゃあどんなに逆立ちしたってyちゃんみたいに絶対なれないよ(当たり前)」って言ってます。


どちらも人から好かれて人気があるのは同じですが、yちゃんはみんなをまとめられるリーダータイプで、昨日の友は、決してリーダータイプじゃないけれど、誰もが会いたくなる人。

でも人気ある人って、そうなりたくて努力してなったわけじゃない。
その人がもってる資質みたいなものだと思います。

どちらもわたしにはない資質・・・・・・しょぼんもうやだ〜(悲しい顔)


でもでも、めげないぞるんるん

わたしには、わたしにしかないいいところもきっとあるはず・・だよねあせあせ(飛び散る汗)


人にはそれぞれ向き不向きがあります。
そこにいるだけで、みんなから大人気の愛されキャラの人もいれば、人のために一生懸命犠牲の精神で頑張れる人もいる。

そういう人をみると自分ってだめねえって思ってしまうけれど、大半はどっちでもない人(わたしも)なのよあせあせ(飛び散る汗)


それに、人がどんなにまぶしく見えても、自分にだってその方たちにはない、いいところがあるんです。

ほどほどの自分でもよしとしてあせあせ(飛び散る汗)いや、ほどほどの自分で十分、最高なんだって思っています


いつもありがとうございます
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ
にほんブログ村





posted by yuri | Comment(4) | TrackBack(0) | 幸福論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月15日

いつもほめられる47歳でも

パパのボーナスがでましたーー
今までボーナスはほとんど貯金できたんですが、今回からできなくなりましたもうやだ〜(悲しい顔)

来年用に長女の大学の学費をとっておかなくちゃならないし、成人式用の振袖もみんなに「まだ頼んでないの?早く頼みな!」って言われてます。
なんでも振袖は買えても、その店が契約している美容室の時間がどんどん朝早くなって、朝の3時からとかになっちゃうんだってがく〜(落胆した顔)

はあーっ、仕方ないのでボーナスで、夏休み中に振袖を頼もうと思っています。
レンタルにするか、購入するかは考え中です。

長女の学費ですが、長女の大学は合格してすぐに、一年分の学費を納入させられました。
普通の学校は二回に分けて分納できるでしょうに!って、その時はげっそりでしたが、今となっては後期分も払い込んであるのでゆうゆうした気持ちでいます。
また3月にげっそりするので、少しでもとっておかなくちゃあ

やはり娘を私立看護学校にやってるわたしの友達は、今二年生なんですけど、一年のときは二期に分けて分納したけど、今年は春に半年分が払えなくて、毎月払いにしてもらったそうです。

子供の学費のある人はみんな大変な時期、我が家だけじゃない。



この間うれしいことがありましたるんるん
わたしは毎日のように、地元の小さなイオンにおかずを買いに行ってるんですが、そのイオンのレジのパートさんに母の知り合いの方がいるんです(わたしと同い年ぐらい)。
その方はわたしのことを母の娘だと知らなかったんですけど、先日、母と一緒にイオンにいるときにその方に会いました。

そしたらこの間、母が「○さん(レジの方)が「一緒にいたの娘さんでしょ?よく(イオンに)来てくれてるよね。スタイルがいいから、いつもモデルさんみたいだなーって思って見てたんだよー。△さん(母)の娘さんだったんだねー!!!」って言ってたよ」って言ってました。
すごいうれしかったです。


トレーシーはすばらしいです。

今までスタイルについては数えきれないほど褒められてます

「ずっと聞きたいと思ってたんだけど、そのスタイルはどうやって維持してるの?」ってママ友に聞かれたこともあります(もちろんトレーシーをしてるからよって答えました。)

そしていまだにHのたびに、パパには「いい体だね」って言われますキスマーク

47歳でも褒めてもらえるのは、トレーシーメソッドのおかげですハートたち(複数ハート)



暑かった今日は、ワンピひらりんこ。
これはノーブラでもごまかせるあせあせ(飛び散る汗)パンツとこれ一枚ですんじゃう、お手軽ジャージーワンピースなんです
zqZofIb3b99VwAf1436963178_1436963280.png
髪の毛はおろして撮ってみましたが、暑くてとてもじゃないがおろしていられない、すぐに結びましたーあせあせ(飛び散る汗)


いつもありがとうございます
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ
にほんブログ村




2015年07月13日

ネットで大絶賛のカレーを作ってみた

ずっと涼しかったのに昨日から猛暑に変わり、身体も暑さに慣れてないのでぐったりです。

昨日はじめてクーラーかけました。

今日と明日、長女は介護施設へ看護の実習です。
実習なのでお金は出ませんが、交通費は全額でるんだそうです。
近くの駅(といっても家から車で30分あせあせ(飛び散る汗))に迎えに行ったとき、駅から出てくる長女を見て、すごいなあって心底思いました。

わたしは働いているわけではないので、毎年平日の昼間はどんなに暑くてもクーラーはかけずに、つめたい飲み物をぐびぐび飲みながら過ごしています。
誰か家族がひとり帰ってきたらクーラーをかけることにしています。

今日も熱室の中であせあせ(飛び散る汗)でトレーシーしてましたあせあせ(飛び散る汗)

暑いので今日はこんな恰好でした。
k5KuxUFxJWoc2pp1436788047_1436788106.png
ユニクロの薄いコットンワンピースをひらりんこるんるん
涼しくて楽ですあせあせ(飛び散る汗)


昨日は、ネットで大絶賛されてるカレー作りました。
これ
簡単☆チキンカレー(中毒性あり)

中毒性ありというほどのカレーなので、わざわざカルディでこれと同じカレー粉買ってきました。
インディアンの絵のカレー粉を使うんだって。


まず朝、鶏肉をプレーンヨーグルトにつけ込んでおきます。
1 (2).JPG


雑穀米のチキンカレーでーーするんるん
foodpic6070306.jpg

カレーですが、中毒性あるっていうんですごい期待したんですが、まあまあでしたあせあせ(飛び散る汗)

プレーンヨーグルトとトマト缶がたっぷり入るので酸味がすごいあって、パパは「あんまり」だってあせあせ(飛び散る汗)
酸味が好きな人にはいいかも。

我が家は畑の野菜で作った夏カレーのがいいみたいですぴかぴか(新しい)
foodpic6205044.jpg


急に暑くなってバテているので、今日はふんぱつしてウナギ(中国産)にしました!
今はクーラーの中、ひんやりこです。
ああ、ありがたいなあるんるん

いつもありがとうございまするんるん
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ
にほんブログ村




posted by yuri | Comment(7) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月11日

人を認める考え方

今日は長女が教習所で、「どっか行きたいー!」と言いながら行きました。
免許とれば好きなところに行けるのに、家族でどっか行きたいみたいexclamation&question

もう大学生なのに家族で出かけたいという長女、子どもっぽくて大丈夫か?とも思うけど、親としては正直うれしい

明日パパは、自転車チームメンバーと那須で自転車のボランティア(またかよー)なので、娘と三人でモールに出かけることになりました車(セダン)ダッシュ(走り出すさま)
こういう時間すごい大切です。




ここ最近ブログに書いた義理親のお話をもう少し(何度もすみませんあせあせ(飛び散る汗))

結婚してから何年も義理親がいやだ、いやだの毎日、それにとらわれて毎日を送っていました。

あるとき江原さんのスピリチュアルの本に出会って、それは相手の問題じゃなくて自分の学びできてるんだということが書いてあって、それを信じることにしました。

それから、わたしの自分の不幸を人のせいにする癖、「あいつのせいでわたしは不幸だ」っていう考えを変えることにしました。


といっても、時間はかかります(今も継続中です、死ぬまで継続ですあせあせ(飛び散る汗)

その瞬間は相手に怒ってしまうのは仕方ない(にんげんだもの)。
でもそのあと、自分の考えを変えるように努力してきました。

それを今も毎日しています。
自分の思考をみつめるようにして、直しています。


わたしはスピリチュアルでいう、人もすべてのものも別のものに見えるけれど、根っこではつながっているっていうことを信じています。

それは例えてみれば、心臓と肝臓の関係みたいなものかも。
お互い全然やってることは違うけど、どっちがえらいじゃなくて、どっちもなくてはならない大切なもの。
そしてわたしというからだを通してつながっている。
血液や汗、おしっこ、うんちともいえる。
一見、血液のがえらそうにexclamation&questionみえるけど、おしっこだってなくてはならない大事なもの。

相手をけなしてやっつけたら、どっちも死ぬことになる(そしてわたしも死ぬ)

どっちかが負ければ、ふたり同時に負けることになる。
勝ち負けなんでないんだよね。

反対にお互いの違いを受け入れて、ありがとうの気持ちでいれば、どっちも勝てるし、わたしも健康になって喜ぶ。


こんなふうな考え方を、いつも自分と他の人にも当てはめています。

どんなに相手が自分とちがっていても、けなしていては、自分が崩れて不幸になります。
そのストレスでホントに病気になっちゃいます。
その証拠に、義父が悪い、どう考えてもわたしのが正しいと思っていたときは、目がチラチラして吐き気を伴うひどい片頭痛が頻繁に起きていました(いまはめったにありません)

相手は自分と違うけど、相手のままでもいいんだと思ったほうが、自分の体にもこころにもずっとよくて、そしてそれを神様は喜んでくれるのだと思います。

だからわたしはいつも「相手は相手のままでいい」という修行をしてるんだと思っています(だから自分もそのままでいいのです)
そうすると、相手の考え方は自由だよなって許すことができます。

ちなみにこないだはコメントでわたしのことを「偽善者」だと書いて来た方がいましたが(いつものようにそういうコメントは載せず削除しましたあせあせ(飛び散る汗))、「確かにわたしは偽善者だよな。でもきっとみんなそういうとこあるよね(にんげんだもの)」って思いました。
そこで怒りやいやな気持をずっと持ってたら、自分が損だものね。



相手と自分はつながっていて、相手をけなすことは自分をけなすことで、相手を讃えることは自分を讃えることだという考え、なかなか難しいかもしれませんが、しあわせになれるから、わたしは信じることにしたんです。


そしてここが大事なところなんですが、人を許せれば、自分の気持ちが穏やかにできるから、その瞬間に自分の波動が上がります。
それは自分にいいこと引き寄せてくれるんです。

だから許したほうがいい。
自分のためなんだもんね。

人は、実は何をしてるかはそんな関係なくて、それぞれの立場で許しと感謝を身に着ける努力をして、自分の気持ちや波動をいいものにすることが、大事なんだと思います。
そうすると自分がしあわせになれる。
ありがたいなあ


大好きな「ドラゴンナイト」(セカオワ)の歌詞です
「人はそれぞれ「正義」があって、争い合うのは仕方ないのかも知れない
だけど僕の嫌いな「彼」も彼なりの理由があるとおもうんだ


今日は久々に暑かったので、こんならっくちんワンピ一枚ひらりんキスマーク
Cvz4WAY1qTaVW1O1436599125_1436599161.png

ちょこっと出かけたときだけ、サマーセーターを重ねて出かけました
OwiHSzBAEr4XnZO1436599038_1436599103.png
本当はワンピース一枚で出かけたいけど目立ちすぎちゃうから勇気なくてね(勇気出せ!)


いつもありがとうございますかわいい
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ
にほんブログ村





posted by yuri | Comment(15) | TrackBack(0) | 幸福論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月08日

ゆううつだと楽しむことができない

最近はまたゲームに夢中になってしまっていますあせあせ(飛び散る汗)
長女がテニミュに出ていた役者さんの舞台「戦国無双」を見に行って、それで戦国無双のゲームまで買いました。
それをちょっと借りてみたら、おもろいのなんのって
ひまがあれば(ゲーム機があいてれば)やってます。

47歳の主婦なのにあんまりいい傾向とは言えませんが(うるさく言わないパパにも感謝ハートたち(複数ハート))、もう少しやればゲーム熱も落ち着いてもくるでしょうあせあせ(飛び散る汗)




先日のブログに、近所のお葬式のことを書いたついでに義親たちのことを書いて、いろいろ思い出してました。

自分の息子は自分たちの思うようにする。
だから息子の嫁も自分たちの思うようにするって感じだったなあって思います。

こないだブログにも書いたように、住んでないのにもかかわらず(結婚してすぐ同居したものの、とても住めなくて、三ヶ月でアパートに飛び出した。そしたらパパもついてきた)、遠い親戚(パパのおじいちゃんのいとこ)のお葬式のお手伝いに行かされたり、住んでないのに長男の嫁だからって、公民館清掃に行かされたり。

そんな感じの義親たちでしたので、何か気に入らないことがあると「○夫(パパの事)の会社に電話して給料刺し止めさせてお前らには渡さない」だの「(わたしの)実家の庭で農薬飲んで死んでやる」とか言われたりもしました。

でも決して特別すごい義親じゃないんです。

わたしの友人も義理母ののみかけのジュースを「もったいないから飲め!」って飲まされたりしてました。
わたしは飲みかけの缶ジュースを「これ飲め!」っては言われたことはなかったです。


パパが地元の消防団をやっていたので、住所がアパートの住所に移すことができなくて、早く帰ってこいと言われつづけ、アパートに住んでいても週末の一日は娘を連れてこいと言われて行ってました。

その頃、心はいつも義理親のことにとらわれていて、核家族の友達がうらやましくて会うことはできませんでした。
だから同じ境遇の三人で集まって、「わたしなんてこう言われたのよ」っていう不幸自慢して不幸になっていました。

毎日毎日、義理親への憎しみばかりにあふれていて、あの頃ブログ書いてたら、すんごい愚痴ブログができていたでしょう。



そのころ気持ちがいつもふさいでいて、今思えば鬱状態だったと思います。

あのころ、自分をきれいにするとかっていう気力はゼロでした。

鬱状態のときって、「美」というものに気がまわらなくなるような気がします。
おしゃれとかメイクに気持ちがぜんぜん行かなくなるんです。

だから服も三着ぐらいしか持ってなかった。
いつも同じ服、こんな感じでした。
pkZNObZOj2Ujk9w1416315603_1416315955.png
夏はパパのおさがりのボロいTシャツにかわるだけ。
頭もぼさぼさで、スズメの巣みたいになのができてるから、いつもバンダナや帽子をかぶってた。

おしゃれを楽しんでる今、鬱から抜け出したんだなあってブログを書きながら思いました。
ホント、今はしあわせです

そんなわたしが今持って歩いてるお気に入りのバッグをご紹介します

テニプリの学校別帆布バックでーす
親子仲良し娘とお揃いなのよ
1.JPG
それぞれ好きな学校の校章がプリントされています
前の二つ、立海大付属氷帝学園がわたしのバッグ。

これ持って、好きな恰好で歩くとウキウキしちゃうの
PJY0mVFbHPodf751436275088_1436275259.png
バッグの中のハンカチだって、ポーチだって、鏡だって、テニプリです

「いい年してオタクか!」って言われても、周りに引かれてしまってもかまわないの。

なんてったって、今のわたしはあの頃とは違うんだもの
自分の好きなおしゃれして、好きなものもって、あの頃妬ましくて会うことができなかった友達とランチしています。

好きなものを着たい、持ちたい気持ちがあるっていうのは、いいことだと思います


いつもありがとうございます
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ
にほんブログ村




posted by yuri | Comment(7) | TrackBack(0) | 幸福論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月05日

時は流れ、少しずつ変わっていく

お葬式がふたつできてしまいました。

どちらも近所なんですが、ひとつは組内と、ひとつは遠い親戚(いなかなので一族多し)です。
どちらも90歳を超えたおばあちゃん(おふたりとも介護施設で亡くなりました)、「長生きおめでとう」のお葬式です。

遠い親戚のほうが昨日がお葬式で、組内のほうは今日がお通夜で明日がお葬式になります。


こちらに嫁いできた当初は、組内のお葬式ができるとすごい大変で神経すりへらしました。
お葬式のお手伝いに、夫婦ふたりで三日間も(初日、通夜、お葬式)出なくてはいけなくて、女性は初日に、親戚と自分たちが食べるお昼ご飯と夕ご飯の用意(買い物とか畑の野菜とりからはじめる)をするのが決まりだったんです。

ボスおばさんの指令で動き、すごい大変で、一日が終わるころにはそれはそれは心身ともに疲労困憊でした。

組内でのお葬式の手伝いがまたまた簡素化されて、今回から旦那さんが出れば、奥さんは出なくてもいいことになりました(旦那さんが行けないときだけ、奥さんが代わりに出る)。

なので、今日もお通夜手伝いにパパが行ってくれ、明日も会社を休んでお葬式のお手伝いに行ってくれるそうなので、わたしは今回一度もお手伝いに出なくていいんです。

こんなのはじめて!
これが普通、というか、こんなつきあいさえないことも多いと思いますが、今まですごい大変だった分、わたしにとっては、今回のお葬式は夢みたいな話なんです。



また昨日の遠い親戚のお葬式ですが、この親戚関係は、「パパのおじいさんのいとこ」のうちなんです(義父のいとこじゃない)。
パパのおじいさんのいとこって、すごい遠−−い親戚なのに、十年前ぐらいにここのおじいさんが亡くなったときには、わたしはここに住んでなくて、アパートに住んでたにもかかわらず、義父と義母に「長男の嫁なんだから、手伝いにいけ」と言われ、お茶出しの手伝いに行かされました。

知らない親戚の中で、知らないお客さんにお茶を出し続けました。
本当につらかったです。

今回、同じおうちのおばあちゃんが亡くなったのですが、「手伝いにいけ」って言う人は誰もいません(たとえ義父に「手伝いにいけ」っていわれても断りましたけど!わたしも強くなった)
パパが昨日普通にお葬式に出て終わりました。。

これも普通のことなのことでしょうが、今までもことを考えると、わたしには夢みたいです。


そして今日の朝は、町内会で公民館清掃がありました。
こちらも清掃はいいとして、その後、ちゃぶだいを用意して、20人分お茶を入れ、お話えんえん(清掃時間より長い)。
それから座布団とお茶碗を洗ってしまってって、清掃に来てるんだかなんだかわからない時間がありました。

でも、こちらも今回から、清掃が終わったら「お茶のみはなくそう」ということになりました。

思えばこの公民館清掃も、アパート暮しのときから、義母と義父に「そうじ、行ってくろ!」と言われ、行ってました。

知らない人のなかに入っての、住んでない地区の公民館のお掃除。
とてもいやでした。

窓をあけて掃除してたら、わざわざ義父が車でわきを通りながら、わたしがちゃんとそうじに来てるかチェックされたのを見て、げっそりしたこともあったっけ。


また町内会では、数年前まで一泊の旅行がありましたが、それも今では日帰りになっています。

今でも町の人に比べればそんなこともやるの?ことをやってるのでしょうが、それ以上の付き合いを経験してきてるので、これでも「ここまで変わってくれてありがたいなー」って思います。

つらいこともムダじゃないのかもしれないなあ。

ガマンは嫌いだけど、今、とてもしあわせなので、あの時ガマンしてよかったなあと思います。
近所のつきあい、しきたりのほうは仕方ないにしても、義親との関係は、もっといいガマンの仕方も(反論するとか)あったんじゃないかとも思いますけど。

でもまあ今しあわせなので、よしとします


こないだテレビであの有名な「すきやばし次郎」の小野二郎さんを見て感動しました。
90歳の現在も寿司職人をされ、大成功されてる方です。
「就いた仕事が天職」
自分がついた仕事がいやだとね、「俺はこれ合わないな」ってみんな言うんだけど、「合わない」んじゃなくて、自分が「合わせる」ということ
仕事はすべてがそうなんですよ。
だから一生懸命やれば、それだんだん自分が好きになって、その仕事にほれ込んでね、いろんなことを考えがてらやったり、自分が前へ行こう、前へ行こうとしてやるから・・・・やはりそれは自分の気持ち次第だと思いますけどね」


わたしは今まで仕事が続いたことがなかったんですけど(長くてパパと知り合った職場の三年でしたあせあせ(飛び散る汗))、結婚も同じなのかなってこの話を聞いたとき、思いました。

結婚も「合わない」じゃなくて、自分が「合わせる」っていうことがうまくいくコツなのかもしれません。
そのうち少しずつ(ホント、目に見えないほど少しずつですが)自分も周りも変わっていくのだと思います。

と、結婚20年で思っているところです。


今日は、次女が作ってくれたチョコケーキをハートたち(複数ハート)
foodpic6226585.jpg
みーちゃん、ありがとう黒ハート
あんなにちっちゃかった子(もっと前はこの世に姿もなかった子)も、時は流れて大きくなって、こんなものまで作ってくれるようになりました。

これからもその時その時に、感謝を忘れずにいけば何があっても大丈夫だと思ってますハートたち(複数ハート)
変化をこわがらず受け入れ、感謝を忘れずいこうと思っています。


いつもありがとうございますハートたち(複数ハート)
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ
にほんブログ村





posted by yuri | Comment(4) | TrackBack(0) | 幸福論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月03日

夫婦円満の土台は(授業参観ファッション♪)

前のブログに「長年連れ添った夫婦だって進化できる」って書いてから、ちょっと恥ずかしくなってしまいました(いつものことです)。

それで、かっこいいこと書いたけど、進化(夫婦仲の向上)するため、まずなければならないものがあるの忘れてるじゃんって、「あっ」と思いました。


進化(夫婦仲向上)するには、まず土台が必要だと思います。

それは妥協ですあせあせ(飛び散る汗)
やっぱこれが先にこないとねあせあせ(飛び散る汗)

どんなに仲良しのふたりでも、いつも一緒にいて不満がでて当たり前。
人間だもの。

そんなときに大事なのが妥協だと思います。
結婚に妥協はものすごい大切です。


結婚生活でいやなことがおきたら、まあいいかと妥協。

そして「これは学びなんだ!」「これも学びなんだ!」「あれも学びなんだ」って思うこと(どんだけ人生って学びが多いんだろか!)。
そして相手がいやだったら「お互い様だものね」と思うこと。

自分のダメな部分を許し、そして相手のいやな部分を許す。
自分と相手のダメな部分を「まっいいか」と受け入れる。


それから進化が始まるのだと思います。

わたしにとっての夫婦の進化とは、思いやりや愛情、感謝の積み重ねでできるもの。
その思いやりを出すには、まず妥協が必要だと思っていることを書くの忘れてました。



今日は午後から授業参観でした
今日は、こんな恰好で学校行きました。
PFI5G5fYxAmTDFb1435895769_1435895814.png

トップスは長女の大学の入学式用にかったの三点スーツセットについてたのを借りましたるんるん
R059gozRqd48Vt51435895578_1435895634.png

スカートは「マテリア」っていうブランドです。
lFDuvClhEVqYXRH1435895665_1435895753.jpg
お高いブランドみたいですが、リサイクル品なので1200円ぐらい。
タイトスカートでも、後ろがヒラヒラしていてつぼんでないから、まあ履きやすい(ジャージー生地じゃないからちょっと窮屈)

ジャージー生地のジャケットもリサイクルショップ。
C1BW1fT3MNYLNs31435895833_1435895892.jpg
こちらは300円でゲット!!!
今はリサイクルショップでいいもの探すのがわたしの趣味になってるかもあせあせ(飛び散る汗)

授業参観ですが、次女の机のとなりはyくん。
グループ活動で楽しそうにしていました。
よかったよーー。

うれしい気持ちのところに先生が「お母さん方もどうぞお子さんのところに行って、一緒にみてあげて(俳句を作っていました)ください」と言ってくれたので、「みーーーーちゃーーーーん♪」って次女のグループに飛び跳ねて行ったら、先生の言う通りに子供の中に入ってったのはわたしだけあせあせ(飛び散る汗)
みんなに(子供にも大人にも)笑われてしまいましたあせあせ(飛び散る汗)

授業が終わり、仲良しの大人と子供、数人でいるところで、次女に「ママ、さっきちょっと恥ずかしかったわ」と言ったら、「こっちのがよっぽども恥ずかしかったよ」と言われてしまいました。
でも、「みーちゃんのお母さんって、かわいいね」って言ってくれた子もいたそうです。
恥ずかしかったけど、うれしかったです。
ありがとう


いつもありがとうございます
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ
にほんブログ村





posted by yuri | Comment(2) | TrackBack(0) | 幸福論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月01日

夫婦も進化できる

最近ブログ、娘のことばっかり書いてるから、たまにはパパのことでも書こうかな〜〜

長女が大学へ入っての新しい生活、弁当作り、送り迎えなどで、小さい頃のように!?長女に時間をとられている毎日なので、ちょっとパパへの時間が少なくなってるかもしれないと思います。
反省しなければなりません。

でもわたしに文句言わないパパ、やさしいですーーー
まあ、パパの子どもでもあるわけだからね。



わたしも何もしてなかったときよりは忙しく疲れていますが、それでも少なくともexclamation&questionパパのHの要求には、必ず応えるようにしていますいい気分(温泉)


結婚してもう20年。

Hですが・・・20年も同じ人でマンネリしないかって・・・全然しないです(キッパリ!)
それどころか、より進化してると思いますグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)

わたしたちはこうしたい、こうしてくれとちゃんと言うようにしてきました。
だからね、いろんなことしました。
あれしてみたり、これしてみたり(ブログに書けないので想像してください)

でも、最後にたどりついたところはオーソドックスでした。

やっぱり目を見つめたり、キスを大事にすることでした。
今のところ、これがいちばんです。

それを飲み会で同級生の男子に言ったら、ものすごい賛同されたってわけ


まわりまわってオーソドックス(原点にexclamation&question)落ち着いた。
でも、いろいろやってみたのは無駄じゃないの。
それがあっての今だからね。

ここまでふたりで積み重ねただけあり、わたしはこころも体も、パパ以上の人はいないと確信しています。


長年連れ添った夫婦でも、どんどん進化していけると思います。
長ければ長い分、それだけふたりの出来事を重ねて進化できます。
毎日顔を合わせて、ごはんつくって、ふたりの結晶である子どもたちを愛して、お互いの親を大切にできて、そしてアッチも進化できる。

お互いの家族を背負ってるだけあって、つながりも深いのです。
大変なことが多い分、それをいい方向にもっていくこともできると思います。

それをいい方向に持っていくのが、相手への思いやりだと思います。
最強です!

こんな素晴らしいことがあるでしょうか!あるんですよかわいい
わたしはパパに感謝しかないです。

わたしたちは夫婦、お互いスケベで素直っていうのもいいんだろうなと思います。


いつもありがとうございます
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ
にほんブログ村





posted by yuri | Comment(8) | TrackBack(0) | 幸福論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする