2018年09月20日

もうひとつ娘に今から言ってることがあります。

こないだ娘たちから置いてけぼりをくらった!?ディズニーシーですが、あいにく夕方から大雨にふられてしまったそうです。

その夜はパパとHしたら、ディズニー行けなくて悔しかった気持ちもなくなり(ゲンキン)、ふとんに入ってうとうとしてたら12時すぎに娘たちが帰ってきました。

そしたらパパがすぐに「ママ!Мちゃんとみーちゃん帰ってきたよ!!!」って。
わたしが落ち込んでたから、元気がでるようにすぐに教えてくれたんだよね(もうそのときはパパのおかげ(Hのおかげ!?)元気になってたんだけどねー)。
そのやさしさがすごーくうれしかったです。
ありがとう。


このあいだ、娘たちの奨学金を、わたしたちがかわりに払ってあげる条件のことをブログに書きました。

その条件というのは「娘が結婚して子供ができたときに仕事をやめて子育てしたいなら、残りの奨学金はわたしたちが払ってあげる」というものだったのですが、ブログに「その条件は次に続く・・・」と書いたら、仲良しのブロ友さんからこんなメールをいただきました。

「ブログ最後の条件、私の予想は。。。。(笑)

※2人とも、実家の近くにすむこと!!

ちがうかな?」


と書いてありました。



ブロ友さんの予想は残念ながらはずれてましたが、ちょっとびっくりしたんです。

だって、ちゃーーんとその条件「実家の近くにすむこと!!」についても、娘たちに伝えてることがあるのですもの!!!

さすが長年のおつきあいのブロ友さんなので、わたしのことよくわかってくれてるんだなあ


もしわたしの近くに住んでくれる子がいるとしたら、もうね、それは奨学金の肩代わりどころではないです!!!

「近くに住んでくれた子には(婿をとれというわけではない)、わたしたちが死んだら全財産をあげると遺言を書くからね」と今から伝えています。

金でつってるって?
それは親の特権!?でしょ(*^-^*)


この「遺言を書く」というところがミソです。

これは、わたしがうちの実家やパパの親戚たちのいざこざなどを見てきて思ったことです。


わたしの母は自分の母親とずっと同居してきて、最後は認知症になった祖母をずっとひとりでめんどうみてきました。
周りの兄弟はなにもせず。

わたしがまだ小学生の頃、母の兄に母娘(祖母、母)ともに騙されて、気づいたら借金の連帯保証人にさせられてしまっていたことがあります。

そういうことがあったので「ばあちゃん(祖母)が死んだら、兄貴に「俺ももらう権利がある」って、土地やうちだの取られ(売られ)ちゃう」と、祖母に名義書き換えをしてもらっています。

父方の祖父がなくなったときも、同居してくれていた弟にたのまれ父は心よく財産放棄のハンコをおしたんですが、他の兄弟は「おさない!」ともめました(結局ごねる兄弟に父が言いきかせてハンコを押してもらった)。

どっちもどいなかの土地で高いわけでもないし、財産だってすごいもってたわけでもないのにそうなるのです。

また、その他の親戚や周りでも同じように人が死んだ後の争う様!?を見てきました。

世話になる親や親戚のほうは、「(一緒に住んだりして)世話になった子どもにどうせ財産が行くんだから(他は遠慮してくれるだろう)」などとと、勝手に思い込んで世話になってるんですが、実際親(や親戚)が死んだあとは、それまではだまーーーって親の世話をさせていた兄弟たちなどが、なんにも世話などしたことないくせに「法的にうちももらう権利がある!!!」としゃしゃり出てくるんです。
そうなると故人の意志など関係なく、絶対に勝てません。

わたしは今までそれをいやというほど見せられてきました。

娘たちだけなら大丈夫だと信用していますが、結婚する相手が「もらえる権利がある!!」と言ってくる可能性があります。

だから、娘たちにははじめっから、「わたしの近くに住んでくれた子に死んだら全財産をあげると遺言状を書くから」と言ってるわけです。

そしてこのことは、自分も義理親と同居してるので、より強く思ってることなんです・・・が、義理父の場合はふたをあけてみたら、自分の葬式代出せるかどうかぐらいしか貯金がなかったので、義理弟夫婦とはけんかにもなりそうもありません。
これはこれでよかったのかもね。


本当に娘のどっちでもいいから、近くに住んでくれたらうれしいなーーー。

娘が大好きだから

今の義理父の家をこわして敷地内に好きに家を建ててもらってもいいし(あくまでもそのとき義理父がすんでなかったらの話ですけど、ずーーっといたりしてね(^^;))、近くに田畑を宅地にしてる土地もあるんです(これはわたしたちではなく、義理親たちが義理弟に家をたてさせるように申請したんですが、いい場所じゃないので、義理弟は近くの住宅地を買い(その分資金援助してもらい)に家を建ててます。

娘たちだってそれだったら、土地は買わなくてすむわけだし(完全同居でもないし)、なにしろわたしたちの貯金は全部あげると遺言を書くわけだし、お互いにウインウインの関係じゃないかと思うんだけどなーーーー。

っていいながら、ふたりとも結婚しない可能性大な気がしますけど(^^;)
そのときはそのときでまあいいっかな(パパは「結婚しなくちゃダメだ!」って言ってるけど)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ
にほんブログ村







posted by yuri | 幸福論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月18日

パパとお出かけして再確認したこと(夫婦ってすごいわ)

娘たちからディズニーシーに置いてけぼりを食った(というより、次女の友達もいるんで自分で遠慮した)昨日ですが、わたしが落ち込んでるので、パパから「天気もいいし、どっか行こう」と誘ってもらい、ディズニーシーに後ろ髪ひかれながらも(どうせお出かけするんなら本気で舞浜まで追いかけたかった)パパと出かけました。

お出かけ先は「北総の小江戸」と呼ばれる佐原にしました。
出川さんの「充電させてもらえませんか」で気になっていたところです。


結果・・お出かけしてよかったと思いました。

去年家族で行った上高地と同様に、ディズニーの素晴らしさをあらためて再確認できたからです。


川を見れば、ディズニーシーのメディテレーニアンハーバーと比べ・・(ディズニーシーの勝ち!)
0 (27).JPG

街並みをみれば、ディズニーランド、シーの街並みと比べ(もちろんディズニーの勝ち!)
0 (24).JPG

川を行く船をみれば、ディズニーシーのトランジットスチーマーラインと比べ(もちろんディズニーシーの大勝ち!)
0 (7).JPG

はい、すべてにおいて「東京ディズニーリゾート」の勝ちでっす!!!(あくまでわたしの場合はですよ)

これに加えて・・・・・・そうです。
ディズニーリゾートにはスーパースター「ミッキーマウス」がいます。
ミニーちゃんだってドナルドだってデイジーだって、チップとデールだって、ジェラトーニだって、ホセだって・・・エトセトラエトセトラ・・・

とにかく東京ディズニーリゾートがすべてに勝っていました。

それをパパに言ったら「普通上高地とかこっちのがいいと思うけどね」って言われたけどね。


とにかく自分の中で答えはでました。
もうこれからは(も)安心して、思う存分東京ディズニーリゾートに時間とお金をぶっこめます(といってもたかがしれてますが)。


昨日使ったお金、高速代はかかりましたが(これは背に腹は代えられない)、向こうで使ったお金はなんと自販機のジュースのみ(それも水筒持参で行ったので、買ったのは夫婦で一本)。
せっかくの夫婦デート、普通はおしゃれなディナーなどを食べてくるもんでしょうが、帰りにいつものいきつけのスーパーに寄って、家でいつものパスタとサラダを作ってすませました。
あーお恥ずかしい、これが50代のいい歳した夫婦のお出かけとは思えませんでしょう。

そんなんで昨日の夕ご飯
foodpic8398600.jpg
お皿がミッキーみたいでしょ
イカ墨パスタは自分用のレトルトなんですが、自分で作ったのと違っておいしくないので、ほとんどのこしてしまいました。



そうそう、昨日落ち込んでいた件ですが、パパが「あー今日はママとふたりでうれしいな」などと言ってくれて、子どもがいないのでチャンスとばかりにH誘ってきたので、応じてあげたら・・・

なんだろ、あんなにディズニー行けなくて悔やまれてた気持ちもパッとなくなっちゃったのー(また今度でいいわーって)

いくつになってもHの力ってあなどれないわーーーー(ってわたしだけかしらん)。
それをもたらせる夫婦の力って本当にすごいものだわ。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ
にほんブログ村





posted by yuri | 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月17日

娘たちは今日ディズニーシーに行った

最近そうなんですが、今日も朝方から胸がぎゅーっとしめつけられるように苦しかった。

地震のニュースで気がめいること、義理父のこと、まわりの人たちの悩みを聞き・・などで、50歳をすぎたと思ったらつらい気持ちになることが増えています。
わたしにとっての50代はまた試練の学びのときなのかもしれません。


それに加えて、今日は娘たちがディズニーシーに行ってしまいました。

今日は次女が友達とふたりで行く予定だったところに、長女も一緒に便乗して行ってしまいまいした。

今日次女と一緒にディズニーに行ってる友達っていうのが、幼稚園からずっと仲良しの男の子です。
前からブログを読まれている方はわかるかと思いますが、中学時不登校になり、次女がお菓子などを届け続けて、学校に来られるようになった子です。

その子は高校をやめてしまい、今通信制で勉強していますが、中学を卒業してからもふたりはずっと仲良し(友達としてね)。
毎年春と、そしてハロウィーンの時期には仮装して一緒にディズニーへ(今日はふたりでミゲルの仮装で長女はグーフィー)、こないだはリメンバーミーの映画も一緒に行ってます。

昔からうちにもよく来ていて、長女も知らない子じゃないので、ディズニーもお邪魔虫でたまに一緒に入って行っちゃってるんです。
よく妹が友達と一緒に行くところに、姉が「わたしも一緒に行っていい?」って入って行けるよなあとは思いますけど(^^;)。


前からふたりに「ママも一緒にディズニー行こうよーーー」っては誘ってはもらってましたが、誘ってもらったことがものすごーーーくうれしくて、ものすごーーーくいきたかったけど・・・・さすがに次女と行く予定だったのに、そこに長女のみならずわたしまでが行ったら、Y君に悪いなーと思って、今日は泣く泣くディズニーをあきらめ・・・ましたの。


ただ朝から、もうすぐこうやってふたりとも家を出てしまうのか、そしたらパパと義理父と三人ここに残されるのか・・・・・・・と絶望的な気持ちになりました(決してパパがいやなわけではない)。

朝起きて「淋しい。胸が苦しい」と言ってたら、パパが「どこか行こうか」と。
わたしはどこかへ行きたいんでなく、娘とディズニーへ行きたいのだ・・・・・・でもホント、今日は遠慮しておいたほうがいい、大人だろ!と自分に言いきかす。

それでもパパがわたしが落ち込みまくってるので、自転車も早めに帰ってきて「ママ、いい天気だからどっか行こう!!」と言ってくれてます。

これだけでありがたいなと思います。

でもディズニー以外でお金を一円たりとも使いたくない自分がいる。
だってだってわたしは娘たちとディズニーが大好きなんだもの。

本当にばかみたいな悩みだ。

というわけで、今っからパパとふたりでどっか行ってきます(本当はディズニーに行きたいけど涙)
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ
にほんブログ村





posted by yuri | 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする