2014年03月30日

結婚は損じゃない

今日は雨の中、家族でモールにお買いものに行きました車(セダン)ダッシュ(走り出すさま)

こんな恰好でるんるん
パパはアップが好きなので、髪はアップにしました

消費税アップ前の休日で、モールは混み混みexclamation
今日は「jins」で長女の眼鏡を作ったのですが、すんごい待たされました。
やっぱり考えることはみんな同じなのねあせあせ(飛び散る汗)


こないだテレビの番組で独身の女性芸能人たちが、結婚したら損だってことを言ってました。

「独身だったら自分の分だけでいいのに結婚したら洗濯ものが増える、だから損」みたいなことを言ってて、びっくりしました。

そんな(ちっちゃな)ことでも損だって思うんだっていうことに、そしてそれを損だって思わないほど、結婚というものに慣れてしまった自分にも。

確かにわたしも昔はそう思ってたことあるなって思いました。

洗濯物もそうですが、わたしの場合はなんといっても義親との関係が大変(ああじゃだめ、こうしろという文句だけは人一倍いや十倍exclamation&question)でした。

損か得かで考えたら、損ばっかり!
なので、いつも結婚って損ばっかりだなあって思っていました。
「わたしばっかりが損じゃないの!」って、パパにはもちろん、義父にも訴えたことがあります(こえ〜嫁じゃな〜〜〜)。


どう考えても自分のほうが損だと考えていたとき、結婚は不幸なものでしかなかった。

でも娘もいることだし、離婚するより自分の考えを変えようと思い、損か得かより自分を捧げる気持ちでいこうと考えをチェンジしました。

何に捧げるかっていうと、旦那や義両親に捧げるって思うとくやしいったらないのであせあせ(飛び散る汗)、神様に捧げるつもりでやろうって思ったんです。


そう思いを変えたら、どうでしょう。

損どころか、わたしが与えた10万倍ぐらいのものを天は返してくれました。

お金、美(に対する考え方)、愛、しあわせ、そして今の考え方(損に見えても損じゃないという考え方)を身につけることができました。
そして、娘と言うお金では買えない大きな大きなプレゼントに出会え、テニミュにも出会え(そこかexclamation&questionあせあせ(飛び散る汗)


それは結婚の不思議。
人生の不思議。
愛の不思議かな?

まさに与えれば得られる・それも何倍にもなって・・を身をもって体験しました。

そういうことがわかったのも結婚し、結婚生活を途中であきらめないで続けてきたからこそです。


人生は損か得かでははかれないと思います。
お互いに譲り合い、感謝しあい、愛し愛される・・・・・・お金では絶対買えません。

本当はそれこそが生きてる意味(わたしには)。
一番大切なものには違いないこと(あくまでわたしにとっては)。


損して(本当は損じゃない)得を(徳を)取る生き方を学べた結婚というを、わたしはとても愛しています


いつもありがとうございます
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ
にほんブログ村






posted by yuri | Comment(8) | TrackBack(0) | 幸福論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月28日

消費税が上がる

うちの長女は本が好きで、毎日高校の図書室で本を借りて読んでいます。
長女の高校では本を借りた数の上位者に図書券二千円分がもらえるんですけど、一年のときも今年ももらいました

春休みは学校の図書館があいてないって嘆いているので(どんだけ〜)、昨日ははるばる本の数が多い宇都宮の図書館まで連れていってあげました(お母さん、がんばってます車(セダン)ダッシュ(走り出すさま)

ちょっと肌寒かった昨日は、さっそくこないだの2ウエイカーデで
モモンガカーディガンでおしりをゆったりかくしてのスキニー、若者がよくしてるこういう恰好exclamation&question、一回してみたかったんだ〜〜




4月1日から、消費税があがります。
わたしの実家の両親も、配達のヨーグルトを解約し、定期購入していた健康食品もやめることにしたって言ってました。

我が家でも、なにか見直せるものはないかなーって思ったんですけど・・・・
ないっ!
だって、もともと外食もしないし新聞もとってない、余計なところにお金使ってないから減らしようがないのもうやだ〜(悲しい顔)
フォスタープランへの毎月3000円の寄付は宇宙銀行exclamation&questionへの貯金だし(そうなのです。いっぱいお利息exclamation&question返ってきていますハートたち(複数ハート)ハートたち(複数ハート)ハートたち(複数ハート))。


わたしのぜいたくっていったらコーヒーかな
マイルドカルディに黄色のクリープ(これがまた高いんだ)、そして黒砂糖を気分でが定番なんです。
家族にもあまり飲ませず、たまに飲ませてあげると「ママ!いっつもひとりでこんなんおいしいコーヒー飲んでんだexclamation×2」と言われますあせあせ(飛び散る汗)
あはあはあせあせ(飛び散る汗)
これはリラックスの時にかかせないので、やめたくないなあ・・・・・

無駄遣いを減らすとしたら・・・・やっぱりお菓子かな?


でもこないだ友人のTちゃんに会って話してて、はじめて気づきました。
それまでわたし消費税って10%になるって思ってました(どんだけヌケてんだろあせあせ(飛び散る汗)
8%だってわかったら、すごく得した気分になっちゃって、「なんだ10%じゃないんだーーー!8%じゃ3%しか上がらないじゃん(アタマがマヒしています)」って言ったら、Tちゃんに「8パーセントだって大変だよーーー」って言われた。
そうなんだけどね、でも10パーセントだとばっかり思ってたからさあせあせ(飛び散る汗)



最近はニュースでも消費税アップのことばっかり。
わたしもニュースを受けて、ヒマにまかせイオンで洗剤とかの日用品、ペット用品、日持ちする食品などを買いこんでいます。

昨日も消費税アップ前の駆け込み購入が多いってニュースが流れたら、パパが「税金アップするからって、あわてて買ったってしょうがないじゃんねーーーー」と言うので、「あら、わたし、いろいろ前もって買ってるのよ」と言ったら一転、「へーーっ!!えらいねわーい(嬉しい顔)」だって。

いったい、おまいはどっちなんじゃーーーーいexclamation&question

結局はどちらでもわたしのしてることを肯定してくれるから好きなんです


税金は自分たちの暮らしを保つため、よくするために収めてる。
そこんとこを忘れないように、あんまり目の敵にしないでいたいです。


いつもありがとうございます
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ
にほんブログ村





posted by yuri | Comment(4) | TrackBack(0) | 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

高濃度ビタミンCとEの力♪「オバジC20セラム」


ロート製薬が美容液の限界に挑戦!
この度リニューアルしたオバジCシリーズ


ブライトニングケアオバジC20セラム
1.JPG
13ml 8,400円約1〜1.5カ月分(使用目安:3〜4滴)
なんだか薬品のような、すごいセットにビックリ!


まず、ふたを外してスポイトに付け替えをします。
1 (2).JPG
それを専用スタンドケースにいれれば、ますます薬品の小瓶みたいです。
このスタンドケース、高級なセラムが倒れるのを防いでくれる優れものでした
あるのとないのじゃ大違い!


内容量は13mlと少量ながら、1回の使用料が3〜4滴でOKなので、朝晩つけてもこの小さなひと瓶で50日分あるそうです決定


オバジC シリーズはビタミン濃度が選べる5、10、20の3タイプ
わたしが使わせていただいたのは、20セラムで一番濃度が濃いものです。

濃度の濃い、20セラムは肌悩みの深い方におすすめ
年齢を重ねた肌のキメ、ざらつき、毛穴にアプローチし、透明感のある肌に導いてくれますぴかぴか(新しい)


今回ロート製薬は、大人気のピュアビタミンCオバジCシリーズに ビタミンEを新たに配合して、リニュアルになりました。
美容液の限界に挑戦して、シミや毛穴に猛アプローチ! ぴかぴか(新しい)


スポイトでとるから、とっても衛生的
1 (3).JPG


つけ方は朝晩2回、洗顔後の化粧水のあとにスポイトで3〜4滴を顔全体になじませます。
この後、保湿乳液やクリームなどをつけます。
1 (4).JPG
つけはじめは、とてももったりしていて、オイルみたいにお肌に密着します。
でもとても浸透性がよく、一度肌になじませるとあら不思議、さらさらな感触に変わります。
これがオイルフリーの証拠なんですって
お肌もとてもしっとりしていますぴかぴか(新しい)


香りはグレープフルーツかわいい
薬品のような外観なのに、グレープフルーツのアロマのような香りのギャップが気に入っていますわーい(嬉しい顔)


高濃度のビタミンCとビタミンEの効果に期待が持てそう

しみが気になる方はもちろん、 複数の肌悩みがある方 、肌全体の透明感アップを目指している方 、黒ずみ毛穴・たるみ毛穴が気になる方、 キメ、ざらつき、ニキビ痕が気になる方にもおすすめです。


商品詳細ページはこちら

ロート製薬のモニターに参加中


いつもありがとうございます
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ
にほんブログ村





posted by yuri | Comment(2) | TrackBack(0) | モニター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする