2021年03月04日

前みたいな日

今日は娘たちと三人でお出かけしました。

梅が見ごろだというので見に行きました。
ZjXHdSDUBxnSLZW1614848503_1614848623.jpg
長女、元気そうでしょ(ゆうべも泣いて手を握り続けてましたが(^^;))


そのあと長女のリクエストのカフェでちょっと遅めのランチしました
0beauty_1614836269400 (2).jpeg
娘たちはパスタ、わたしはガレットにしました。
とてもおいしかったです。

このお店は長女が前に地元の友達4人で来たそうで、「また行きたい」というのでここにしました。

スコーンとたくさんの種類のフレーバーティーがお替り自由で楽しかった。
長女も楽しんでいました(もちろん次女も)。




今日はずっと楽し気な長女で、わたしもうれしかったです。
家についても楽しそうで「ママ、今日はありがとう!」と言ってくれました。

娘と三人で楽しくお出かけ、なんだか前に戻ったみたいな一日でした。


今日はこの間長女が「死にたい」と言って来た海も通りました。

そしたら「あのとき、ここら辺ずっとうろうろしてたんだよ」って言うから、「どこに車とめたの?」って聞いたら「駐車場とかは暴走族みたいなのが集まってたから、どこにもとめないで、ひたすら車でここらうろうろしてただけ」だってさ。


まったくこっちは生きたここちがしなかったっていうのに、気楽に言ってくれるよ。


あのとき生きててくれたから、今日があって、楽しくてしあわせ。

地獄の手前!?を見たからか、長女が生きてるってだけでしあわせすぎな一日でした
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ
にほんブログ村











posted by yuri | 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月02日

生きててくれれば

心を病んでる長女は、「死にたい」と言いました。

「そんなこと言わないでよ」って言ったら、「言わないといられないから死ぬしかない」とまた泣き出した。

そしたらパパがとうとうがまん出来ず「だったら死ねばいいだろう!」と。
そして「おまえはママの気持ちを考えたことがあるのか!!」とものすごい勢いで長女を怒りました。


そしたら長女が「もう出ていく」と言って、車に乗って出て行ってしまいました。

それが夜の9時ごろ。

途中「海へ向かってる」とラインが入る。

「海で死にたい」と言ってたので、わたしはもう生きた心地がしませんでした。

ろくに眠れず朝を迎えましたが、長女は帰って来ず。


朝長女の寮を見に行くと駐車場に長女の車が止まってて、「あ、生きててくれた」と、ものすごくホッとしたの。
気持ちが明るくなりました。


が、その後何回LINEしても電話してもでない。

夜中海にいて、朝方帰ってきたのだろうから、まだ寝てるのかしらと思ってたんですが、夕方になってもたくさん送ってるラインが既読にならず。

もしや寮で変なことしてるんではと胸騒ぎしだすと止まらない。
また生きたここちがしませんでした。


急いで寮に向かう。
長女無事だろうかとこのときの気持ちったらないよ。

そしたらやっと長女から電話がきた。

「Мちゃん生きてたーーーーー!!もう生きててくれるだけでいいから死なないで!」。

泣き泣き出てきた長女をわたしの車に乗せ、連れてかえってきました。


車に乗せて、運転しながら長女の手を握り、しっかり生きてることを確認。
もうこのときの安堵ったらないよ。


聞けば、寮でバファリン7〜8錠と酒飲んで吐き続けたらしい。

「あなた看護師なんだからバファリン7錠じゃ死ねないのはわかってるわよね」と言ったら、「わかってるよ、ただつらすぎるからそれなら気持ち悪いほうが楽かなって思って」だって。

とにかくとにかく、長女が生きててくれてよかった。
他にはないよ、もう。

もうこれだけで十分しあわせ。
長女が生きててくれたってだけで、十分しあわせで夢のようだった。


心にもないことを言ったパパも心配で、わたしに「何があってもうちに連れて帰ってきて」と言ってました。



パパのおかげで大変なことになったけど、生きてたから言えることだけど、これでよかったんじゃないかなって思うんです。

それに加えて「おまえはママがどんな気持ちでいるか、考えたことがあるのか!!」と言ってくれたのはうれしかった。
パパはわたしの気持ちをわかってくれてるんだなあってうれしかった。


今回は大変なことになったけど、長女は生きてます。
本当にもうそれだけでいいわ。

きっとね、このことがあってよかったってあとで思うときがくると信じてる。
生きてるんだもん、いろいろあるよね。

追伸、長女を連れてかえってきたとき、家に帰ってきたとき、長女は「ママ、ごめんなさい」と言いました。
長女はちょっとなにかわかったような気がします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ
にほんブログ村










posted by yuri | 幸福論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月27日

化粧ができた!

今日は長女が、心を病んでからはじめてお化粧ができました。
洋服も、今日はちょっとこじゃれたブラウスを着ています。

すごくうれしいです。


今まで普通にやってたことが、やれなくなってしまう精神疾患。
化粧やおしゃれもそのひとつでした。




今日はきれいにお化粧できたとはいえ、これでよくなってるといい気にはなれません。
またできなくなると思うから。



事実、今日はじめてお化粧はできたものの、まだまだできてないことがいっぱいです。

ツイッターも、いつもやってた大好きだったヲタクゲームもやれないし(やる元気がでない)、あんなに夢中だったテニプリも鬼滅の刃も興味がでない(ディズニーはコロナでチケットとれず行かれない)

あのヲタク丸出しの元気な(うるさすぎるともいう)長女がうそみたい。



長女の精神状態は上がったり下がったりの繰り返し。
日によっても全然違うし、一日のうちの時間によっても違います。

昼、夜、いつ悪くなるかわかりません。

でも夕方や夜中、朝方は症状が悪くなって泣き始めることが多いかな。

長女とは一緒の布団で寝ることになりました(パパは不満げでしたが)。

ゆうべも泣いて、わたしは長女の手を握り続け、セラピーねこのエンジェルはわたしの反対側で長女をセラピーし(ほんと、お利口なネコちゃんなんです)てました。




長女の精神状態の悪化は、コロナ病棟勤務がきっかけで発しましたが、今はますますこじれてきた感じです。

仕事を休みはじめた週はコロナ病棟勤務からの解放で、日に日によくなった気がしましたが、気のせいでした。

今は自分だけ仕事を休んでることへの罪悪感(でも病院には怖くていけない)、わたしたち家族に迷惑をかけている罪悪感(でも元気に戻れない)、それに加えて化粧も身支度もボロボロだったので、また昔あった自分の見た目のへの強いコンプレックス病を併発しており、こんな自分には価値がないと自分を責め、症状は悪化してるようにも見えます。



わたしも最初のころは、長女が元の病院に戻れたらいいなあと思ってましたが、今はとても無理だとわかり、次に元の元気な長女にもどってくれたらそれだけでも・・などと期待もしましたが、長女を見ているうちに今はそれも難しいことだと悟りました。


今はハードル低くして、長女が病んでてもなんでも生きててくれればいいかと思うようにしています。
とはいえ、やはり前の元気な長女にもどってくれたらなあと思ってしまいますが。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ
にほんブログ村




posted by yuri | 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする