2017年06月24日

Life is beautiful!

昨日は父が以前勤めていた職場での飲み会があり、送り迎えを頼まれました。

うちから実家までは車で五分(近くに嫁ぎました)、そこから飲み会の場所まで小一時間かかります。
夕方4時に迎えに来てほしいとのことだったので、昼のうちにカレーをつくっておき、それとカットきゅうり(手作りにんにく味噌につけて食べる)を用意して出かけました。

母も一緒に行くと言うので、三人で行きました。
父を飲みや屋さんの近くでおろし、家に帰ったのが6時でした。

また2時間後の8時に往復2時間かけてのお迎え(たいへんだー)
代行車っていう手もあったけど、どうせわたしらヒマ人だし、年に一回ぐらいの飲み会、家族に送り迎えしてもらいたかったのでしょう。

いったん家に帰るとパパが仕事から帰ってきました。

それで「これからじいちゃんを迎えに行くんじゃ俺も一緒に行くよ」って言ってくれたんです。

「ばあちゃんも一緒だから大丈夫だよ」って言ったんだけど、「ママ、眠くなったら危ないから」って言ってパパが運転して行ってくれることになりました。

パパこそ仕事で疲れてるだろうに・・・・本当に優しいなあと思いました。

また母を乗せて1時間かけて父を迎えに行き、飲み会がおわった父を乗せたら、わたしと母のふたりで来るとばかり思ってたのにパパが運転してるもんだから「あれー!○○ちゃん(パパ)も来てくれたのかあ、ありがとう!」とうれしそうでした。

ちょっと酔って気分がよくなってる父が「今日は「嫁に行った娘さんが迎えに来てくれるのーー?」って、みんなに驚かれちゃったよ」って言うので、「それどういう意味?わたしが優しいって言う意味?」って聞いたら「そうだよ。みんなに「普通嫁に行った娘が迎えになんて来てくれないよ」って言われたよ」と。

それで「じいちゃん、優しい娘がいてよかったねえ」って言ったら「うん!!!本当にじいちゃんはしあわせだなあって思うよ」としみじみと言ってくれました。
「わたしも頼んだわけじゃないのに「一緒に行くよ」って来てくれる優しいパパがいて、本当にしあわせだよ」って言ったら、父が「本当だよねえ。みんなしあわせだねえ」って。
それを聞いてる母もニコニコで(*^-^*)

わたしは本当にうれしかったです。
親からしあわせだと言ってもらえて、もう私の人生これでよかったんだーーって思いました。

仕事をやめるまでずっと彼女がいた父。
母とも冷えきった夫婦でしたが、今ではそれがうそのようです。
戻ってきた父を許した母もえらいし、母は父を許したからこそ、今お金に苦労しないで老後の生活ができてるわけで。
許すことって本当に素晴らしいことだと思います。


お父さん、お母さんに許してもらえて、みんなに優しくもらえてしあわせね

そしてわたしも家族がみんな優しくてしあわせ。

家に帰って「パパ今日はありがとう。パパって本当に優しいね」って言ったら「それはママが優しいからだよ」って。
ありがとう、優しさも連鎖していくんだね。


そして誰かに「しあわせ」って言ってもらえるのって最高!

わたしはパパに「(パパと結婚して)わたしはしあわせ」って言ってるってこないだ親友に言ったら、「ゆりちゃん、それ最高の褒め言葉だね」って言われたけど、本当だと思いました。

こんなにしあわせな気持ちになるんじゃ、パパだけじゃなく娘たちにも「(あなたがいて)ママはすごくしあわせだよー」ってたくさん言っていこうと思いました。

いつもありがとうございます。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ
にほんブログ村







posted by yuri | 幸福論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月22日

貯金が減った

昨日は千円札が必要になったのだけど財布に千円札がなかったので、銀行におろしに行きました。

通帳も持って行ったのでついでに記帳したんですが・・・

予感はしていましたが、残高があまりに減っていてショックを受けました。


四月の末に長女の大学の学費(前期分だけで100万弱!)に、五月末には家と車の税金もあったので当たり前なのだけど。
でもそれは必要経費なのでしょうがないとして・・・・

問題は、クレジットカード払いの額が多すぎることです!!
それも食品などの必要なもの以外は、ほとんど全部がディズニーで(わたしはディズニーではすべてクレジット払いにしています)使ったものです。


考えてみれば、10月から今月まで月イチのペースでディズニーに行ってます(2月は二回)。
去年の5月と10月はミラコスタ泊で2デイパスポートを買っていて、去年の㋃から数えてみると全部で14日入園している。
だいたい娘と三人(パパもたまに一緒)で行ってるから、パークの入園料だけで軽く30万円以上も使ってる(年パスギリギリのところ)。

普段は外食もしないで節約してるくせに、ディズニーに行くと高いレストランに一回は入ってるからレストランだけで20万以上かかってます!!!

それプラス、春、秋のミラコスタ宿泊20万に、こないだのミラコスタのキャンセル料が3万円(シュン)。

これだけでディズニーに70万円以上も使ってる計算だ
実際は、交通費におみやげ他も買ってるから100万超えてると思います。

これだけあったら服もいっぱい買えたし、壊れてる電化製品だって買える(壊れたエアコンもコンロまだ買ってないし)、欲しいとずーっと前から言ってる圧力鍋だって買える(でもこれはきっとお金あっても買わないな))のに。

「パパの自転車が高すぎ!」って騒いでたけど、買えるぐらい使ってるわ。
安いとこなら海外旅行にも行けそうな金額じゃん。

今まであえて計算するのを避けてましたが、計算してみた今、ちょっとめまいしてます。


こんな貯金減ってるっていうのに、今はクリスマスシーズンのミラコスタを予約しようと躍起になっているという(予約戦線惨敗中ですけど)

どこまでディズニーにつぎ込むバカなんだ、わたしゃあ。

あの貯金が大好きなわたしはどこにいってしまったのでしょうか。



このあいだの自分の書いたブログを読んで、ディズニー沼にどっぷりはまって出られなくなってるわたしは、まるで不倫の沼にはまって出られない中毒の女みたいだと思いました。

ディズニーに行ったときは(不倫の場合、相手に会えたときは)ものすごく楽しくて気持ちが高揚して夢のような時間に酔いしれている。
だけど離れたら、またあの陶酔感を味わいたくて、次に行くことばかり(会うことを)考えて、それが頭から離れない。

人に忠告されても(「あんな着ぐるみに馬鹿じゃない!」と言われても)やめられない。
我を失ってる状態だ。

やっぱりすごく不倫に似てると思う。
ただディズニーは誰にも迷惑かけてるわけじゃないし、人に堂々と話せるところが全然ちがうか(バカにはされます)


確かに言えることは、わたしがヒマ人でしあわせボケだからだといえるでしょう。
これはこれでありがたいことです。

お金はわたしがすべて管理してるので、パパもこれだけお金使ってるとは夢にも思ってないでしょう。
パパのことだからこんだけかかってるって言っても、「ママたちが楽しければいいよー(^^♪」と言ってくれるでしょうけど(パパには感謝しきれません)

今度ディズニーに行くのは秋の予定なので、それまでに少し頭を冷やして、ほどほどに楽しむ気持ちになれればいいんですけど(やめるつもりはない)

お金をかければかけただけ楽しめるから、ディズニー沼にハマるのです。

いつもありがとうございます。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ
にほんブログ村











posted by yuri | ディズニー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月19日

スピリチュアルな生き方を妨げているのは、まさかの

ディズニーだった。

わたしは10年以上も前から、毎日瞑想などをして、気持ちを穏やかに保とうとしています。

が、

最近どうもダメです。
自分の気持ちがとても欲深で、スピリチュアルな気づきを忘れます。

つくづく瞑想って、やってる月日の長さじゃないんだなあって思います。


そしてそのスピリチュアルな気づきを忘れる大きな原因は、まさかの、あの大好きなディズニーなのです。

ディズニーに行くと、とてもしあわせで楽しい。
ああ満足だーと思っているけど、またすぐに行きたくなって、家でネットを見ながら、あれもしたい、このレストランに行きたいと欲がどんどんわいてきて、あげくのはてに我を失います。


ディズニーホテルでは、クリスマスシーズンの宿泊予約が始まりました。
五か月先の土曜は、日曜が予約日になります。

昨日、クリスマスイベント中のミラコスタを予約しようと11時ちょうどに予約サイトでためしてみましたが、あまりの混雑にサイトにも入れずじまい。

やっとこ予約サイトに入れたときには、すでにどこも満室になってました。
ヤフオクでミラコスタの宿泊権利を売ってる人もいるぐらいだから、うちのマシン(パソコン)ではとても手が出ない感じです。

こんな調子じゃあ、クリスマスイベント中の土曜の予約は無理でしょう(クリスマス近くなってからのキャンセル拾いでならとれるかもしれませんが)。

昨日は予約戦線に惨敗し、わたしはひどく落ち込んでしまいした。

「もうダメだあ」「もうダメだあ」と連発していたら、パパが

「その熱くなりすぎるのママの悪いくせだよ。あんまりこだわらないほうがいいよ。予約が取れなければそのときは日帰りでいけばいいんだよ」

と言われ、ハッとしました。

そうなんだよね。

今のままで十分しあわせだと思っているはずなのに、「ミラコスタに泊まりたい!それもハーバービューに!」と、どんどん欲深でわがままになってしまってる。

こうじゃなきゃやだ!と、どんどんスピリチュアルな気づきからはずれていってるのが自分でもわかります。


その反対に、気づきの道に近いのは・・・

実はあのいやな!?義理父の存在だったりするんです。


ブログにも書いてますが、うちの義理父は人の気持ちなど全然考えられないおやじです(断言!)

それで指先がきかないもんだから、わたしの都合なんて考えずになんでも頼みにくる。
「今すぐやってくろ!」なんつって、わたしはいつも畑を手伝わされます。
それも自分でできなくてやってもらってるくせに、こっまかいことにうーるさいんです。
やってもらったお礼も絶対言いません。

そういうとき、わたしはいつも畑で「無」になります。

「わたし」という思考をとめ、無になるしかない
それでスピリチュアルな気づきにつながります。

こないだパパに「あんなうるさく言われてよくママ腹立たないでやってあげられるね」って言われたので、

「わたし無になってるからね」って言いました。

そうじゃないと腹たってしょうがないから。


そして義理父から離れるとすぐ忘れて、またあたし、あたし!の好きなこと、(ディズニー欲とか)にもどってしまうんです。

楽しくてしょうがないけど心を乱すディズニー、いやなんだけど無になり心を乱さないで気づきを保とうとする義理父との関係。

これってどっちがいいんでしょうかね。

きっとどっちも悪いことではないのでしょう。
これが生きてるってことなんでしょうね。


ミラコスタの予約に惨敗した昨日の午後は、次女のリクエストで家族でショッピングモールへ行きました。
昨日はこんな格好で行きました。
1e1u0H18_ivD5Nn1497857701_1497857755.png

わたしは予約惨敗でテンパって頭痛が続いて、昨日から今日も鎮痛剤を飲み続けてる始末です(どんだけよね)。
おまけにやけ食いもしちゃって、せっかく減らした体重も戻っちゃう〜。
スピリチュアルな気づき(プレゼンスとも言います)から、かけ離れていってます。

よく考えてみれば、こうやって休日に家族で出かけられるって、すごくしあわせなことなのにね。

少し頭と我を落ち着けなければだめね。
予約とれなくても、十分しあわせなんだってね。

いつもありがとうございます。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ
にほんブログ村





posted by yuri | 幸福論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする