2018年05月24日

大事なのは謝ること、そして相手を許すこと、そしてわたしの使命

このあいだパパから家を追い出されて実家に帰ったことを書きましたが、

結論から言いますと、仲直りして月曜日に家に戻りました。
ブログでもお騒がせしてしまって本当にごめんなさい。




今回のけんか(というか、パパのブチ切れ)は、わたしが先にひどいことを言ってしまったのが原因なので謝りました。
dv気質のパパには時間をおくことが重要で、二日放っておいたら気持ちも落ち着いてました。


今回自分たちだけではおさまらず、娘たちをはじめ、両親や義理弟夫婦まで巻き込んでしまいました。

みんなに迷惑や心配をかけてしまって、本当に悪かったと思っています。


が、やっぱりこのことがあってよかったと、今では思えます。



あの時、退院が決まった義理父のことで、不安とおびえといやさでやられてしまっていました。


ここまでコトが大きくならなかったら、わたしはいやだいやだとずっと逃げることばかり考えていたと思います。

そして何年も何年も(義理父が生きている間は)気持ちが現実から逃げていたと思います。

それで義理父が亡くなったら、心残り、どれだけやれたかでは決してなく、気持ちがそれに向き合えなかったことへの不満が残ったような気がします。



今度のけんか(というか、パパのブチ切れ(^^;))で、わかったことがあります。

それはわたしの使命です。

いつもこれがわたしの使命だと、ブログに書いてきたのにね。

これからの生活の不安といやさに、自分の使命から逃げようとしてしまいました。

ひとそれぞれ使命ってあって、それはとても受け入れがたいことが多くて、多分逃げてしまう人も多いと思います。
それは悪いことでないと思います。
でも使命というものを自分で受け入れるとき、しあわせにもなれるような気がしています。

それにやっとこのけんかで気づくことができました(それでもいやなもんはいやだけどさ)

たくさんの人を巻き込んでしまったけど、わかってよかった。


わたしたち夫婦ですが、もうすっかり元に戻りました。

今は前のようにお互いを大切に、優しい言葉をかけあっています(Hもしたわー)
犬も食わないってね、お恥ずかしいです。



やっぱり、大事なのは喧嘩しないことではないのだなと思います。


波風たてないことよりも、けんかなどで大きく波風をたててしまったとしても、大事なものに気づき、自分が悪かったことを謝って、そして相手を許すことのほうが、ずっとずーーーっと大事(ちなみにパパは、心配をかけたわたしの両親に土下座して「申し訳ありませんでした」とあやまったそうです(これは両親から聞きました)

そして自分の使命に気づき、それが使命だと受け入れることができれば、けんかも最高のものになるのだと思います。


今回ブログでも大変お騒がせしてしまいました。

ブロ友さんにもご心配をおかけしてしまって、恐縮しています。

でも、あたたかい言葉をいただき、とても救われました。
mayuさん、Nさん、Мさん、このたびは思いやりがいっぱいつまったメール、ありがとうございました。

わたしのうれしいことリストに、しっかりお名前を刻ませていただきました
そしていただいた優しいメッセージを、これからのわたしの心の支えにしていきます。


これからも夫婦ふたりで前を向いて、ふたりで使命を果たしながら、人生を楽しんで生きていこうと思っています。
きっと今のいやなことも、何倍ものしあわせに変わるでしょう、と信じて(でもまたブログで愚痴らせてくださいね(^^;))
posted by yuri | 幸福論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月22日

「うちから出ていけ!」と言われ実家に

12日に行ったディズニーのことをブログに楽し気に書いてましたが、あのときは本当にたのしく夢のような一日を親子四人仲良く楽しんで帰ってきましたが、その後いろいろとありました。

が、ディズニーの記事を書き終えるまでは、こちらのことは書きたくありませんでした。



こないだの土曜に脳出血で入院していた義理父が退院することになりました。
後遺症がどのぐらいあるのか、またこれからは糖尿病のインスリン注射をしなければならないのに自分で打てないから、これからずっと打ってやらねばなりません。

金曜の夜、とても不安でいっぱいになり、パパにひどいことを言いました。

そしたらパパがキレて「俺の前から消えろ!出ていけ」と言いました。
わたしは「いやだ!」と言いました。

2階のリビングから引きずられて、はだしのまま玄関から放りだされました。
娘たちは泣きながら「やめて!!」と叫んでいました。

玄関から放り出されたわたしは一階の寝室の窓から家に入りました。


パパは「お前が出ていかないなら、○○(実家)に迎えに来てもらう」と言って、わたしの実家に電話をかけて「ママと○○(娘たち)を迎えに来てください」と言いました。

実家の両親が迎えにきて「いったんうちに行こう」と言いましたが、わたしは「行かない」と言い張り、娘たちだけ両親にお願いし、娘たちだけが両親と実家に行き、わたしは家に残りました。

その夜、パパは敷地内の義理父の家で寝ましたが、次の朝わたしのところに来て、「出ていけ!通帳とクレジットカードを出せ」と言いました。

お金を出せと言われ、それまでかたくなだったわたしの気持ちがすーっと冷め、通帳とクレジットカードなどを渡し、自分で車に乗って実家に行きました。

実家の両親と娘たちはやさしかったです。
それがとてもうれしかった。


いろんなことがありました。
少しずつブログに書いていこうと思っています。
posted by yuri | 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月20日

お誕生日を祝っていただきました☆彡

今回のディズニーはわたしの誕生月ということで、入園してすぐにキャストさんのところに行って、お誕生日のシールを書いていただきました。

コチラです。
XIaDQn98Aw94Tny1526441720_1526441762.png
バースデーシールも35周年です


このバースデーシールをブラウスの胸にしっかり貼り付けてから、ミッキーの家(ミートミッキー)へ(95分待ち)。

そこでやっと会えたミッキーに「ミッキー!わたし50歳になったのーーーー!!」って言って、ミッキーに拍手してもらい、ハグしてもらったりしてお祝いしてもらいました。
うれしかったなー


いつも持ってくでっかい実写のヲタクバッグは、今回は珍しく参加のパパにもたせ、わたしはこないだ娘たちから誕生日のプレゼントでもらったちっちゃなミラコスタのトートバッグで行きました
PQaaIng1LabNeB01526442525_1526442565.png
娘たちからもらったバッグ、大切に使っています


胸にバースデーシールを貼ってるので、行く先々で、ドリンクひとつ買う時、おみやげひとつ買う時にも、パレードのときも、たくさんのキャストさんから「おめでとうございます!」と声をかけていただいて、わたしは一日チョー至福でした



お昼ご飯のミラコスタのレストラン「オチェーアノ」では、突然娘たちが「パパとママに(*^-^*)」と言ってこちらをくれました。
1 (35).JPG

朝イチで行ったミートミッキーでの写真をカメラセンターで買ってきてくれたんです。

台紙はミートミッキーの4種の衣装のミッキーのシール付きで、写真には日付と35周年のマークが入っています。
LiB6Je6YcvN0gBD1526441993_1526442129.png
ありがたくリビングに飾っています


娘たち「今度はいつ四人そろって来られるかわからないから」って言ってました。
ありがとうーーーー


その後、デザートがきたときに突然キャストさんがカメラを持って来られて、お誕生日なのでなんと記念撮影してくださるとのこと。

さすがディズニー!
すばらしいホスピタリティです。

写真はすぐに出来上がり、こんな台紙に入れて持ってきてくださいました。
1 (32).JPG
ミラコスタの絵柄のカードに入ってました


夜はショーレストラン、ポリネシアンテラス・レストランで「レインボー・ルアウ」を鑑賞したのですが、このショーは、ミッキーたちと記念日をお祝いしましょうという内容のショーなんです。

だからこのレストランの予約を取りました。

テーブルごとに、キャストさんが「今日は何のお祝いですか?」と聞きにきてくださいます。

前にも「レインボー・ルアウ」にきたことがあるんですが、そのときはなんの記念日でもなかったので、「ミッキーたちみんなに会えた記念日」などと言いましたが、このときは「わたしのお誕生日です!!」と答えました(*^-^*)

お誕生日の人は、名前を呼んでもらえます。
もちろんわたしの名前も呼んでいただけましたが、お誕生日の記念の人だけで30人ぐらいいました(^^;)

そしてミッキー、ミニーちゃん、クラリス、チップとデールがそれぞれ記念日のお祝いのダンスを見せてくれます。

ミニーちゃんはハッピーバースデーのお祝いダンスです1 (27).JPG

セクシーなクラリスのダンスも見ることができます
1 (28).JPG
クラリスの「ずっとしあわせでありますように」という素敵な歌に感動でいっぱい。

チップとデールはキスからの!?
1 (49).JPG
いえいえ、これは鼻と鼻を合わせるニュージーランドのご挨拶なのだそうです。

ぶんぶんダンス!?を披露してくれます。
1 (61).JPG
ちょっとこれはインチキですね(^^;)

こちらが本物のぶんぶん!?ダンス
1 (62).JPG

最後はミッキーのかっこいいサモアダンスです
1 (25).JPG

ショー中に、キャラクターがお席までおりてきてくれます。
ミッキーが来てくれたときには、「ミッキー!わたしお誕生日なの!!」とアピール!
そしたらミッキー、わたしの手に鼻チューをしてくれました。

これでもう思い残すことなし!です。
ちょっとでしゃばりだけど、「お誕生日なの!」アピールしてよかったわー。

というわけで、今年はわたしにとって忘れられない誕生日になりました
eDeiKZH8sxO2niC1526441825_1526441961.png
こちらも娘たちにもらった写真と一緒に、リビングに飾ってあります





posted by yuri | ディズニー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする