2012年04月30日

ダイエットの真髄は維持にあり

ダイエットしてる人ってたっくさんいることと思います。

目標体重までやせることができる人は約30%と言われているそうです。
10人中3人ぐらいですね。

しかし実は、大変なのはここからなんです
その体重を維持すること、これが大変難しい。
俗に言う、リバウンドですね。
これはもう95%以上の人がリバウンドすると言われます。
目標体重に達成してから、まさに第二の幕がそこから上がるともいえるでしょう。
そしてこれはえんえんとエンドレス、終わりがなく、どこまでも続きます。


体重を減らしてそのまま保つという、この非常に難しいことを成功させるために私のおススメの本は、あの有名な「脳内革命」の著者、医学博士でもある春山茂雄先生の書かれた、その名も「春山茂雄のダイエット革命」です。

この本に、ダイエットに必要なものは「食事」、「運動」、「意識」の三本柱である、とありますが、わたしもこれに大きく賛同しました。
「食事」「運動」はダイエットには欠かせないと言われますが、「意識」の部分は忘れられがちです。
しかし「意識」こそが、ダイエット成功後にえんえんと続く、「食事」と「運動」の継続を可能にするものなのです。

この本のなかで春山先生はストレッチと瞑想をすすめています。
そしてこんなことも・・・
瞑想とストレッチ、どちらもやめた人は97%がリバウンドするのだそうです。
ストレッチのみ続けている人は62%、瞑想のみしている人が28%、瞑想もストレッチもしている人は21%の人がリバウンドするとありました。
ストレッチより瞑想を続けているのほうがリバウンド率が断然低いんです。

瞑想することによって脳に革命を起こし、、脳内モルヒネのβエンドルフィンをだし、ストレスをフリーにすることが、なりたい自分になれる一番の方法なのでしょう。


私と言えば、8年前12キロのダイエットに成功し45キロまで落としたものの、5キロ戻ってしまいましたが、166.5センチの45キロは体はゴツゴツで顔もしわしわになってしまって、パパにも「女性としての魅力が全然ない。もうちょっと太ったほうがいい」と言われていましたので、今の体重こそがベストだと思っていますわーい(嬉しい顔)
見た目もただの「がり痩せ」から、トレーシーメソッドで進化しているので、リバウンドとは言わせませんexclamation×2
tg5BeBW1j3qfsrg1417419198_1417419258.png

EQrX0Ss0VqOhU331416060091_1416060151.png

これもひとえにトレーシーメソッドマットワークアウトのおかげと言えますが、トレーシーメソッドを毎日飽きもせず続けるのを可能にしているのが、なにを隠そう、毎日続けている呼吸法(瞑想)なのだとわたしは確信しています

ですからダイエットをしてる方にわたしがお伝えしたいのは、「食事」「運動」のほか、「意識」がとても重要なのだ、ということなんです。


ちなみにこちらは春山先生の新脳内革命です。

71歳にしてこの若さ!
素晴らしき脳内モルヒネ、βエンドルフィン。
本当に瞑想法(呼吸法)って続けている人にしかわからないと思いますが、体ばかりではなくすべてを変える、すごいものなのですよ。


新しいパラダイムがわたしたちに教えるもっとも貴重な教訓は、
体を変えたければまず意識を変えなさいということだ

ディーパック・チョプラ

今日も来てくれてありがとうハートたち(複数ハート)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ

人気ブログランキングへ




2012年04月29日

我が家の必需品です

わたしは毎日トレーシーメソッドマットワークアウトで運動しております。
5月で2年になりまするんるんパチパチるんるん

きょうは遅ればせながら、トレーシーメソッドでのわたしの必需品についてアップします。

まずこれがなきゃはじまれない、テレビ、DVDの機械でしょ。
そしてトレーシーメソッドマットワークアウトのDVD。

そしてヨガマットがあれば、すべらないのでいいですねわーい(嬉しい顔)

ここまでそろえるのは当たり前。

それプラス、これがなかったら2年も続けることができなかったであろう、大事なものとは・・・

それは、カガミなんですぴかぴか(新しい)
カガミはとてもとても大事です。

第一に、常に自分のスタイルを見られるということ。
そして第二に、カガミで自分を映しながらトレーニングができること。
トレーシーのDVDは1か月も続ければ、見なくてももう覚えてしまいますから、映像は見ないで鏡に映った自分を見ながらしています。
これが気分いいんですよぴかぴか(新しい)
ですから、できるだけ大きいものがいいですねぴかぴか(新しい)


そんなことで我が家のリビングに置いてあるのは特大収納棚つきカガミぴかぴか(新しい)です。


これがまた、我が家にとってなくてはならないカガミなのぴかぴか(新しい)

朝はこの前で女性3名が並んで身づくろいができます。キスマーク
脇にある引出しにメイク道具やドライヤー、髪どめなどを収納してるので、とても使いやすいのです。
1.JPG
そして、一番上の引出しは愛猫エンジェルのお気に入りの居場所になってます。
5.JPG


カガミの裏には収納棚がついていて、その後ろのスペースは娘たちが勉強したり親からの隠れ場所に
5.JPG


今日も例にもれず、このカガミの前でわたしはトレーシーメソッドをしましたよわーい(嬉しい顔)
カガミがあるのとないのでは、ぜんぜん気分が違います。
ここまで大きくなくてもいいから、鏡を見ながらワークアウトができれば運動の効果も倍増すること間違いなし!になることでしょうぴかぴか(新しい)

今日も来てくれてありがとうハートたち(複数ハート)
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ
にほんブログ村




2012年04月28日

わたしのこづかい

私は専業主婦なので、我が家はパパのお給料のみで生活しています。
なので、お金に余裕があるわけはありませんあせあせ(飛び散る汗)

結婚してからずっと、お金の管理はわたしがしていますので、わたしはとりあげババアでございまするんるん

パパのこづかいは月2万円です。
たったこれだけで、毎日会社という戦場に出ていき、わたしのためにしのぎを削ってくれているんです。
本当に感謝です。
ありがとうございます。

ですが、パパの趣味は自転車で、ロードレーサーのサークルにも入っているので、おこづかいだけでは足りないときも多いです。
飲み会、昼食代、ガソリン代などももちろん別。

そしてわたしのおこづかいは・・・決まっていません。
これがいいんですわーい(嬉しい顔)
買いたいものを買いたいときに買いたいだけぴかぴか(新しい)

うちは家賃やローンがないので、その分(5万ぐらい?)は自分につかってよし(自分に甘しあせあせ(飛び散る汗))としてるのですが、実際使ってるのは2〜3万円ぐらいなのかな〜。
自分でも極力無駄遣いはしないように心がけていますわーい(嬉しい顔)

パパはわたしが使うお金には全然うるさくありません。
わたしに「好きなものをどんどん買いな、友達ともどんどん会って楽しんできな」といつも言ってくれる優しい人です。

子どもたちが小さかった頃、わたしはオシャレもスタイルも美容も捨てていました。
毎日だぼだぼ服で、ぽっこりお腹して、ノーメイクで、ばっさばっさ頭で子育てに夢中でした。
お母さんとしては自分なりに一生懸命だったけど、パパのパートナーとしての努力をすっかり怠ってました。
そんなこと、気にもとめなかった。

その頃パパはわたしには言わなかったけど、お金を使っても、キレイでいてほしかったみたいで。
「自分はユニクロでも、連れている女性がステキにしてくれていれば、連れている自分もよく見える(実はパパはチョーハゲぴかぴか(新しい)ています)」と、思ってるの。
そして、ブログでも書いてますが、ぴたっとした女性らしいカーヴの服をわたしに着てほしいみたい。
前にも書きましたが、おしゃれは自分のためだけではないんですぴかぴか(新しい)

なのでわたしがおしゃれに興味を持ったことがうれしいらしく、「好きなものはなんでも買いな」と言ってくれます。


でも、パパ、もう夫婦二人暮らしじゃなくて、上のお姉ちゃんは高校生、贅沢してなくてもお金がどんどん出ていくのがイマイチわかってないのね?
子どもたちにもお店で「買いな、買いな」って言ってるけど、そのたびわたしは横でひやひや。

5月に私は誕生日を迎えるので、パパは「ママ、誕生日のプレゼントなにがいいの?わーい(嬉しい顔)」なんて何度も聞いてくれますが、実際、わたしがもってる(管理している)お金から出さなくてはならないので、「欲しいモノがでれば、その時、その時に好きに買うから特にいらないよ」と言ってます。
パパは自分が買ってやる!というカタチにならなくてつまらなそうですが。
でもこれが本音なんだもの。
それにわたしの買うものすべてがパパからのプレゼントになんですからぴかぴか(新しい)

いつもありがとう、パパの優しさにいつでも感謝しています。
そんなパパのためにも素敵な女性でありたいなハートたち(複数ハート)

そんな私がよく利用してるショップはジーナコレクションdangan-girlsです。
お値段が手ごろで女っぷりが上がるワンピースがたくさんありますぴかぴか(新しい)


今日は来てくれてありがとうぴかぴか(新しい)
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ






posted by yuri | Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする